• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
看護師 Sさん

社会人歴:1年目/女性

基本 DATA

出身大学 天使大学
看護栄養学部 看護学科
取得資格(大学時):看護師免許
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

総合病院の新生児科で看護師をしています。私の勤める病棟は、早産児や病気を持って生まれてきた新生児が入院しています。入院している赤ちゃんのケアはもちろん、お母さんに育児の方法を説明し、不安なく育児ができるように支援するのが私の仕事です。

生まれた小さな赤ちゃんが保育器から出て、ミルクを飲めるようになり、大きくなって退院するときにやりがいを感じます。また、入院時は赤ちゃんが小さく生まれてしまったことで自分を責めていたお母さんが、病棟で育児の方法を学び、自信を持って赤ちゃんの世話ができるようになる、そんな場面に寄り添えるのもこの仕事の魅力だと思います。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

看護師は患者さんの治療に必要な情報を自分で収集し、その情報をもとに看護計画を立てます。患者さんが退院するにあたって、どんな課題が残っているか気づく力も大切なので、これらの力が重要だと考えました。

  • ストレス耐性

患者さんのケアを十分に行うには、自分の体調が万全であることが大切だからです。特に看護師は患者さんと家族だけでなく、ほかの医療スタッフとかかわることが多く、人間関係のストレスを溜めがちです。

大学の学びで役立ったもの

私が卒業した大学の教員は、臨床経験の長い方が多かったです。そのため患者さんとのかかわり方を、就職前に聞くことができました。また、教員から「看護師のかかわり方一つで患者さんの療養生活が変わっていく」と話されたことは、とても印象に残っています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

販売のアルバイトを経験したことで、初対面の人と話すことが楽しく感じられるようになりました。看護師の仕事は初対面の患者さんとコミュニケーションを取り、思いを引き出すことが大切なので、人との会話にストレスを感じなければ仕事がやりやすくなると思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 6月

対策したこと
看護師の場合、エントリーシートと履歴書は同じものでした。
筆記試験
対策したこと
特に対策しませんでした。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 6月

対策したこと
学校の面接対策セミナーに参加しました。
インターン
対策したこと

大学3年生の2月頃、気になる病院の説明会やインターンシップに参加しました。職員の方の話を聞くことで、実際に働いたときのイメージをつけられました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職情報サイトに登録・閲覧

色々な病院の情報を簡単に調べることができるためです。

今の会社から内定をもらえた決め手

看護師の人手不足により、私の周辺のエントリー者はほぼ全員が内定をもらっていました。特別大きな持病や、長い時間の勤務ができないなどの事情がない限り、みなさんも内定をもらえると思います。私の場合は毎日大学にちゃんと通い、ケガも病気もなく元気に過ごせていたので、それが内定の要因になったと思います。

高校時代に就きたかった職業

特にありませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

看護師の仕事はとにかく大変です。大学に合格するのはゴールではなく、スタートに過ぎませんよ。周囲の友達は大学に入って遊んでばかりですが、看護生はそうもいきません。たくさんの実習が待っています。それでも耐えられるか、よく考えて受験しましょう。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

看護師はストレスの多い仕事ですから、ストレスの上手な解消法が必要になります。趣味を持っている人はそれに全力を注いでください。息抜きがうまい人は、仕事も楽しんで取り組めています。勉強は看護学校に進学してからでも間に合います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択