• 医療関連
  • 技能サービス系

医療関連
臨床検査技師 Nさん

社会人歴:3年目/男性

基本 DATA

出身大学 北海道大学
医学部 保健学科 検査技術科学専攻  
取得資格(大学時):臨床検査技師
留学経験:なし
部活・サークル:サッカー
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

病院で心臓のエコー検査を担当しています。 心臓の動き、大きさ、心筋の厚さ、弁などに異常がないかを見ています。 毎日検査をしていくなかで、小さな病変を見逃さないこと、できるだけ迅速に検査を行い患者さんの負担を減らすことを心がけています。

健康診断などのスクリーニング検査で、今まで何も指摘されていなかった人の心臓の異常を発見し、患者さんが症状を感じる前に見つけられたことにやりがいを感じました。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

何か異常を見つけたときには、その原因を考えながらさらに検査をし、自分が行う検査で原因がわかる場合はそれを特定しなくてはなりません。 例えば心臓の動きが少し悪ければ、心筋梗塞を疑ってその特定につながる部分に異常がないか確認し、さらにほかの原因も考えて確認していく、という流れで仕事を進めていきます。

  • 自己統制力
  • 柔軟性

患者さん一人ひとりの状態に応じた検査をする必要があります。いろいろなことを想定し、いつもは見ない部分を追加でチェックしたり、既往歴を確認してその部分をより注意して見たりなど、柔軟に進めていきます。また、見えにくい部分については「この検査では見えない」と、ある程度見切りをつけることも大事だと思います。

大学の学びで役立ったもの

基本的に講義は全て今の業務内容に関係のあるものばかりでした。もちろん今担当している心臓エコー検査についての講義もありました。 どちらかというと座学よりは実践的な病院実習の方が、仕事をするうえで役に立っていると感じています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 部活・サークル

サッカーサークルの代表として、サークルのメンバーをまとめる役目を担い、それが今の仕事でも生きていると思います。サッカーだけではなく学園祭での露店の出店といった活動もあり、全員があまり慣れないなかで自分がいろいろと動き指示を出さなければいけなかったので、その経験が今も役立っています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート
対策したこと
対策しませんでした。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 7月

対策したこと
勉強しました。
面接試験
対策したこと
対策しませんでした。

就活対策で最も役に立ったもの

特にありません。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接でハキハキと緊張しないで話せたことだと思います。気負いなく臨めたことがよかったのだと思います。

高校時代に就きたかった職業

特に何も考えていませんでした。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

高校時代はよく勉強して、いい大学に入り、職業は大学に入ってから決めようと思っていました。今から思い返してもそれでいいかなと思うので、改めてアドバイスすることは思いつきません。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

高校ではできるだけ勉強をして、4年制の大学に入った方がいいです。その方が、4年間かけて学べるので時間に余裕もできますし、卒業研究にも取り組めます。何より、就職時に有利であると感じます。専門学校でも取得できる資格ではありますが、大学卒の方がお給料も少しですがよいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択