• 教育
  • 社会福祉系

教育
保育士 Nさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 松山東雲短期大学
保育科
取得資格(大学時):保育士資格、 幼稚園教諭二種免許
留学経験:なし
部活・サークル:吹奏楽部
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

認定こども園で0歳児クラスの担任をしています。子ども一人ひとりの成長のために、発達に合わせた環境を用意して保育しています。また、子どもたちの「月間のねらい」を設定し、評価や反省に取り組んでいます。こどもの日や七夕、クリスマスなど、行事の日はその由来を教えたり、楽しい会になるよう出し物を工夫したりもしています。

子どもの成長を間近で感じることができ、本人や保護者、職員と嬉しさを共有できる仕事です。0歳児クラスだと、子どものできることがどんどん増えていきます。歩けるようになったり、言葉が出るようになったり、成長の瞬間を見られることがやりがいにつながります。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 協働力

保育士は人とかかわる仕事です。子どもはもちろん、保護者や職員との関係もまた大切です。職員間の仲がよくないといい保育はできませんし、保護者の気持ちに寄り添って子育てを支援することも重要です。また、子どもは自分の気持ちを言葉で表現できないものです。そのため、子どもの立場に立ち、気持ちを理解しようとする姿勢が大切です。

  • 創造力

保育士は瞬間的に対応する力が必要な仕事です。例えば制作などのアイデア出しもそうですし、ちょっとした空き時間や待ち時間に子どもと行う手遊びや歌遊びのアイデアも求められます。どうすればいい保育ができるか、日々考えていかなければなりません。

大学の学びで役立ったもの

絵本や手遊び、ダンスなどを紹介してもらい、実践する講義です。保育についての歴史なども大切ですが、実践的な授業が一番役に立ちました。困ったときは大学時代のノートを見返して、手遊びやダンスを復習しています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 保育実習、幼稚園実習

2週間ずつ、保育園、幼稚園、施設で実習を行いました。学生時代に実際の現場で実習しておくと安心できます。子どもとのかかわり方、保育士の業務内容、人前での振る舞いなど、就職してからすぐに使える知識を学べました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2〜5
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・短期大学1年 10月

対策したこと
下書きをしました。
筆記試験
対策したこと
特に行っていません。
面接試験

対策を始めた時期・・・短期大学1年 12月

対策したこと
大学の練習会に参加しました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職課の窓口に相談

卒業生の採用試験の報告書を見ることができるからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

自分の得意なことを伝えて、それが勤務先の求めていたものと合致したからだと思います。保育士は人手不足なので、就職で困ることは少ないと思いますが、私の場合は児童発達支援センターでの勤務経験なども評価されたと思います。

高校時代に就きたかった職業

小学校の先生です。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

倍率がとても高い大学だったので、志望をあきらめてしまいましたが、それでよかったと思います。保育士は自分に向いています。短大への進学が決まってからずっと不安だと思いますが、自信を持って子どもとかかわってください。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

保育について学べる大学や短大を見学してください。学校の雰囲気が自分に合っているかわからないまま入学してしまうと、「この職業で本当によかったのかな?」と考えてしまうと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択