• 警備/清掃
  • 営業・販売系

警備/清掃
法人営業(企業向け営業) Kさん

社会人歴:1年目/男性

基本 DATA

出身大学 日本大学
法学部 新聞学科
取得資格(大学時):大型自動二輪車運転免許、コミュニケーション能力検定2級
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

警備・セキュリティシステムの営業をしています。法人向けの機器のほか、個人向けのシステムもあり、日々さまざまなお客さまのもとを訪ねて営業活動を行っています。 営業先の建物についてリサーチし警備システムの有無を確認、またその付近で何か危ない出来事が起きていないかなどの地域情報も踏まえて営業を行います。そのほかお客さまからの要望があればそれに沿って商品を紹介していきます。

人命と大切な財産を守る警備・セキュリティシステムを売る仕事なので、社会貢献度の高さは日々感じることができます。また、営業で外出するなかでいろいろな場所を訪問する機会があり、こんなお店があったのかと知る楽しみもあります。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 外向性
  • 親和性

営業は、いろいろなお客さまと直接対面する、言わば「会社の顔」です。初めて会う人は苦手、話すのが苦手という人は、営業という仕事をきつく感じるだろうと思います。勤務中だけでなく、日々の生活においてもいろいろな人と接し、そこで何かしらよい関係を築いておくことは非常に大事だと感じています。営業はとにかくコミュニケーション能力の有無によって向く向かないがはっきりしますので、営業の仕事に興味がある人は、自分から積極的に話しかけて会話することを心がけておくとよいと思います。

  • チャレンジ精神
  • 開放性

どの仕事でもそうだと思いますが、どうすべきか知らないことをやらなくてはいけない、という壁にぶつかるときが来ると思います。そんなときでもチャレンジ精神を身につけていれば、わからないことにも対処していこうという気持ちになれて、最後には必ずやり遂げることができると思います。

大学の学びで役立ったもの

大学の学びというより、大学時代に行っていたアルバイトが役立っています。どんなアルバイトでもいいので経験してみるといいです。社会人として必要な礼儀やコミュニケーション能力が身につきます。私は大学時代のアルバイトで身につけた力、特にコミュニケーション能力が今の社会人生活に生きていると日々感じています。アルバイトを通して人見知りがなおり、目上の人と話すのが楽しくなりました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

アルバイトは社会人体験ができて有意義ですし、お給料をいただくことで初めてお金のありがたみを実感できると思います。1万円稼ぐには、1日中働く必要がある。それを知ると、お金を無駄に使うことがなくなるはずです。 また、大学は夏休み、春休みがとても長いので、長期の海外旅行などその時期にしかできない体験をするとよいと思います。 私は大学4年の夏休みに、1か月かけてバイクで日本一周旅行をしました。大学時代にしかできない最高の経験として思い出になっています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    31〜40
  • 内定をもらった会社数
    4
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学3年 12月

対策したこと
自分の長所・短所を見直して、 自己PRを考えました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 11月

対策したこと
SPI対策をしました。
面接試験
対策したこと
対策しませんでした。
インターンシップ
対策したこと
IT企業でのインターンシップに参加しましたが、自分がIT企業には向いていないと気づきました。就職活動において有利になった点は特にありませんでした。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 就職情報サイトに登録・閲覧

エントリーできる企業が多かったからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接時の立ち居振る舞いがよかったこと、説明会で人事の方にたくさん質問したこと、会社の特徴と現状を理解したうえで今後の課題についてどのように対処していくのがベストか意見を言える状態であったことが内定につながったと思います。

高校時代に就きたかった職業

バンドマンになりたいと思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

とりあえず大学は出た方がいいです。会社や職種にもよるかもしれませんが、初任給以降の給料が高卒と大卒では差があります。大学4年間はたとえ遊んでばかりだったとしても、とても価値のある時間です。 私はバイクで日本一周旅行という、人生の夏休みとも言える大学時代にしかできないことができたので、大学に行けたのはとても有意義だったと思っています。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

同級生の友達とだけでなく、上級生や先生ともためらうことなく気軽にコミュニケーションを取れるようになっておくと将来必ず役立ちます。アルバイトもできるのであれば経験しておくと、将来何かしらの場面で絶対に生きてきます。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択