• 小売
  • その他

小売
販売員 Yさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 実践女子大学
生活科学部 食生活科学科
取得資格(大学時):なし
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

スーパーマーケットの販売員として、惣菜の製造を担当しています。シーズンにあった製造や、必要な食材の発注などが主な仕事内容です。その中で何が売れるかを考えながら仕事をしているのですが、販売が上手くいって売り上げに貢献できた時はやりがいを感じます。

また、手順通りに仕事が進み、惣菜を一緒に作っている従業員とうまく連携を取りながら仕事ができた時は嬉しいです。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 協働力

惣菜づくりは一人ではできず、周りと協力しながら行うため、周囲とコミュニケーションを取る力が重要になってきます。

製造においては揚げ物を担当する人、その補佐をする人、天ぷらを担当する人など、細かく役割が分担されています。それらの連携がうまくいかないとお店の売り上げにも大きく響くことになってしまいます。

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

普段の業務であれば淡々とこなしていくことが求められるのですが、クリスマスや年末年始には季節限定の商品を製造することになります。そうした時期は早朝から夜遅くまで作業が続くため、持続力や仕事をやり抜く力も必要となります。

大学の学びで役立ったもの

大学で調理実習があったため、現在の製造の業務にはすんなりと入っていくことができました。また食品の特性なども学んできたのでその知識を生かして製造が行えていると思っています。そうした知識や経験は、お客様から質問を受けた時にも役立ちました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

接客業のアルバイトを3つ経験したことで、コミュニケーション能力が身についたと思います。現在は製造担当ですが、従業員同士で指示を出す時や、お客様への対応をする際にコミュニケーション能力は欠かせません。大学時代にやっておけばよかったことは、さまざまな経験を通して自分の視野を広げることです。

仕事をしていると多様な境遇や価値観をもっている人たちと出会います。そのため、大学時代により多くの経験をしていれば、もっと広い視野を養えたのではないかと思っています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    6~10
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学でガイダンスを受けました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
参考書を購入して勉強しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 6月

対策したこと
面接対策の本を買って読みました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

基本知識を得ることができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

一番は会社での仕事内容と、大学で学んだことが直結していたことだと思います。また、自分の食への関心と、会社に入るための熱意を伝えました。面接の際も穏やかな受け答えができたので、人柄も見てくれたのだと思います。

高校時代に就きたかった職業

高校時代は教師を目指していましたが、大学での教職課程であきらめてしまいました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

まずは勉強を一番に考えた生活をして、部活にも入ってほしいです。部活は大変だとは思いますが、部活に励むことで自分を高めることができます。また、何かを三年間続けるという経験は、社会人になってからも役に立つと思います。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

コミュニケーション能力を向上させることが必要だと思います。この職種に限らず、これから先、生きていく上で一番大事なことではないでしょうか。どこの職場にいっても、人間関係は大切ですよ。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択