• 教育
  • 教育系

教育
高校教諭 Hさん

社会人歴:1年目/男性

基本 DATA

出身大学 城西大学
理学部 数学科
取得資格(大学時):教員免許
留学経験:1週間~6か月までの短期留学に行ったことがある
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

情報科の教員をしています。情報化社会のなかで生徒が正しく安全に情報を取り扱えるようになるための指導をしています。今はスマートフォンなど、昔とは異なる事情もあります。また、他者とコミュニケーションを図るのも、情報を相互にやりとりしているという意味ではメールなどの送受信と同じです。

生徒が授業内容をわかってくれたときの喜びは大きいです。また生徒同士が課題に取り組むなかで、個性豊かな発想や才能を見せられたときには驚かされます。子どもたちは想像力が豊かですし、何ごとにも素直に取り組んでくれるので、とても魅力ある仕事です。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

教育するにあたっては、生徒一人ひとりの事情を考慮しなければなりません。そのうえで授業の計画や準備、進行、改善など、さまざまなことに取り組んでいく必要があるので、分析力や課題発見力、計画力が大変重要だと感じています。

  • ストレス耐性

生徒のなかにはまじめに授業を聞かなかったり寝ていたり反発したりする生徒もいます。また40人を一度に指導するので、当然私のことをよく思ってくれている生徒もいればその逆もいます。そのような状況のなかで指導する必要があるので、ストレス耐性は重要です。

大学の学びで役立ったもの

大学で情報機器の操作や仕組みを知ったことはもちろんですが、コンピュータがどのように計算をしているのか、なぜ私たちは情報機器を安全に使うことができるのか、その理由や仕組みも学び、情報に関する知識を深めることができたことが今の仕事に役立っています。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

ゼミで、自ら文献を読み資料を作り発表する、というサイクルで学んでいたことが一番役立ちました。普通の講義は大抵が単に授業を聴き試験を受け単位を取得するだけですが、ゼミでは自分から動かなくてはならず、自分の役割を果たす責任についても学べました。そのことが今の仕事にも生きています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2〜5
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加したYES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加したYES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート
対策したこと
対策しませんでした。
筆記試験
対策したこと
対策しませんでした。
面接試験
対策したこと
対策しませんでした。

就活対策で最も役に立ったもの

特にありません。

今の会社から内定をもらえた決め手

自分に何ができて何ができないのか、何がやりたくて何がやりたくないのか、明確にできていたことだと思います。

高校時代に就きたかった職業

特にありません。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

いろいろな経験を積んでいろいろな成功や失敗をして、本当に一番自分がやりたいことを考えてもらいたいです。どの道が成功だとか失敗だとかというのはありませんが、友達とも意見を交わして真剣に将来を考えてほしいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

やりたいことを見極めることです。私は自分のやりたいことを一番に考えてこの仕事を選びました。ただ、なかにはやりたいことがない人、やりたいことがよくわからない人もいると思います。お金がほしいとか楽に生きたいとか、人それぞれ幸せも違うので、自分が一番幸せだと思う道を考えてみてほしいです。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択