• 旅行/宿泊/レジャー
  • 企画調査系

旅行/宿泊/レジャー
商品企画 Mさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 北海学園大学
経済学部 地域経済学科
取得資格(大学時):国内旅行業務取扱管理者、総合旅行業務取扱管理者
留学経験:あり
部活・サークル:ESS(英語会話研究会)
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

店頭に置くパンフレットの制作と、旅行代金の決定を担当しています。各地域ごとに担当者がおり、方面担当者がコストの計算と代金の決定を行い、現地の手配会社との契約内容を確認したうえでパンフレットに掲載します。疑問点やあやふやな点は、徹底的に確認作業を行います。

市場に出す最適な値段のつけ方ができたときに、やりがいを感じられます。直接一般のお客さまとやり取りする部署ではなく、いかに決められた期日までにミスなく作業を進めるかが大切な仕事です。並行していくつも仕事を進められたときは、我ながらよくできたと達成感を得られます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

商品が売れた曜日、日時、つけた特典、申し込みの日にちなどから、商品が売れた理由を分析しないといけません。ただ商品を売って終わりではなく、売れた過程を分析することで、どうすれば売れるかがわかるようになります。同様に、売れない理由も分析します。

  • ストレス耐性

一人で作業をするため、もし自分が見落としをしていると、修正されないまま世の中に広まってしまいます。お客さまからクレームがくる可能性もあるので、コストの計算、パンフレットの制作のどちらもとても神経を使います。

大学の学びで役立ったもの

「情報処理」というパソコンの授業が一番役に立っています。ソフトの使い方を知っているかどうかで、作業の負担が変わります。例えば、最初に読み込む数式をつくって、あとは貼り付けていくだけという時短テクニックも身につけられました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 留学・海外旅行

お客さまの立場から、不安な点、妥協できる点、折り合いのつく値段、企画内容を考えるヒントになるからです。日本人は思っていても口に出さない面があると思いますが、声に出して伝えてみないと、どんな結果になるかはわかりません。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    21〜30
  • 内定をもらった会社数
    4
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 9月

対策したこと
大学のセミナーに参加しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
大学のセミナーに参加しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
大学のセミナーに参加しました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職課の窓口に相談

自分の収集していないところの情報があったからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

希望していた旅行業界にこだわって、就職活動を続けたことだと思います。そもそも旅行業界を志したきっかけが、今の職場の社員に出会い、留学に挑戦したからでした。また、国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業取扱管理者の資格を持っていることも有利に働いたと思います。

高校時代に就きたかった職業

警察官です。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

基本的な学力をつけることと、高校時代にしかできないことに全力を注いでください。外に出て、普段はいかない場所や経験しないことをたくさん目にするといいでしょう。また、収入につられて、興味のない分野の大学や専門学校に進んでも、あまりいいことはありません。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

特に専門知識は求められない職場ですが、Excelは使いこなせるようになっておくといいと思います。また、コストについて一年中計算しているような仕事ですから、暗算が得意だと働きやすいかもしれないです。休日が不定期なので、スケジュール管理能力も大切です。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択