• 化学工業
  • 機械・化学研究・技術系

化学工業
化学系研究・技術者 Kさん

社会人歴:2年目/男性

基本 DATA

出身大学 静岡大学
理学部 化学科
取得資格(大学時):甲種危険物取扱主任者、高等学校教員免許、中学校教員免許
留学経験:なし
部活・サークル:バスケットボールサークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

化学プラントの生産プロセスを最適化する研究をしています。化学プラントでは、製品を製造する際に、蒸気や電気、水などの大量のエネルギー、溶液を使用します。私の仕事は製造現場におけるエネルギーや溶液の無駄遣い・ムラを洗い出し、コストダウンを図ることです。化学プラントに対する深い知識と、現場と折衝するコミュニケーション能力が求められます。

プロセスの改善・最適化の研究開発に取り組み、作業スピードをアップさせることができるプログラムをつくったことがあります。プログラムの導入後に、現場で作業されている方から「作業がやりやすくなった、ありがとう!」と言われたことが、今の励みとなっています。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 自己統制力
  • 柔軟性

最良の成果を生むには、自分を律し、状況に合わせて行動することが大切だと思います。また、古い考えにとらわれず、新しいアイデアを試していくためにも、自分を律する力は必要ですし、柔軟性も求められます。

  • 外向性
  • 親和性

多くの仕事は、一人で進められるものではありません。できるだけ多くの人に協力してもらうには、外向的でないといけないでしょう。特に私の仕事は現場の人とかかわる必要があるため、自分から積極的にかかわりを持たないと、話もしてくれません。

大学の学びで役立ったもの

私は大学院を卒業して、今の会社に入社しました。大学では毎日朝から晩まで研究に没頭しており、忍耐力やあきらめない心が鍛えられました。おかげで会社に入ってからどんな場面に出会っても、逃げ出さずに正面から向き合えています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の研究室

私が所属していた研究室はとても厳しいとよく言われており、先生の指示を完璧にやり遂げなければいけないところでした。毎日研究に取り組むことで鍛えられた忍耐力・精神力が、仕事のいかなる場面でもあきらめない心をつくりあげてくれたと思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    21~30
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学院1年 1月

対策したこと
アピールポイントを分析し、先輩に自分の印象を聞きました。そのほか、身だしなみを整えたり、研究成果をまとめたりもしました。
筆記試験
対策したこと
特に何もしていません。
面接試験
対策したこと
特に何もしていません。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職情報サイトに登録・閲覧

就職情報サイトを通して内定をいただいたためです。

今の会社から内定をもらえた決め手

第一印象が大切だと考え、ハキハキと大きな声で話すように心がけました。次に、自分の研究を通して学んだことを分析し、会社でどのように生かせるのかアピールしました。最後に、ほかの研究分野にも興味を持ち、広く情報を集めるようにしていたことも話しました。

高校時代に就きたかった職業

教員です。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

高校時代の自分は、教員になりたいとばかり考えて、教員免許が取得できる理学部への進学しか頭にありませんでした。ただ、理学部は専門性が高いゆえに、社会から必要とされる場面が少ないと感じました。できるだけ多くの進路に対応できる、工学部か経済学部に進学してもよかったと思います。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

高校で学習する内容だけを頭に入れるのでなく、新聞やニュースに目を通し、社会の動きや世界の外交関係などを学んでおくと、グローバルに活躍できると思います。また、できれば海外旅行を早いうちに経験したほうが、俯瞰的に世界を見られると思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択