• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
薬剤師 Iさん

社会人歴:1年目/女性

基本 DATA

出身大学 星薬科大学
薬学部 薬学科
取得資格(大学時):薬剤師資格
留学経験:なし
部活・サークル:スノボサークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

処方箋を受け取り、すでに処方されている薬やサプリメントとの相互作用を確認し、患者さんが安全に服用できるよう薬を提供するのが薬剤師の仕事です。命にかかわる仕事ですから、ミスがないよう心がけています。

長期にわたってお付き合いしている患者さんが快復に向かっていると聞くと、やりがいを感じます。また、薬やサプリメントについて質問され、しっかり説明できたあと、「あなたに聞いてよかった」と言われた時は嬉しかったです。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 共感性

患者さんに薬を渡す際に、ただ事務的に薬の説明をするのでなく、患者さんのつらい症状に共感して寄り添うべきだと考えています。体調がよくない人にどうやったら説明を聞いてもらえるかを考えた時に、私だったら相手が自分のつらさをわかってくれる人だったらいいなと思ったからです。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

処方箋を解析する際に、不備はないか、禁忌・警告事項はないかをよく探さなければなりません。パソコンではなく、人の目で探すことも多いです。ただし、時間を使いすぎて患者さんを待たせないよう、何からやるべきか計画性を持つことも大切だと思います。

大学の学びで役立ったもの

薬学部の学びのほとんどすべてが、今の仕事に直結しています。特に薬理や薬物動態学は、患者さんに薬について質問された時に、根拠を持って答えるのに役立っています。講義で使用した教科書は、今でも読み返すことがあります。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

大学時代は勉強漬けでした。講義、テスト、実習など、とにかくやることが多くて忍耐を強いられました。ただ、我慢強く勉強したからこそ、国家資格を取得し、薬剤師として働けているので、がんばってよかったと思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2~5
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学5年 12月

対策したこと
先輩の書き方を参考にして練習しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学5年 12月

対策したこと
過去問を解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学5年 12月

対策したこと
友達とロールプレイングを行いました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

一度にたくさんの企業を見ることができるのがよかったです。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接で聞かれた「どんな薬剤師になりたいか」という質問に答えた内容が、会社の理念と合致したからだと思います。また、内定前に店舗に足を運び、その職場を見学したこと、どんなところがよかったかを面接で伝えたことも影響したのでしょう。

高校時代に就きたかった職業

もともと医療系の職業に就きたいと考えていました。その中で薬剤師に決めたのは、結婚後も出産後も働けそうだったからです。大学は偏差値をまず考慮し、次に国家試験の合格率と立地から絞り込みました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

私は高校卒業後、1年浪人して大学に進学しています。ただ、国家資格さえ取得できれば、どんな大学を出ていようが待遇は変わらないと就職してから知りました。なので、あまり大学にこだわりすぎずに、現役でほかの大学に進学する選択肢を考えてもいいのではと、当時の私に伝えたいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

薬剤師は生涯勉強が必要な職業です。そのため高校時代から、勉強は頑張ってほしいです。忍耐強く勉強できる力を身につけることで、国家試験の勉強にも耐えられる精神力が養われます。また、大学時代は体力も求められるので、スポーツなどで基礎体力を伸ばしておくことも大切です。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択