• 建設/不動産
  • 建築系

建設/不動産
住宅設計 Kさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 安田女子大学
家政学部 生活デザイン学科
取得資格(大学時):色彩検定2級、普通自動車運転免許MT
留学経験:なし
部活・サークル:ゴスペル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

住宅を設計しています。家の平面図や立面図、設備の詳細をまとめ、お客さまと契約する際に提出します。その後はお客さまと打ち合わせをし、家の外観や室内の建具、床の色などを決め、最終的な図面をつくります。打ち合わせで発生した追加料金の見積もりをつくるのも仕事のうちです。

家を建てる際は、ささいなミスが大きな事故につながるため、重い責任を感じます。ただ、その分だけ完成したときの達成感は大きくなります。また、お客さまが喜んでいる姿を見ると、長期間にわたって工事にかかわっただけに、私も感慨深さを感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • ストレス耐性

どれだけ慎重になっても、クレームや失敗は必ずついて回ります。そのためストレスをコントロールすることが重要です。知識は経験を積むうちに自然とつきますが、ストレス耐性がないと仕事を長く続けること自体が困難になります。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

お客さまの意見をもとに提案を行うのですが、一つのご希望をかなえるために、別の箇所の変更が必要な場合など、納得していただけるように説明する必要があります。お客さまに合わせてばかりで問題点を見逃していると、家が建たなくなるので、適切な提案が必須です。

大学の学びで役立ったもの

建築にかかわる授業が多くあり、どれも役立っています。コーディネーターの講義で覚えた知識や建築基準法の講義で習った採光計算や道路斜線検討を行ったりと、住宅設計の業務で部分部分を活用しています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

色彩の講義で習った色の組み合わせや、インテリアの講義で習った椅子の名称を仕事中に見かけることがあります。大学の講義で習ったことは、さまざまな場面で役立っています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    11~20
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
大学で添削してもらいました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
問題集を解きました。
面接試験
対策したこと
特に対策していません。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職課の窓口に相談

さまざまな会社を教えてもらえたからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

大多数の企業の選考が終わった時期に、今の会社がちょうど募集を始め、タイミングよく応募したからだと思います。面接では挨拶、話し方、礼儀など、当たり前のことをちゃんとこなしました。

高校時代に就きたかった職業

特にありませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

進路の選択肢を広げるために、もっと勉強しておくべきでした。別の大学なら、選べる企業がもっと増えたと思います。結果的に満足していますが、高校時代にもっと勉強していれば、もう少し早い時期に就職先を決められたと思います。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

いろいろな建築物を見ておくといいと思います。近場でもいいですが、旅行の機会があれば有名な建物は見ておくべきですね。自分が建てる建物に関係がなくても、知識として知っておけかないと、お客さまを不安にさせてしまいます。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択