• 製造業
  • 事務系

製造業
貿易事務 Kさん

社会人歴:3年目/女性

基本 DATA

出身大学 中京大学
総合政策学部 総合政策学科
取得資格(大学時):ファイナンシャル・プランニング技能検定2級、TOEIC 
留学経験:なし
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

海外への製品輸出に関する仕事に携わっています。 主に現地との納期調整や出荷のための書類作成などを行っています。 作成する書類には税関へ提出するものもあるので、ミスがないように心がけています。 現地とのやり取りは基本英語なので、休みの日などに英語の勉強をし、仕事に生かせるようにしています。

自分の作成した書類で現地にしっかり製品が到着し、先方からお礼を言われるとうれしいです。 また、現地の方と英語を使ってのコミュニケーションがしっかり取れたとき、仕事以外にも彼らと仲良くなれたときにやりがいを感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 自己統制力
  • 柔軟性

納期遅れが発生したときや、通関で製品が止まってしまった場合などには現地との調整が不可欠で、状況に応じて柔軟に対応することが最も重要となります。

  • 外向性
  • 親和性

貿易はやりとりを行う相手が海外の人の場合が多いので、失敗を恐れることなくコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことがとても大切だと感じます。 また、相手との信頼関係を築くことによって、仕事のやりやすさも変わってくると思います。

大学の学びで役立ったもの

大学の授業で役に立っていると感じるのは、ロジカルシンキングとプレゼンテーションです。海外の人とテレビ会議を行う際は、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見や気持ちもしっかり伝えることが重要で、大学で学んだことがそういった場面で役立っていると思います。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • アルバイト

大学生になってから初めてアルバイトを経験し、お金を稼ぐことがいかに大変かということを学びました。また、社会人の方と一緒に働くので、社会人としての心得やマナーなどを学びながら働くことができたのがよかったと思います。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    11〜20
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
キャリアセンターに添削をお願いし、アドバイスをもらいました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学4年 4月

対策したこと
SPI対策の本を買い、繰り返し解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学4年 6月

対策したこと
各会社の面接を受けるなかで、うまく答えられなかった質問を振り返り、ノートにまとめました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

いろいろな企業が大学に来てくれて、貴重な話が聞けたからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

海外と関わる仕事がしたいという思いが強かったことだと思います。幼い頃から海外に興味を持ち、外国の方と話したりコミュニケーションを取るのが得意だと伝えたときに、面接官の反応がよかった気がします。あとは、この会社でしかできないことについて明確に伝えられたことかと思います。

高校時代に就きたかった職業

公務員になりたいと思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

高校時代に絶対にこの仕事、と一つに決めてしまうのではなく、幅広くいろいろな仕事に興味を持ち、自分にはどんな仕事が向いているか、どんな仕事であれば自分の特性を生かせるかを考えるべき、と伝えたいです。また、日頃から時事問題に興味を持っておいた方がよかったと思っています。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

貿易の仕事は英語が必須になってくるので、英語の勉強をしておくといいと思います。いかに相手との信頼関係を築けるかが大切になってくるので、文法など細かいことを気にするよりは、自分の意見をしっかり伝えられるようになっておくといいと思います。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択