• 特殊法人/財団法人/その他団体・連合会など
  • その他

特殊法人/財団法人/その他団体・連合会など
医療事務 Sさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 盛岡大学
文学部 日本文学科
取得資格(大学時):図書館司書、秘書検定2級、高校教員免許(国語) 、普通自動車免許
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

人間ドックの受付を担当しています。健康診断が健康を意識するきっかけとなるように、検査の受付や案内を行います。企業や個人の要望に合わせて、オーダーメイドの検査をすすめています。また、検診後には事業所や健康保険組合との契約の取り交わしや、資材の発送業務も行います。

病気の早期発見や治療ができるよう、検診を推進していく魅力的な仕事だと思っています。アンケートなどでお客さまから褒められると嬉しいですし、私の仕事を見てくれていると実感できるので、やる気にもつながっています。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

病気になる割合、検診を受けている人の割合、発見率を順序立てて話すことで、実際に検査を受ける人たちを納得させられます。検診や治療の重要性を本人が理解していないと、病気の発見や治療にはつながりませんので、重要な仕事だと思っています。

  • 共感性

相手の気持ちに寄り添った案内が心地のよい検診につながると思っているからです。仕事の効率を考えることも重要ですが、まず受診者の目線に立って物事を考えることが、受診者のためでもあり、互いのよりよい関係づくりにもつながると思っています。

大学の学びで役立ったもの

大学生活で培った言葉遣いが役立っています。年配の方も人間ドックに来るので、言葉遣いには気をつけています。間違った敬語が社会的に目立っている今、正しい敬語を学ぶ機会があってよかったと思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

ファミリーレストランでの接客経験が役立っています。幅広い年代の人と話したり、接客ができ、とても勉強になりました。今の仕事で落ちついて接客できているのは、この経験があるからだと思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    31~40
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
対策講座を受講しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
問題集に取り組みました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
参考書を読みました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職情報サイトに登録・閲覧

たくさんの情報を見ることができたのがよかったです。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接で自分の考えをしっかり伝えられたからです。入社した1年目は笑顔で挨拶と返事をすることが大切とされていて、私が普段掲げているモットーも笑顔と気遣いだったため、会社に合うと評価されたのだと思います。

高校時代に就きたかった職業

テレビ局のアシスタントディレクターになりたかったのですが、採用試験に落ちてしまいました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

やりたい仕事に就くのが一番ですが、どんな仕事でも社会に貢献できるし、やりがいはあります。がんばった分だけいいことがあるので、がむしゃらにやれるだけやってみるといいですよ。結果がついてこなくても、何か得るものがあるはずです!

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

何ごとも、まず挑戦することが大切です。どんなことでも身になるので、逃げずに前向きに取り組んでください。また、専門的な医療の知識があると役立ちます。あとは人との会話で成り立つ仕事ですから、アルバイトで人付き合いを学んでもいいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択