• 医療関連
  • 医療・看護系

医療関連
理学療法士 Yさん

社会人歴:1年目/女性

基本 DATA

出身大学 県立広島大学
保健福祉学部 理学療法学科
取得資格(大学時):福祉住環境コーディネーター2級
留学経験:なし
部活・サークル:ダンスサークル
  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択

仕事について

理学療法士として、体が不自由な人に対し、歩行能力の改善など基本的な動作能力の獲得・向上をめざした運動療法や物理療法を行い、社会復帰に向けてのお手伝いをしています。リハビリテーション病院やデイケア、介護老人保健施設などで働くことが多い仕事です。

患者さんの動作能力が回復して生活の質が向上し、患者さんから感謝されるととてもうれしいです。自分ががんばることで患者さんもリハビリをがんばってくれて、目標達成のために患者さんと一緒に努力できる点にやりがいを感じます。

今の仕事で必要だと思うチカラ

  • 分析力
  • 課題発見力
  • 計画力

患者さんにとって何が問題で、問題の原因となっているものは何で、それを解決するためには何が必要なのか考える必要があります。原因を突き止めてアプローチしていかないと、患者さんが抱える問題の解決にはつながりません。

  • 協働力

患者さんには自分だけではなく、看護師や作業療法士、医師、社会福祉士などほかの多くの職種の人が関わります。お互いの情報を共有し、よりよい治療を行う必要があります。コミュニケーション能力がないと情報の共有がうまくできず、目標達成が困難になります。

大学の学びで役立ったもの

模擬患者演習の授業はとても役に立ちました。患者さんの話の聞き方や相槌の打ち方、患者さんへの話し方など、患者さんと関わる際に必要なスキルを実践的に学べました。授業を通して、自分の長所と短所がわかりました。

大学時代にやっておいてよかったこと

  • 大学の講義・ゼミ

チーム医療演習はコミュニケーション能力を向上させるのにとても役に立ったと思います。臨床の現場においてチームで話をすることは必須なので、その練習を行うことができてよかったです。専門用語を使いすぎないなどの配慮が大切だとわかりました。

就活DATA

  • エントリーした会社数
    1
  • 内定をもらった会社数
    1
大学の就職ガイダンスに参加した YES / NO
大学の就職課窓口に相談した YES / NO
就職情報サイトに登録・閲覧した YES / NO
就職活動に関するSNSに登録・参加したYES / NO
企業のインターンプログラムに参加した YES / NO
有料の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学生主催の就職対策セミナーに参加したYES / NO
大学OB・OG訪問を行ったYES / NO
エントリーシート
対策したこと
対策しませんでした。
筆記試験

対策を始めた時期・・・大学3年 8月

対策したこと
国家試験の過去問を解きました。
面接試験

対策を始めた時期・・・大学3年 8月

対策したこと
面接の練習をしました。

就活対策で最も役に立ったもの

  • 大学の就職ガイダンスに参加

ためになりました。

今の会社から内定をもらえた決め手

筆記試験として課された国家試験の過去問である程度の点数が取れたので、専門知識が備わっていると認めてもらえたことが決め手だと思います。また面接で、自分のことを理解していてコミュニケーション能力がある、人に物事をわかりやすく伝える能力がある、と判断されたのだと思います。

高校時代に就きたかった職業

特にありません。

高校生の自分に進路アドバイスをするなら

自分のやりたいことは何か、どんな仕事がしたいのか、具体的に考えてそれに向けて行動してほしいです。もっと早くから行動しておいてもよかったと思っています。ボランティアなどに積極的に参加するのもいいです。

この職業に就くために高校時代にやっておくといいこと

インターンシップやボランティアなど、時間がある時にいろいろなことに挑戦するといいと思います。いろいろな経験をすることで、興味のあることが見つかったり、発見があったりするかもしれません。がんばって勉強もしてください。

  • 職業レポート
  • 就活体験記
  • 高校時代の
    進路選択