マナビジョンキャリアトップ働き方【バイトノウハウ】敬語・丁寧語ミニマム辞典

【バイトノウハウ】敬語・丁寧語ミニマム辞典

  • 働き方
  • 2017.10.02

とにかくこれだけは覚えておきたい敬語・丁寧語

頭でわかっていても、とっさに正しく話せるかというと、なかなか難しいのが「敬語・丁寧語」。でもそればかり気にして答えに困ってしまうのは、逆にマイナス。大切なことは「失礼な感じを与えない」こと。丁寧な言葉遣いを意識して話します。

基本ルールは

  • 「です」「ます」をつけて会話を終える
  • 返事は「ハイ」「イイエ」とはっきり言う
  • 「イヤ~」「う~んと」はNG
  • 自分のことは、「ボク」「オレ」ではなく、男女ともに「ワタシ」

これだけ。カンタンですよね。

「すみません」→「申し訳ありません」

「トイレはどこですか?」→「お手洗いはどこですか?」

「聞いていいですか?」→「おたずねします」「お聞きしていいですか」「教えていただけますか」

ちょっとした言葉を丁寧に使うと好感度がよりUPしますよ。

学校の先輩に話しているように「~っすね」「~っすか?」といった話し方は敬語ではありません。普段のクセがポロッと出ないように注意します。

お手本はTVのアナウンサー。ニュースを聞いて「この言葉はよく使うぞ」と思ったら、声に出して真似をしてみます。意識的に使えば身に付くのも早いですよ。

面接で使える例文

「連絡先、聞いていいですか?」
「連絡先を教えていただけますか」「連絡先を教えてください」


「面接を受けに来た◎◎◎◎ですけど」
「面接のお約束をしております、◎◎◎◎と申します」


「▲▲ってどんなシゴトですか?」
「▲▲のシゴト内容について教えていただけますか?」


「そうっすね」
「はい、そうです」


「バイトしたことないです」
「バイト経験はありません」「バイトをするのは初めてです」


「○○(面接担当者)さん、いますか?」
「○○さまをお願いできますか」「○○さまと△時にお約束をしています、○○さまはおいでになりますか」

出典:アルバイトニュース・プラス『an』 ~バイトノウハウ~

ページの先頭へ