• IT/通信
  • コンピューター系

IT/通信
システムインテグレーター Nさん

社会人歴:2年目/女性

基本 DATA

出身大学 東京大学 大学院
情報学環・学際情報学府 総合分析情報学コース
取得資格(大学時):TOEIC780
留学経験:1年以上の留学に行ったことがある
部活・サークル:なし
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

計画通りに開発が進むように、顧客との調整や工数の管理を行っています。業務がわからない開発側と、開発がわからない顧客側を仲介するため、相手に伝わりやすい言葉選びや資料作りを心がけています。細かい仕事が多く、責任の重い仕事です。

顧客から、資料がわかりやすいのでこれからもあなたにお願いしたいと言われたときにはやりがいを感じました。普段から誰が見てもわかりやすい資料作りを念頭に置いて仕事をしていたので、達成感を感じました。今後は開発側にも同様のことを言ってもらえるよう精進したいと思っています。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 自己統制力
  • 柔軟性

開発中に顧客と詳細を詰めていくなかで、開発内容が変わることは多いです。その都度計画の変更や担当の再配置、工数の計算を行わなくてはいけません。状況に応じて、あわてず冷静に対応する必要があります。

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

開発中に計画変更が行われることは多いのですが、もちろん変更されないに越したことはありません。顧客とのやりとりを通してだけでなく、自身の知識をもとに今後生じそうな課題を予見する力はとても必要だと思います。

大学の学びで役立ったもの

基本的なことですが、進捗が思わしくない場合、すぐに上司に報告するという習慣です。大学院時代、研究が思うように進まなかった際、教授よりその教えをいただきました。自身で悩んでも、できることは少ないものです。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の研究室

研究室活動は、仕事と似た部分があり、いかに効率よく作業を進めるかにかかっています。また、論文は教授と共同執筆という形をとっていたので、共同で責任を持つことから、教授へのこと細かな報告も大切だと学びました。そのほか企業との共同研究も、研究の大変さを学べたという点でやっておいてよかったと思っています。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    2〜5
  • 内定をもらった会社数
    3
大学の就職ガイダンスに参加した YES / NO
大学の就職課窓口に相談したYES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧したYES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加した YES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート

対策を始めた時期・・・大学院1年 12月

対策したこと
先輩に見ていただきました。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学院1年 2月

対策したこと
対策本を一読しました。
面接試験
対策したこと
対策しませんでした。
インターンシップ
対策したこと
コンサルティング会社のインターンシップに参加しました。選考が早まるという部分で就職活動に有利でした。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学OB・OG訪問

会社を知るには、その会社の人と会うのが一番だからです。

今の会社から内定をもらえた決め手

面接で相手の質問に対してきちんと答えられたことだと思います。どれだけ話がうまく、やることをやっていても、自分ばかり話し、人の話を聞いていない人はダメだと思いました。あとは真面目に取り組んできた実績という意味で、学歴かと思います。

高校時代に就きたかった職業

歴史家になりたいと思っていました。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

真面目に取り組んでいれば問題ないと伝えます。どのようなアドバイスをしても、おそらく進路については同じような答えを出すと思われるからです。ただ、周りに流されて進路を決めるのはやめなさいと言いたいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

基本情報技術者試験を受けるといいと思います。知識が満遍なくつき、仕事に就いてからも、基本的な専門用語が理解できていると緊張せずに済むと思います。そのほか、英語は使う場面が多いので勉強しておいた方がいいです。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択