大学・専門パンフを取り寄せてQUOカードGET

さいたま

埼玉大学

国立大学 埼玉県

大学トップ

埼玉大学の新設情報

2018年4月、工学部は7学科から5学科へ(改組構想中)

工学部は、2018年4月に改組を予定しています(構想中)。定員数を増やし、現行の7学科を「機械工学・システムデザイン学科(仮称)」「電気電子物理工学科(仮称)」「情報工学科(仮称)」「応用化学科(仮称)」「環境社会デザイン学科(仮称)」の5学科に集約。学べる分野を広げ、専門的な知識を深めたうえで、多角的な視点を持つ人材を育成します。さらに、文理融合型の学科横断プログラム「イノベーション人材育成プログラム(仮称)」によって社会的な実践力も養います。
※内容は予定であり、変更する場合があります。

閉じる

工学の専門性を応用し、異分野の仲間と強調できる力を養う

  •  

工学に携わる者には、技術を通して社会にイノベーションをもたらすことが期待されます。その期待に応えるためには、ひとつの専門分野を体系的に、深く学ぶ必要がありますが、現在、工学に解決が期待されている課題はグローバル化、複雑化しており、専門分野に関わる知識や能力だけでは十分に対応できないケースも増えています。そうした課題を解決するために、本学では工学部を改組し、工学の専門知識・技術に加え、自然科学、情報学、人文・社会科学などに対する幅広い教養や知識を持ち、異分野の仲間と協調して問題を解決できる力を備えた技術者の育成をめざします。

工学部の詳細はこちらをご覧ください

閉じる

7学科から5学科へ。さらに広い分野を、より深く探求する

これまでの7学科を5学科に集約。さらに学科横断プログラムを設置し、高い専門性と課題解決能力を備えた人材を育成します。

●機械工学・システムデザイン学科(仮称)
「エネルギーと流れ」「情報と制御」などを中核とする専門科目やシステムデザイン関連科目を学び、自動車、産業機械・ロボットなどの設計・開発のエキスパートをめざします。

●電気電子物理工学科(仮称)
コンピュータ、光ファイバ、情報通信やソフトウェアなどに関する知識や技術を身に付け、電力エネルギー、情報通信、ナノテクノロジーなどのエキスパートをめざします。

●情報工学科(仮称)
プログラミング、データベース・知識処理、人工知能などに関する知識や能力を修得し、コンピュータシステム、情報セキュリティ、データ科学などのエキスパートをめざします。

●応用化学科(仮称)
物理化学、無機化学、有機化学、生命化学、環境化学などの専門科目を学び、無機・有機・創薬・生体材料、分析・環境、資源・エネルギーなどのエキスパートをめざします。

●環境社会デザイン学科(仮称)
構造材料、地震防災、交通計画、環境工学などを中核とする専門科目や社会デザイン関連科目を学び、都市開発、環境汚染防止、防災などのエキスパートをめざします。

閉じる

学科横断プログラムで工学的成果を社会に還元する実践力を養う

新たな工学部では、専門分野を超えた社会的課題に対応しうる科学的分析力、課題解決力、コンピテンシー能力強化のための学科横断プログラム「イノベーション人材育成プログラム(仮称)」を新設します。文理融合型教育を行う本プログラムによって、自然科学に関する幅広い知識と高い専門性に加え、社会的課題の分析・理解力、課題解決法の設計・デザイン力、および強いリーダーシップを備え、工学的成果を社会に還元できる人材を育成します。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ