• 公社/官公庁/学校
  • 建築系

公社/官公庁/学校
地方公務員 Mさん

社会人歴:3年目/男性

基本 DATA

出身大学 東北大学
理学部 物理学科
取得資格(大学時):TOEICスコア860
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

公共工事の発注・監理業務を担当しています。学校をはじめとした公共建築物の新築・改築、改修工事の設計を設計事務所に委託し、工程の監理、完成した建物の品質確認を行っています。

私が担当した建物の工事が完成した時は、達成感を感じられます。ただ、工事のすべてを理解しているわけではないため、規模の大小にかかわらず、どうしても未消化に感じてしまう部分はあります。どこかにミスがないか、常に不安と闘いながら仕事をしています。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

税金を使って行う工事ですから、正確さが求められます。時間がかかったとしても、何より正確さを優先すべき仕事です。そのため持続力・誠実さ・勤勉さが必要だと思っています。

  • ストレス耐性

ミスが許されない環境であり、厳しい叱責も多々見られます。特に若手のうちはつらく感じる場面が多いので、自分で努力する力がとても大切です。年功序列が徹底されているため、ストレスに長く耐える力も求められるでしょう。

大学の学びで役立ったもの

辛抱強く学問に取り組んだ経験が、そのまま仕事に対する辛抱強さになっていると思います。また、学生が学生に勉強を教える学内組織での経験を通して、人にわかりやすく物事を伝える力や、相手の目線に立って話す力を養えました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

学生が学生に勉強を教える学内組織があり、そこでアルバイトをしていました。さまざまなタイプの学生が窓口に訪れるため、どうしたら相手に話を伝えられるか、相手はどんなことでつまずいているのかを真剣に考えて対応していたところ、自然とわかりやすく説明する力や相手の目線に立って話す力が養われました。

今の仕事でも、行政の立場から民間事業者を指導するケースが多々あり、養った力を生かせています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2~5
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 9月

対策したこと
参考書を読んで書き方を学びました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 9月

対策したこと
一般教養や共通試験の問題をたくさん解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 2月

対策したこと
聞かれそうな質問を考えて、一つひとつ回答を用意しておきました。
インターン
対策したこと
どんな仕事をするのか、会社の中を見学しました。このインターンシップの経験を面接で話せました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学OB・OG訪問

その会社で働く人物の生の声を聞くことができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接で緊張せずに志望動機を話せたことです。そのほかの質問も、暗記した回答ではなく、自然に答えられました。落ちたら落ちたで何とかなる、自分なりのやり方で受け入れてもらえる企業こそ縁があるところだと考えていました。

高校時代に就きたかった職業

研究者、大学教授になりたいと思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分のやりたいことをやってください。ただ、お金の勉強は必ず役立つので、専門以外にも世界経済やファイナンスについて一通り学んでください。投資信託や株式投資について学ぶのもいいと思います。

大学に進学してどんな学問を学ぶにせよ、「論理性」はとても大切になります。論理的に思考する癖を身につけてください。10年後、楽しい毎日を送りたいなら、同じテーマでなくてもいいので勉強をやめないでください。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

技術職の公務員になりたいのなら、まずは本当にこの職業に進みたいのか、とことん考え抜いてみましょう。決心が強いのであれば、大学入試や公務員試験の勉強も苦なく進められるはずです。がんばってください。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択