• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
理学療法士 Iさん

社会人歴:3年目/男性

基本 DATA

出身大学 北海道文教大学
人間科学部 理学療法学科
取得資格(大学時):理学療法士
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

理学療法士として働いています。怪我や病気により体に障がいがある人や、障がいの発生が予想される人が、自立した日常生活を送れるように支援するリハビリテーションの専門職です。例えば、基本動作(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、障がいの予防となる運動療法や物理療法の実施が業務内容となります。

現場に出たばかりの頃は、患者さんとうまくコミュニケーションが取れませんでしたが、さまざまな患者さんや症例と出会ううちに、知識や技術が深まって自信を持てるようになりました。日々スキルアップしていく実感が味わえて、自分が成長すればするほど、たくさんの患者さんを笑顔にできる仕事です。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 創造力

理論上、絶対に正しいと思われる訓練をしても、すぐには目に見える成果が出ない場合が多いです。理学療法士はそうした状況も想定したうえで、訓練プログラムを繰り返し改善し、患者さんのために最善を尽くさなければなりません。

  • 協働力

ほかの医療関係者とのコミュニケーションが取れていないと、無意識に連携しないようになったり、何となく気まずい思いをしたりしてしまいます。そのため、ほかの医療関係者の価値観をよく理解し、自分から協力しようとする姿勢が欠かせません。

大学の学びで役立ったもの

業務では、たくさんの「人」とかかわります。医師や看護師、リハビリセラピストなど、医療関係者とのコミュニケーションは患者さんの治療にあたって必須です。 現状の報告、治療計画、これからの見通しなどを、自分の言葉で表現し、連携していく必要があります。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

「歩く」「座る」「立つ」「寝返りをうつ」といった身体の基本的な機能の回復をサポートするのが、理学療法士の専門的な仕事です。身体の構造を熟知したうえで、個人に合ったリハビリ計画を考え、「運動療法」や「物理療法」といわれる専門的な手法を用いて、効果的に身体の機能を引き出したり、回復させたりしています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
とにかく書くことです。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 10月

対策したこと
勉強して知識を身につけました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 2月

対策したこと
模擬面接に参加しました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

大学を通じて多くの情報を手に入れることができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

自分を知り、相手(企業)を知ったことです。自分を知るとは、これまでのキャリア(実績)から、どのようなスキル・経験があり、どう生かせるかを知るということです。できることと、やりたいこと、将来のビジョンを分析し、一貫性を持たせました。

高校時代に就きたかった職業

薬剤師になりたいと漠然と思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

高校卒業後の進路は誰もが悩む道です。先輩たちも迷った末に、さまざまな人からの言葉に励まされていったのだと思います。迷ったら周りの人に相談してみることも一つの手です。何気ないひと言から、新しい道が切り開けるかもしれません。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

いつも一緒にいる友達は、両親や先生以上に自分のことをわかってくれる存在だと思います。友人になら、素直な気持ちを打ち明けられる人も多いでしょう。先輩や経験者の意見も大事ですが、同じ未来に向かって頑張っている友達の言葉も大事にしてください。やる気を引き出してくれるはずです。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択