×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とうきょう

東京大学

国立大学 東京都

先輩の志望理由

プロフィール

将来はICTやドローンの技術を使って農業革新に携わりたい

高木光

農学部 環境資源科学課程 4年(2020年11月時点)

受験方法:一般入試

出身高校:東京都・麻布高校

進学した大学・学部・学科

私は将来ICTやドローンの技術を使って農業革新に携わりたいと思っています。特に国際開発農学を学びたいと思い、東京大学農学部を志望します。

閉じる

きっかけ

祖父が徳島県でみかん農家をやっていて、農業や食料問題に興味がありました。1年間休職してNGOで活動した義姉の、会社を休んででも人のために働く姿勢に感銘を受け、その意欲が芽生えました。

閉じる

社会との関わり

食料問題は、農業の技術開発で解決できる部分が大きいと思っています。新しい技術を使えば農家の負担を軽減し、収穫量を増やせます。農業の基礎的な知識と革新的な技術、国際開発農学を学び、食料の生産拡大を通じて、安全で豊かな国際社会の実現に貢献できるようになりたいと思っています。

閉じる

キラリと光る大学の魅力

高校で学校の体育館の建築を見学する機会があり、建築に興味を持ったので、工学部と農学部のどちらに進むか悩んでいますが、貴学には3年生から学部を決める「進学選択」制度があるので、学びながらじっくり考えて、結論を出そうと思います。
森林風致※や都市の緑化など、建築と農学がミックスされたような学問分野にも興味があります。貴学では学部横断的な学びができるので、農学と建築の両方に関わる学問を専攻できることも魅力です。
※里山を含む森林、自然と人との関わりを研究し、森林や自然風景を楽しめるように考える学問。

閉じる

将来の展望

大学卒業後は、まずはコンサル会社などで働いて新しい知識と経験を身に付け、将来大学で学んだICTやドローンの技術を使って、世界や日本国内での農業革新に携わりたいと思っています。

閉じる

興味の幅を広げる進学選択制度

入学時に文科一類、文科二類、文科三類、理科一類、理科二類、理科三類のいずれかに入学し、1〜2年生の間は駒場地区キャンパスで語学など多様な種類の授業を履修します。3〜4年の後期課程では、学部に所属し、より専門性の高い学習・研究を行う。

閉じる

戦前からの風格のある校舎

研究室や講義室・実験室などの入った校舎、生命科学総合研究棟、フードサイエンス棟などは、戦前に建設された風格のある建物。特に3号館は、東京都選定歴史的建造物に指定されています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ