• その他
  • 営業・販売系

その他
法人営業 Tさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 横浜市立大学
国際総合科学部 融合領域 ヨコハマ起業戦略コース
取得資格(大学時):販売士 2級、秘書検定準2級、ドイツワインケナー
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

食品メーカーで営業をしています。担当の問屋さんやスーパーに対して定期的に商談を行い、商品の案内や提案、発注促進をします。季節に合わせた提案や定番棚への商品導入を通し、売上目標を達成させるのが私の仕事。

初めはそっけない態度だったお店の担当者が、定期的に会いに行くうちに心を開いてくれて、売上につながった時は嬉しいです。また、その後は自分の提案をお店の担当者に採用してもらえるようになり、会社で表彰されるまでになりました。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 創造力

少子高齢化、食の飽和で食を取り巻く環境は決して良いとは言えません。そんななかでより売上を伸ばすには、新しい食生活を提案していく発想力だと思います。新しい食シーンの提案には、創造力やアイデアが必要だと感じています。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

データを用いて説明をした方が取引先に採用されやすいため、情報収集力と分析力が重要だと言えます。その上で、論理的な説明ができると相手に対しても説得力のある提案ができると思います。

大学の学びで役立ったもの

ゼミの講義が役に立ちました。机上の勉強では終わらず、実際に街にくり出して地域の人と連携して活動していました。立場や年齢の違う地域の人たちをまとめ、指示を出した経験が営業として役に立っていると思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

デパートでワインの販売のアルバイトをしていました。直接、お客様と会話できたので、仕事の話を聞いたりしているうちに、働くことに対して自分の考えが確立していったと思います。言葉遣いも学ぶことができました。現在の職種もアルバイトの経験から選択しました。

また、アルバイト先やサークル、部活のOBなどなるべく多くの社会人と関わり、話を聞くことは将来のための参考になりました。やっておけばよかったのは、海外旅行。就職したら、長期休暇が取りづらいので学生のうちに旅行に行くべきだと思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    21~30
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学の就職ガイダンスで添削してもらいました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
SPIの対策本を解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
大学のガイダンスで、面接練習をしました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

外部講師が来て、詳しく聞けました。

今の会社から内定をもらえた決め手

自分のことをアピールするような話をするよりも、ありのままの自分を知ってもらうような話をするように心掛けました。 志望動機に関しては、熱意や具体的な内容を話しアピール。 会社の社風に合いそうだと思ってもらえたことが、内定につながったと思います。

高校時代に就きたかった職業

公務員。大学に入り、さまざまな職業について知ったことで、憧れは薄れていきました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

世の中にはまだ自分の知らない世界が広がっています。思い切って海外に飛び出し、視野を広げるのもいいと思います。自分の生活圏内から一歩抜け出して、さまざまな経験をすることは必ず将来役に立ちます。考える時間はたっぷりあるので、視点や角度を変えて色々なものの見方ができる人になってほしいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

その職業について、何が必要なのかよく調べてしっかり準備、勉強することが大切。一度決めたら後悔のないよう、必ず最後までやった方が自信になります。周りで同じ夢を持つ人がいたら、励ましあって切磋琢磨するとお互いの刺激になります。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択