• インターネット/広告/メディア
  • デザイン系

インターネット/広告/メディア
Webデザイナー Kさん

社会人歴:1年目/女性

基本 DATA

出身大学 大正大学
表現学部 表現文化学科 クリエイティブライティングコース
取得資格(大学時):色彩検定3級、秘書検定2級
留学経験:留学経験はない
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

Webデザイナーとして働いています。ディレクターから振り分けられた案件を担当するのですが、私はバナーやランディングページをつくることが多いです。チラシやノベルティ制作など、Web以外の案件にかかわることもあります。まだまだ新米なので、基本的な仕事をしっかりこなすよう心がけています。チェックをしていただくリーダーからの修正指示を減らすのが目標です。

初めて自分がデザインしたものが世の中に公開されたときは、なんともいえない喜びがありました。自分で作ったものが、世間に広まったり、手にとれるカタチを得たりすることはとても貴重な体験であり、やりがいを感じられます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 創造力

いつも同じデザインばかりでは、どれだけいいものでも飽きられてしまいます。相手に伝わるデザインを心がけることはもちろん、常に向上心をもち、幅広いデザインができるようになるために、創造力は絶対に欠かせません。

  • 協働力

自分の案件が詰まった時は、周りに助けてもらうことも大切です。企画やデザインについて話し合うときも、ただ自分の意見を通すだけでなく、相手とのコミュニケーションを取りながら、双方がよいと思えるものを考えることが重要です。

大学の学びで役立ったもの

雑誌の制作経験が役立っています。企画、構成、レイアウト、取材、執筆のすべてを経験しました。文章力を磨く学部にいたので、レイアウトはそこまで勉強しませんでしたが、今の仕事にとても役立っています。取材で培ったコミュニケーション力も生かされています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

雑誌制作の経験が役立っています。すべての工程を一人で行ったので、文章力、コミュニケーション力、デザインスキルの基礎を学べました。つくったものが今もカタチを持って残っているのも魅力的な点です。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    11~20
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
ガイダンスに参加しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 4月

対策したこと
講義を受けました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
ガイダンスに参加しました。
インターンプログラム
参加した時期と内容
広告会社のワンデイインターンシップに参加したあと、本社で3日間、またインターンシップに参加しました。広告ができるまでの流れを学び、最後に課題を出され、自分たちが考えた広告がカタチになりました。一次面接を免除され、かつ人事の方に覚えてもらえました。
 

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

今の会社から内定をもらえた決め手

デザインを専門的に学んできたわけではないので、とにかく笑顔で面接に応じました。内定をもらった際に、担当人事の方から決め手は笑顔だったと言われました。持ち前の明るさと元気をアピールしておいてよかったです。

高校時代に就きたかった職業

編集者になりたいと思いましたが、私には厳しいと感じてあきらめました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

さまざまなことを体験、経験してほしいなと思います。アルバイトはたしかに楽しかったのですが、遊んだり、旅行をしたり、親孝行をしたり、今しかできない時間でいろいろなことをしてほしいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

たくさんのことを経験してください。無駄なことなんて一つもありません。Webの仕事だからといって、パソコンだけ使えればいいわけではありません。パソコンがなければたしかに仕事はできませんが、行動力と好奇心、探究心だって大切です。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択