• 公社/官公庁/学校
  • 公務員系

公社/官公庁/学校
地方公務員 Oさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 大阪経済大学
人間科学部 人間科学科 現代心理学コース
取得資格(大学時):日商簿記検定2級
留学経験:なし
部活・サークル:演劇研究部
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

労働に関する業務を担当しています。府民や府内で働いている方々の労働問題解決に向けた支援、市町村と連携した就職イベントの開催、労働組合の対応などが主な業務です。どの業務においても相手のニーズを把握し、最善の策を考えるように心がけています。

労働相談に来た方から、私のアドバイスを受けて無事問題が解決したと報告を受けたときが一番うれしいですし、やりがいを感じます。また、解決には至らなくても相談してよかったと言っていただけることもあり、そんなときはやっていてよかったと思います。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

労働相談に応じる際は、相談内容の時系列を整理するなどして、どこに法的な問題があったのかを見抜かなければなりません。また、似たような案件であっても、相談者の性格や立場、要望等を踏まえたうえで、個別の解決策を考えていく必要があります。

  • 協働力

市町村と連携して事業を行うときは、相手と密に連絡を取り合う必要があります。また、労働相談に応じるときは、目の前にある問題とは関係のない話をするなどして相談者をリラックスさせ、本音で話してもらうことが大切です。

大学の学びで役立ったもの

学校カウンセリング実習や対人スキルの講義が役に立っています。学校カウンセリング実習で身につけた相手の話を聞く、傾聴するという力が、労働相談の際に生かせています。また折衝や府民対応では、対人スキルの講義で学んだ会話方法などが役に立っています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

百貨店でレジのアルバイトをしていたのですが、そこでは短時間で相手のニーズを把握し、頼まれる前にこちらから声をかけて行動に移すという力が求められていました。今のどの仕事においても、相手のニーズを察して行動することで、相手に満足していただいていると思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    6〜10
  • 内定をもらった会社数
    2
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 1月

対策したこと
就職課に相談しました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
SPI対策の講義を受講しました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年3月

対策したこと
学内外のセミナーを受講しました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職課の窓口に相談

自分にあったアドバイスをしてくれるからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

小論文試験で、多くの人が選ぶお題を選ばなかったことが決め手だったと思います。また、面接で嘘や誇張表現をせずありのままの自分について話したこと、笑顔を絶やさなかったことがよかったのかなと思っています。具体的にどういう仕事をしたいのか、というビジョンがあったことも決め手になったのかもしれません。

高校時代に就きたかった職業

声優や出版社で働きたいと思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

高校の時点で自分が入りたい会社が明確だったので、その会社に就職した人の大学・学校名をできるだけ早めに調べたうえで、大学を選ぶように言いたいです。その進路に進むために、早くから模試を定期的に受験するなどして対策をしておけばよかったと思っています。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

公務員の場合、学歴で採用・不採用が決まるわけではないので、高校生のうちはやりたいことを存分にやって充実した日々を送ればいいと思います。ただ、興味のないことにも多少は関心を持って挑戦し、さまざまな経験を積んでおくことも大切かなと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択