• 建設/不動産
  • 事務系

建設/不動産
一般事務 Mさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 同志社女子大学
表象文化学部 日本語日本文学科
取得資格(大学時):秘書検定、簿記検定、TOEIC
留学経験:1週間~6か月までの短期留学に行ったことがある
部活・サークル:アウトドアサークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

主に担当しているのは着工から完工までの申請業務で、営業部と建設部とのつなぎ役として、それぞれの業務のフォローやバックアップをしています。常に他部署とのコミュニケーションが重視されるので、周囲との連携を重視した行動を心がけています。

無事に検査済証を取得して完工し、引き渡しを終えたときに、達成感とやりがいを感じます。また、営業部や建設部から「申請書類を早く交付してもらえてよかった」と言われたときや、お客様から「この会社で建ててよかった」と言われたときなどは、とても嬉しく思います。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

常に申請の日程を管理しながら、申請事務所への指示や確認を行わなければなりません。検査では検査機関との交渉を担当することもあります。そのため、粘り強い持続力が重要ではないかと感じています。

  • 協働力

申請業務においては、各物件の進捗状況を逐一把握しておくことが重視されるので、情報の共有が非常に大切だからです。そのため、ミーティングなどで自分の気付いたことについて述べ、お互いの考え方を知ることが必要になります。

大学の学びで役立ったもの

ディスカッションやグループワークなどを通じて、多様な考え方を取り入れ、学生と教授が一緒になってつくり上げるという授業がありました。自らの考えを社会で提案できる人材を育成することを目的とした授業で、ビジネスに直結した学びと実践力が身についたように思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

大学で普段からWordやExcelに慣れていたので、会議資料の作成が楽々できました。また、参加型の講義を受講していたおかげで、会議で自分の意見を発言する際に、はきはきと自信を持って話すことができました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2~5
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 4月

対策したこと
大学の講義で練習しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 4月

対策したこと
テキストを購入して、何度も練習しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 4月

対策したこと
大学の講義で練習しました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職課の窓口に相談

担当の人から直接アドバイスをもらえます。

今の会社から内定をもらえた決め手

「面接を通して、相手に伝えたいことを、きちんと伝えられた」ということが決め手になったと思います。この会社で共に働きたいというやる気や熱意がしっかり伝われば、きっと良い結果につながるはずです。内定をもらえたときは、自分の熱意がちゃんと伝わっていたのだと嬉しく思いました。

高校時代に就きたかった職業

学校の先生になりたいと思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

社会に出たときのことを考えて、若いうちからさまざまな経験を積み、たくさん勉強しておきましょう。時間に余裕のあるうちに、興味のあることに積極的にチャレンジしたり、さまざまな資格を取得したりすることも重要です。自分の将来について、もっと真剣に考えてください。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

基本的なマナーや正しい敬語の使い方、電話や来客への応対などは、人と接するなかで学べることなので、少しずつでも知識を増やし、身につけていってほしいです。また、日頃から新聞やニュースをチェックして、社会情勢などについても関心を持っておくべきだと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択