• 小売
  • 営業・販売系

小売
デパート勤務 Mさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 立命館大学
経営学部 国際経営学科
取得資格(大学時):TOEIC、中国語検定3級、簿記3級、普通自動車運転免許
留学経験:1週間~6か月までの短期留学に行ったことがある
部活・サークル:学生支援
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

百貨店で販売員をしています。来店されたお客さまに対して、最適な商品を見繕って販売しています。また、商品の補充、発注業務や在庫の管理なども行っています。どのような時でも笑顔でお客さまに応対し、喜んでいただくのが私の仕事です。

仕事のやりがいは、お客さまからありがとうと言われることです。私に接客してもらえてよかったと言っていただけることに嬉しさを感じますし、今後もがんばろうと思えます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 創造力

業界を取り巻く環境は日々変化しています。そのため、いつも同じことを繰り返しているだけでは生き残れません。常に周囲にアンテナを張り、人と違った視点で新しいアイデアを生み出していけるような創造力が必要だと思います。

  • チャレンジ精神
  • 開放性

創造力だけがあっても、挑戦する気持ちがなければ実行できずに終わってしまいます。前例がなくても挑戦していく勇気、周囲を説得するための準備、論理的な説明などさまざまな力が求められます。その中でも、勇気は特に大切です。

大学の学びで役立ったもの

学校の跡地にどういった施設をつくるべきかを考える、プレゼンテーションの授業がありました。周りに納得してもらうには根拠や理由が必要だということ、そのためにどういった資料を集めればいいかなど、仕事に直結する知識を得られました。また、さまざまな価値観を持つメンバーと意見がぶつかったときに、どうやって意見をまとめればいいかも学べました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

プレゼンテーションの講義の内容が、今の仕事で役に立っていると思います。仕事では、感覚的な意見は通りません。どうしてそう思うのか、データから証明することで、周りに納得してもらえます。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    41社以上
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 10月

対策したこと
大学のセミナーに参加しました。そのほか、友達と話し合ったり、自分がどんな人間で今後どうしていきたいのかを考えたりしました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
SPI関連の本を買って勉強しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 3月

対策したこと
大学のセミナーに参加しました。また、場慣れも大事だと考え、多くの企業の面接を受けました。
インターン
対策したこと

就職活動が本格的に始まる12月直前、人材会社が行っているワンデイインターンに参加しました。自分の強みや弱みなどを考え、周りから見た自分のイメージはどうかを知ることができ、また、これまで何を軸として生きてきたかなどを考えることができるよい機会でした。 それとは別のインターンシップにも参加し、「架空の会社の社長に対して商品提案をする」というテーマのグループワークを行いました。

苦手な人前で話すことに慣れるよい機会になりました。また、就活生同士のつながりもできました。社員の方からはエントリーシートの書き方をアドバイスしてもらえましたし、参加してよかったと思っています。企業の方に顔を覚えてもらえたので、入社したい会社がインターンシップを行っていたら、絶対に参加すべきです。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職情報サイトに登録・閲覧

どのような企業があるのか自分だけでは思い浮かばないので役に立ちました。

今の会社から内定をもらえた決め手

説明会で積極的に質問して熱意をアピールしたこと、常に笑顔でいたことが勝因だと思います。少人数の説明会だったので、顔を覚えてもらいやすかったのではないでしょうか。お客さま商売なので、面接では元気さと笑顔を欠かさないようにしました。とはいえ、普段通りの自分を出すことも大切です。

高校時代に就きたかった職業

教員です。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分がどんな人間でどうやって生きていきたいか、将来について真剣に考えるべきです。そのうえで大学に行くのか検討してください。また、さまざまなことに興味を持って、どのような仕事があるのか知ってください。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

特にしておくべきことはないですが、いろいろな経験を積むことが大事だと思います。失敗と成功、両方の経験を話せるくらいには、何かに一生懸命に打ち込んでほしいです。普段の勉強もがんばってください。忍耐力や自己管理能力につながります。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択