大学・専門パンフを取り寄せて図書カードGET

さいたま

埼玉大学

国立大学 埼玉県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学・システムデザイン学科(仮称)(110名)
※2018年4月開設に向け設置構想中
電気電子物理工学科(仮称)(110名)
※2018年4月開設に向け設置構想中
情報工学科(仮称)(80名)
※2018年4月開設に向け設置構想中
応用化学科(仮称)(90名)
※2018年4月開設に向け設置構想中
環境社会デザイン学科(仮称)(100名)
※2018年4月開設に向け設置構想中

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●6年一貫教育を軸にしたカリキュラムで高度な専門性と多角的視点を身に付けた人材を育成
●イノベーション人材育成プログラム(仮称)を通じて工学をベースに異分野協働で新時代を切り開ける人材を育成

本学部は、2018年4月に既存7学科を5学科に改組します(構想中)。周辺分野を含む専門知識・能力を深く、幅広く身に付けるとともに、学科横断型の新プログラムを通して、他者と協力して課題解決に取り組める実践力に富んだ人材を育成します。

【学生数】1918名(2016年5月1日現在)
【大学院】理工学研究科

機械工学・システムデザイン学科(仮称)※2018年4月開設に向け設置構想中

講義・学問分野

●講義
機械工学・システムデザイン入門、情報処理概論、工業力学、材料力学、機械設計製図、熱力学、流体力学、制御工学、機械工学実験、機械工作実習、課題探求型セミナー、卒業研究
●学問分野
【設計と生産】ヒューマンマシンインターフェース、精密・微細加工
【材料と熱流体の科学】寿命予測・破壊防止、スマートエネルギーシステム
【運動と制御】ダイナミクス、ロボティクス・メカトロニクス

閉じる

電気電子物理工学科(仮称)※2018年4月開設に向け設置構想中

講義・学問分野

●講義
電気回路、電子回路、電気機器学、電力発生工学、ロボット制御、情報通信工学、電磁波工学、センサ工学、計測工学、電子材料工学、電子デバイス、光エレクトロニクス
●学問分野
エネルギー・制御、情報通信、材料・デバイス

閉じる

情報工学科(仮称)※2018年4月開設に向け設置構想中

講義・学問分野

●講義
離散数学、線形代数基礎、微分積分学基礎、数理論理学、計算論、情報セキュリティ工学、オブジェクト指向言語、実践的システム開発演習、データサイエンス基礎 、機械学習
●学問分野
計算機科学、メディア情報学、数理情報、ソフトウェア工学、人工知能、ロボティクス、音声情報処理、拡張現実(AR)、3Dセンシング、カオス、IoT、ヒューマンインターフェース

閉じる

応用化学科(仮称)※2018年4月開設に向け設置構想中

講義・学問分野

●講義
無機化学I、有機化学I、物理化学I、分析化学I、プロセス工学I、環境化学基礎、生命化学、高分子化学、量子化学、化学反応速度論、分子構造解析、機器分析、化学と職業、応用化学実験I
●学問分野
無機化学、有機化学、物理化学、分析化学、化学工学、環境化学、生化学

閉じる

環境社会デザイン学科(仮称)※2018年4月開設に向け設置構想中

講義・学問分野

●講義
地盤工学、地圏科学、耐震・地震工学、建設振動工学、構造力学、コンクリート工学、水理学、水圏防災減災工学、地域・都市計画、交通システム、建築と都市、設計製図
●学問分野
地盤・地圏、地震・防災、構造・材料、水理・環境、交通・計画、建築教育

閉じる

学部の特色

6年一貫教育を軸にしたカリキュラムで高度な専門性と多角的視点を身に付けた人材を育成

最先端の学問・技術はさまざまな専門分野の知識と、それに関わるさまざまな立場の人々の熱意が融合して成立しています。高度に融合したテーマに臨むためには、専門に関する確固たる知識・能力をベースに、より広いさまざまな分野を理解し、融合させる能力が必要です。そうした能力を育むため、本学部は学士課程4年と修士課程2年を通した6年一貫カリキュラムを編成しています。
学士課程では、周辺分野を含めて専門分野に関する基礎的な能力を身に付け、修士課程では最先端の学問を学ぶとともに、自律して研究・開発を進めるための能力を身に付けていきます。理数系、情報系、人文社会系の幅広い知識と視点を持ち、ときには異分野の人たちとも協働して、工学的成果を社会実装につなげる実践力に富んだ人材の育成をめざします。

閉じる

イノベーション人材育成プログラム(仮称)を通じて工学をベースに異分野協働で新時代を切り開ける人材を育成

本学部は、改組(2018年4月予定)に伴って「イノベーション人材育成プログラム(仮称)」を学部全体に導入します。工学に解決が期待されている課題はグローバル化・複雑化してきており、専門分野に関わる知識や能力だけでは問題解決に十分ではないケースも増えています。理工系の他の分野の仲間と協調した取り組みが求められる場合もありますし、ときには文系の仲間とチームを組んで互いの専門性を活かしつつ一つの目標に向かわなければならない場合もあります。イノベーション人材育成プログラム(仮称)は、自然科学、情報学、人文・社会科学などに対する幅広い教養や知識、工学の専門分野に関する十分な知識や能力をベースに、社会や地域に関わる課題に対する科学的分析・理解、それに基づく工学的課題の設計・デザイン、課題解決に向けた種々の技術の統合・システム化、異分野協働での社会実装といった一連の流れを、さまざまな立場の仲間と協調して遂行できる力を兼ね備えた技術者の育成をめざす文理融合型の特別プログラムです。新しい工学部では、イノベーション創出に具体的に寄与できる、強いリーダーシップを兼ね備えた工学系人材の育成をめざします。
※内容は予定であり、変更になる場合があります。

閉じる

学べること

機械工学・システムデザイン学科(仮称)

自動車・ロボット、輸送機器などの設計・開発を行うエキスパートを養成

現代社会は、自動車やロボット、輸送機器などの機械と密接な関わりを持つことで成り立っています。さらに豊かな暮らしへと発展させるため、これらの機械をシステムとしてデザインするためのエキスパートを養成します。

閉じる

電気電子物理工学科(仮称)

時代のニーズに応える電気電子工学の専門家を育成

情報通信、超LSI・コンピュータ、新材料・新エネルギー、光・半導体・量子機能デバイス、ロボット・人工知能等に関する知識・技術・能力を身に付け、スマート社会を実現する人材を育成します。

閉じる

情報工学科(仮称)

情報工学の基礎から応用まで幅広く学び、広い分野で活躍できる人材を育成

技術革新が短周期で訪れる情報系関連分野において、時流の変化にも揺るがない確固たる基盤的素養を有するとともに、最新の知識・技術を駆使して、情報通信技術革新による未来社会の創造に貢献できる人材を育成します。

閉じる

応用化学科(仮称)

多様なニーズに応える、最新の化学技術を学ぶ

化学の基礎領域(無機・有機・物理化学など)および広範な関連領域(環境化学・生化学など)を幅広く学習し、「物質を合成し、計測し、デザインする高度な能力」を身に付けた化学技術者・研究者を育成します。

閉じる

環境社会デザイン学科(仮称)

人間活動の土台となる社会の基盤を支える人材を育成

都市開発や社会インフラ整備・維持管理、環境汚染防止、防災・減災などに精通した、社会の基盤を支える技術と知識を備えた人材を育成します。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

1.高等学校までに学ぶべき事項を幅広く修得している人
2.入学後の学修において必要となる数学、理科、英語などの基礎学力を有している人
3.国際的なプレゼンテーションやコミュニケーションの能力を修得するために必要な基礎学力を有している人
4.知識を応用問題に活かすために、論理的思考ができる人
5.工学の問題に関して知的好奇心が旺盛で、自ら学ぼうとする学習意欲のある人
6.専門技術者として、グローバルな視点に立って国際社会に貢献する意欲のある人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県さいたま市桜区下大久保255
学務部 工学部係
048-858-3429
 【URL】http://engineering.saitama-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ