• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
理学療法士 Sさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 東北福祉大学
健康科学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
取得資格(大学時):理学療法士国家試験受験資格
留学経験:なし
部活・サークル:ボランティアサークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

理学療法士として、リハビリテーションの手伝いをしています。私は主に脳卒中や整形外科的疾患から快復しつつある患者さんに対して、日常生活への復帰や社会参加を目標に、身体機能を向上させるトレーニングを施しています。

自分の担当した患者さんが、自力で歩いたり、トイレに行けるようになったりするなど、何かできるようになった時に達成感を感じます。また、担当の患者さんやご家族の方から感謝の気持ちをいただいたり、患者さんが退院できたときが喜びを感じる瞬間です。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 共感性

リハビリを進めるうえで、患者さんとのコミュニケーションは欠かせません。一方的に意見を言うのではなく、相手の立場に立って共感することが、信頼関係を築く第一歩だと思います。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

適切なリハビリテーションを行うには、患者さんの現状を分析し、疾患の原因を考えることがとても大切です。また、今後の方針を決めるために、分析したことや考えたことと、持っている知識を掛け合わせる力も必要になるでしょう。

大学の学びで役立ったもの

日頃の授業で学んだ知識はもちろん、勉強する習慣を身につけられたことが大きいです。実習でたびたび臨床の現場に出向き、学んだことを改めて考えさせられたために、授業のモチベーションを高く保つことができました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

基礎的な知識がないと、患者さんの疾患や現状について考えることができず、治療も行えません。授業で学んだ教科書レベルの知識と分析方法は、実際の臨床で非常に役立っています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 9月

対策したこと
大学の就職センターに相談して、添削してもらいました。
筆記試験
対策したこと
筆記試験はありませんでした。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 9月

対策したこと
就職センターで面接練習をしたり、先輩に話を聞いたりしました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

色々な病院を比較することができました。

今の会社から内定をもらえた決め手

就職したのは大学の実習先だった現場です。実習での印象がよかった、もしくは、実習で人柄を知っている分、知らない人を採用するよりもリスクが少ないと判断されたのだと思います。面接ではあまり猫をかぶらず、今後のキャリアや目標について笑顔で話しました。

高校時代に就きたかった職業

特にありませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分の進みたい進路を選べるように、勉強はしっかりやってください。センター試験の点数が悪いと、受験できる大学がなくなります。また、一つでいいので、自分の強みや自慢できることを探しておいてください。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

ほかにもたくさんの職業があるので、一つに絞らず、いろいろな職業を検討してください。それでも理学療法士になりたいと思ったら、人とのコミュニケーションが大切な仕事ですから、たくさんの年代の人と話す機会をつくってください。自分の意見をたくさんの人に話す練習もしておくといいでしょう。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択