• 公社/官公庁/学校
  • 教育系

公社/官公庁/学校
養護教諭 Kさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 淑徳大学
総合福祉学部 教育福祉学科
取得資格(大学時):養護教諭一種免許状、認定心理士
留学経験:留学経験はない
部活・サークル:手話サークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

養護教諭(保健室の先生)をしています。教員の一員として、主に児童生徒の心身の健康にかかわっています。子どもの体調不良やけがの手当を行ったり、子どもから相談を受けたりするのが主な役割です。常に子どもの心に寄り添うことを心がけています。

自分がかかわることによって、子どもが心も体も健康になり、授業や部活動をがんばる姿を見ると、とても嬉しくなります。また、健康教育という観点から、校内の掲示物に気を配っていますが、自分が時間をかけて作成したものを生徒が真剣に見てくれていると報われた気分になります。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 共感性

私は教育者でありながら、一般的な教員とは異なる専門性をもつ立場にあります。そのため、上から指導するよりも、同じ目線で共感することが求められます。また教員はチームとして動くので、周りから求められる役割を遂行することが必要だと感じています。

  • 自己統制力
  • 柔軟性

生徒が置かれた状況は一人ひとり違います。状況を見極め、求められることを判断し、対応していかなければ、生徒が困っていることは解決しません。また、感情的にならずに、一歩引いた目で冷静に考えることも大切です。

大学の学びで役立ったもの

心理学の授業が仕事上のコミュニケーションに役に立っています。人に不快感を与えない接し方や、受容共感のプロセス、どうすれば相手が話しやすいかなど、相手を思いやるための方法を学べたと思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

仕事が専門的な内容なので、基本的な知識は大学で得たものが基盤となっています。私は傷の手当てをすることもあるので、応急手当ての方法を実践を交えて学ぶなど、実際にやってみなければわからないことを学べてよかったです。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
大学主催のイベントに参加しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 4月

対策したこと
大学主催のセミナーに参加しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 6月

対策したこと
基本的な質問と、その会社で過去にされた質問の対策をしました。
 

就活対策で最も役に立ったもの

  • 教員採用試験対策

問題集と、面接練習が役立ちます。

今の会社から内定をもらえた決め手

私はまだ本採用ではなく、採用試験を受け続けながら講師として働いています。講師として仕事をもらえた理由は、絶対に教員になりたいという熱意が伝わったからだと思います。

高校時代に就きたかった職業

特にありませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分の夢があることはとてもいいことだと思います。必ずしも将来その職業につくとは言いきれませんが、今興味のあることに向かっていくことが、高校生のうちにできる最大限の努力だと思います。よく調べて、職業へのイメージを膨らませるといいでしょう。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

大学で学ぶような専門的な知識が必要とされますから、高校時代にやっておくべきことは特にありません。一般教員になりたい場合は、教えたい教科の勉強をがんばればいいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択