• 飲料製造
  • 技術サービス系

飲料製造
品質管理 Kさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 石川県立大学
生物資源環境学部 食品科学科
取得資格(大学時):普通自動車免許、フードスペリャリスト
留学経験:なし
部活・サークル:創ル部
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

ミネラルウォーターや健康食品、入浴剤などの製品の品質を管理しています。できあがった製品に微生物がいないか検査したり、製品のパッケージに印刷不良や破れなどがないか検査したりしています。製品の微生物検査をするときに自分の手に付いていた菌など外部からの微生物が混入するといったミスをして、事実と異なる結果が出ないよう注意しながら仕事をしています。安全な製品を世の中に出し、その製品が雑誌や新聞に掲載されているのを発見するとうれしくなります。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 持続力
  • 誠実性
  • 勤勉性

毎日同じような検査を繰り返すので飽きずに続ける力が必要だと思います。また、微生物検査の結果、たくさんの微生物が検出されたとき、隠さずにすぐ上司や製造現場の担当者に報告し対処することが大切なので、誠実さも必要だと思います。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

微生物検査や製品の外観検査の結果、その製品が不合格であったときに、どうして微生物が多く検出されたのか、なぜ製品にキズがついたり破れたりしたのかを考えなければならないので、分析力が必要だと思いました。また、検査結果や対処法を製造現場の担当者にわかりやすく説明する力も大切です。

大学の学びで役立ったもの

大学の実験で使用してきた器具や機械を今の仕事でも使用しています。器具の使い方や機械の原理を理解していたので、入社後に少し楽することができました。また、微生物学の講義でさまざまな微生物の名前と特徴を覚えていたので、仕事に早く慣れることができました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

講義の内容や実験で行った作業が、今の仕事である微生物検査にとても役に立っています。ピペットやメスシリンダーなどの器具の使い方を大学で学び、それらの器具を今の仕事でも使用しているので仕事に早く慣れることができました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    21〜30
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
先輩にお手本を見せてもらったり、大学の就職支援室の先生に相談したりしました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 2月

対策したこと
SPI対策の本を先輩から借りて対策しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
面接セミナーに参加して練習しました。
インターンシップ
対策したこと
食品製造工場でのインターンシップに参加しました。工場での流れ作業では、スピードと正確さが大事だと実感しました。就職活動に有利な点はあまりなかったように思います。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 面接対策のセミナーに参加

面接の練習で何が良くて何がダメだったか教えてくれるからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

2次面接で社長と一対一で面接した際、社長からの質問に元気よく答え、自分からも会社が今一番力を入れていることについて質問をし、社長に会社の製品について興味を持っているとアピールできたことが評価されたのだと思います。

高校時代に就きたかった職業

薬剤師です。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

ただ、どこでもいいから大学に進学できればいい、と考えるのではなくて、精一杯勉強して大学選びの幅を増やしておけば後悔することがないと思います。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

部活などで先輩や同級生と競い合ったり先生に怒られたりしながら精神力を鍛えておくことが大切だと思います。また、クラスや部活、委員会などさまざまなグループの中でいろいろな人とかかわって寛容さを身につけておくことで、仕事を長く続けられるようになると思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択