いばらき

茨城大学

国立大学 茨城県

工学部フレックスコースの詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械システム工学科(40名)

所在地

1~4年:茨城

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●機械システム工学科のフレックスコースで学ぶ
●機械システム工学に関する基礎・応用知識を身に付ける
●コンピューターとメカ技術の融合分野を担う先端技術者をめざす

フレックスコースのカリキュラムは基本的に昼間コースと同じで、4年間で卒業可能な単位を修得できます。さらに勉強したい学生は、昼間コース機械システム工学科や他学科の専門科目の一部を履修することも可能です。

【キャンパス】日立キャンパス(1〜4年)
【学生数】172名(2018年5月1日現在)※Bコース含む
【専任教員数】166名(2018年5月1日現在)

機械システム工学科

講義・学問分野

アルゴリズムとデータ構造、材料力学、設計製図、機械力学、制御工学、システムのモデル化、知的情報処理、ロボット工学、システムの最適化 など

閉じる

学部の特色

機械システム工学科のフレックスコースで学ぶ

現代社会では、身のまわりにある数多くの製品がメカ(機械)とコンピュータ(知能)との高度融合システムとして実現されています。このような社会の下で、機械システム分野はあらゆる産業を支える基盤技術となっています。本学科では人と環境にやさしい次世代の機械システム開発を担い、最先端で活躍できる技術者を養成します。また、入学金や授業料の面で優遇を受けつつ、高度な専門知識を学ぶことができます。

閉じる

機械システム工学に関する基礎・応用知識を身に付ける

基礎および専門科目を学修,さらに基盤共通科目で基礎的な能力を身に付けるほか、高度専門科目であるエネルギー機械、設計製造、情報機械プログラム別専門科目と実験科目や演習科目であるプログラム横断科目を学修、機械システム工学の高度な専門知識とその応用力を養います。

閉じる

コンピューターとメカ技術の融合分野を担う先端技術者をめざす

より深い専門知識と問題解決能力を身に付け、研究・開発・設計、生産管理、システムの保守からソフトウェア開発まで、ものづくりの全般に関わる分野で活躍できる人材の育成をめざします。

閉じる

学べること

機械システム工学科

質の高い技術者をめざす

質の高い技術者を育成するため,継続的な教育システムの改善に取り組み、その一環として日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)の専門認定を積極的に利用しています。JABEE対応学部教育として、国際標準の高度専門技術者の育成を行い、21世紀を担う高度専門技術者をめざします。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ