• 小売
  • 事務系

小売
青果物仕分け・管理 Sさん

社会人歴:1年目/男性

基本 DATA

出身大学 東北大学
農学部 生物生産科学科 植物生命科学コース
取得資格(大学時):普通自動車運転免許
留学経験:なし
部活・サークル:バドミントン
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

全国にいる契約農家さんから仕入れた農産物を物流センター内で管理し、注文に応じてお客様のもとへ宅配を行っています。青果物は年間2000種類ほどあり、毎日の注文数に応じて加工・仕分けの指示をしています。

契約農家さんが丹精込めて育てた野菜・果物の品質を保ったまま、新鮮な状態でお客様のもとへ届けることが私の使命。生産者と消費者をつなぐ縁の下の力持ちとして日々業務に取り組んでいます。

日本一厳しい生産基準で作ってもらっている弊社の農産物を、自分の目で見られることに喜びを感じます。見たことのない野菜や果物と出合うことが何度かあり、日本にはまだまだ色々な野菜・果物があることを知ることができました。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

この仕事には、スピードと正確性が求められます。毎日変わる入荷の状況や農産物の品質に応じて適切な判断を下し、夕方までの請求書業務に間に合わせるよう、仕分けを行わなければなりません。一つでもミスをするとお客様に迷惑がかかるので、緊張感があります。

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

ルーティーン業務が多く、慣れてしまうと特に改善点が見えなくなり、業務の効率化が図れません。常に責任感を持ち、トライ&エラーを繰り返す姿勢が重要だと思います。上司への意見も言いやすい職場なので助かっています。

大学の学びで役立ったもの

大学で研究実験をしていた経験から、ある結果に対して分析し、なぜそうなったのか、原因は何なのか、という状況を考察する能力が身についたと思います。また、卒論発表・学会発表でプレゼンテーション能力も鍛えられました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の研究室

イネの研究を3年間行い、実験の年間スケジュールの立て方、効率の良い実験方法の改善、また結果に対しての考察能力や得られたデータを分かりやすく伝える方法などを身につけました。それが、仕事のプロジェクトの進め方や業務効率の改善、状況判断の正確性などにつながっていると思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2~5
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学の就職課でエントリーシートを添削してもらいました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
筆記試験の対策本で勉強しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 2月

対策したこと
特に練習はしませんでした。実践あるのみだと思い、たくさんの面接を受けました。
インターン
対策したこと
2月中旬に複数の企業で1dayインターンシップを受けました。インターンに参加したことでその企業に対しての具体的なイメージが湧き、好感度も高まりました。また、 参加しなかった人よりも希望理由を明確に言うことができました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 企業のインターンプログラムに参加

直接企業の人と話すことができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

自分の思っていること、会社で何をやりたいかを面接でしっかりと伝えることができたからだと思います。就活対策マニュアルなどは読まななかったのですが、変な先入観を持たずにいつも通りの自分で面接に臨むことができました。

高校時代に就きたかった職業

農業をやりたいと思っていました。そのため、農産物の流通の仕組みを理解したいと思い、今の職業を選びました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

部活を一生懸命やって、友達と沢山遊んで、青春を謳歌してほしいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

農業の基礎知識を学んでおくと役に立ちます。本を読むなり、ネットで調べるなりして、専門家の考えにも触れましょう。あとは、長期休暇を利用してファームステイに挑戦してみるのもいいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択