ホームスキルアップ現役アナウンサーが教える!プレゼンテーション上達のコツ〜コミュニケーション力アップ講座(3)〜

現役アナウンサーが教える!プレゼンテーション上達のコツ〜コミュニケーション力アップ講座(3)〜

  • スキルアップ
  • 2017.06.19

大学生になると授業やゼミ、また就職活動などで「プレゼンテーション」を求められることが多い。発表の内容はもちろん大事だが、相手に伝わる情報の「質」は、プレゼンテーションの良し悪しに大きく左右される。話し方に少し気を付けるだけで、内容も格段に伝わりやすくなるのだ。今回のテーマはズバリ、「プレゼンテーション」。前回に引き続き、現役アナウンサーの樋田かおりさんが上達のコツをご紹介!


プレゼン中に噛まなくなる、ちょっとしたコツとは?

普段はスムーズに話せるのに、プレゼンテーションになるとどうしても噛んでしまう……という人も多いのでは。大勢の人の前に立つと、緊張してつい早口になってしまいがちだ。ポイントは、「丁寧に母音を発音すること」。樋田さんによると、「あ・い・う・え・お」の5つの母音を一音ずつ意識して丁寧に言うことが重要だそう。「言いづらい言葉も、ゆっくり発音して練習すれば、スムーズに話せるようになります」と樋田さん。

意識しなくても自然と言葉が出てくるようになるまで、まずは練習あるのみだ。

実際の樋田さんのレクチャーの様子がこちら。

滑舌がよくなると、噛むことへの不安が払拭されて、緊張せず堂々とプレゼンテーションができるようになるのだ。

プレゼンが苦手な大学生が講座にチャレンジ!

今回登場してもらったのは、就職活動を控える大学生の鈴木さん(仮名)。

「滑舌があまりよくないので、話すのは苦手です……。人前に立つと緊張して、話している最中に頭が真っ白になってしまうこともありました」とのこと。

プレゼンが苦手だという鈴木さん、果たして受講の成果は?

はじめはうつむきがちだった鈴木さん。下を向いていると声も通りにくく、なかなか言葉が聞き取りづらい。しかし、レクチャーを受けた後は、姿勢もよく、ハキハキとした話し方で好印象!語尾が小さくなったり、無駄に伸びたりして聞きづらくなってしまっていた箇所も、受講後はとても聞き取りやすくなっていた。声のトーンに抑揚もあり、話と話の間にちょうどよい間があるので、リラックスして話を聞くことができるようになっている。

短時間で見違えるほどプレゼンテーション能力が向上した鈴木さん。講座の感想は?

鈴木さん:「講座は要点が簡潔にまとめられていて、視聴時間も長くないので本当に気軽な気持ちで練習することができました。人前で話すことに苦手意識や抵抗感を持っていたので、教室に行って講師の方から直接レッスンを受けるよりも、自分のプライベートな空間で視聴できるのがうれしいです。周りを気にせず、思いきり声を出して練習することができました。」
「映像は、何度も繰り返して視聴しながら練習できるので、ちゃんと上達できると思います。同じような課題を抱えている方にはおすすめの講座です!」

皆さんもまずは樋田さんの講座で練習してみては?

講座紹介

アナウンサー樋田かおりさんの動画で学ぶ
現役女子アナ直伝!プレゼンテーション上達法

特別キャンペーン中!

6000円 → 1200円

話し方講座のことを詳しく知る

ページの先頭へ