×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

ながおかぎじゅつかがく

長岡技術科学大学

国立大学 新潟県

長岡技術科学大学/工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械創造工学課程(17名)
電気電子情報工学課程(17名)
物質材料工学課程(12名)
環境社会基盤工学課程(13名)
生物機能工学課程(10名)
情報・経営システム工学課程(11名)

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経済情勢に左右されない高い水準を保つ就職率
●さまざまな制度・サポートで、スペシャリストを養成
●在学中の国際経験で、国際感覚やコミュニケーション能力を身に付ける

6課程を設置し(機械創造工学課程、電気電子情報工学課程、物質材料工学課程、環境社会基盤工学課程、生物機能工学課程、情報・経営システム工学課程)、幅広い研究が可能です。学生それぞれの興味や将来の目標に合った専攻を選ぶことができます。

【学生数】1,128名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】191名(2020年5月1日現在)
【大学院】【大学院工学研究科】
■修士課程/機械創造工学専攻、電気電子情報工学専攻、物質材料工学専攻、環境社会基盤工学専攻、生物機能工学専攻、情報・経営システム工学専攻、原子力システム安全工学専攻、システム安全工学専攻
■博士課程(5年一貫制)/科学技術イノベーション専攻
■博士後期課程/情報・制御工学専攻、材料工学専攻、エネルギー・環境工学専攻、生物統合工学専攻

機械創造工学課程

講義・学問分野

■機械情報・制御工学
計測制御、計算力学、機能性評価、制御システム工学、制御工学、シミュレーション工学
■設計・生産工学
トライボロジー、生産加工工学、機械・環境系設計工学、機械要素、精密加工・機構、結晶工学
■熱・流体工学
熱工学、雪氷工学、流体工学、燃焼学、反応性流体工学、航空流体工学、システム安全工学
■材料システム工学
耐熱材料工学、先端軽金属材料工学、材料物性工学、材料強度学、ナノ・原子レベル解析学
■創未来テクノロジー
非破壊センシング工学、エネルギー応用工学、環境プロセス工学・プロセス設計学、微細加工学、ナノバイオ工学

閉じる

電気電子情報工学課程

講義・学問分野

■電気エネルギーシステム・制御工学
パワーエレクトロニクス、電気機器、制御工学、モーションコントロール、ロボティクス、ハプティクス、高電圧工学、プラズマ理工学、パルスパワー工学、電力システム、スマートグリッド、次世代エネルギー、エネルギー変換
■電子デバイス・フォトニクス工学
半導体デバイス工学、量子デバイス工学、ナノ・マイクロシステム工学、高次機能デバイス工学、光波応用工学、テラヘルツ工学、分子エレクトロニクス工学
■情報通信制御システム工学
情報通信ネットワーク、知覚情報処理・制御、ヒューマンインタフェース・インタラクション、脳型情報処理・制御、ソフトコンピューティング、通信・ネットワーク工学、数理情報工学、知能情報工学

閉じる

物質材料工学課程

講義・学問分野

■物質機能工学
光・電子セラミックス、超分子物性化学、光・磁性材料工学、機能材料科学
■材料設計工学
高分子材料化学、分子・プラズマ物理化学、分子機能シミュレーション、有機反応設計、セラミックス構造設計
■エネルギー・環境材料工学
電気化学エネルギー変換材料、光エネルギー変換材料、環境ナノ材料、機能ガラス工学、エネルギー材料科学
■バイオ複合材料工学
バイオサステナブル環境材料工学、グリーン資源化学、ナノバイオ材料

閉じる

環境社会基盤工学課程

講義・学問分野

■社会基盤デザイン
地盤工学、交通工学、都市・社会基盤計画
■社会基盤マネジメント
鋼構造、コンクリート構造、社会システムマネジメント
■防災システム
水圏防災工学、環境防災工学、防災・復興システム工学
■環境マネジメント
地球環境工学、水圏土壌環境、資源エネルギー循環工学、地震工学

閉じる

生物機能工学課程

講義・学問分野

■生物生産工学
バイオマス利用、農業・食品分野への応用
■生物システム工学
健康を測る・守るバイオデバイスの開発、マイクロマシン・ナノマシンの医療産業への応用
■生物環境工学
自然環境・生活環境の保全技術
■生物材料工学
バイオミメティックマテリアル、バイオエレクトロニクスマテリアルの開発

閉じる

情報・経営システム工学課程

講義・学問分野

■ヒューマン情報学
認知行動科学、医用福祉工学、生体医工学、スポーツ工学、理論生命科学
■経営システム学
エネルギー・環境・経済学、経営社会学、経営戦略論、技術経営論、安全法学、ビジネスモデル論
■ソーシャル情報システム学
知能情報学、感性情報学、数理工学、国際情報基盤、知識システム、情報マイニング

閉じる

学部の特色

経済情勢に左右されない高い水準を保つ就職率

本学の卒業生は、産業界から指導的技術者として高く評価されています。企業と直接面接できる「学内合同企業説明会」には約580社の企業が参加するなど、本学に対する企業の関心は高く、就職率も高い水準を維持しています。

閉じる

さまざまな制度・サポートで、スペシャリストを養成

第一線で活躍する技術者となるため、専門分野の知識を深める「単位互換制度」や「連携大学院制度」「研究指導の委託制度」が利用できます。他大学の講義受講や学外の研究機関で研究指導が受けられます。

閉じる

在学中の国際経験で、国際感覚やコミュニケーション能力を身に付ける

技術者には、技術知識だけでなくコミュニケーション能力も必要です。本学は交換留学制度により学生の派遣や受け入れを行っています。全学生の約14%が留学生というキャンパスは、国際感覚が磨ける環境です。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

機械創造工学課程

「ものづくり」で科学技術立国をけん引する機械技術者を養成

本課程では、社会の変化をリードする新しい機械装置・システム・材料を創出するために必要な専門知識と実践的技術感覚を身に付けた技術者を養成しています。
情報化・グローバル化した社会への対応、環境問題、高齢化・福祉社会への対応、地域社会への貢献などを視野に入れ、「情報・制御」「設計・生産」「熱・流体」「材料」「融合テクノロジー」の5専門分野を中心に学びます。学習後は、実務訓練を行い、複合領域にわたる新しい社会的要請・課題に対応できる実践的で創造的な能力を有し、未踏分野を開拓し、技術革新に挑戦する次世代の機械技術者を育てます。

【授業・講義】
応用材料科学1

機械工学を学ぶ学生にとっては、やや取っ付きにくい材料科学から見た材料の講義です。複数の教員がそれぞれの専門の強みを生かして、結晶学や化学結合論、転位論、材料強度、高温酸化や水溶液腐食といった幅広い分野をオムニバス的に学習します。より深いレベルの機械設計を行うために必要となる材料学の知識を修得する「機械技術者のための材料科学」を学びます。

閉じる

電気電子情報工学課程

将来を見据えたエネルギーシステムを支える技術者を養成

本課程では、現代社会を支えるエネルギーシステムの技術者、高度情報化・効率的エネルギー・安全安心を指向した社会を支える電子・光などの複合機能を持つ先端デバイスの技術者、情報通信制御分野を中心とする先端ハード・ソフトウェアの技術者を養成します。
第3学年1学期には、電気電子情報工学分野全般に共通する必修科目、専門選択科目を修得します。2学期から、「電気エネルギーシステム・制御工学」「電子デバイス・フォトニクス工学」「情報通信制御システム工学」の3つのコースに分かれて専門科目を修得。カリキュラムはコース相互の共通の履修科目が多く、幅広く専門分野を学ぶことができます。

【授業・講義】
データベースとその応用

現代の高度に情報化した社会は、膨大なデータを蓄積、それを自在に書き換え、取り出す技術、データベースの技術に支えられています。本講義では、国家試験であるデータベーススペシャリストの出題範囲をフォローしつつ、一般的なリレーショナルデータベースからブロックチェーンまで、現代の情報社会を支えるデータベース技術について学習します。

閉じる

物質材料工学課程

最先端材料を開発できる技術者・研究者を養成

技術革新が加速度的に進む21世紀において、その成果を握る鍵は、新規な「物質・材料」の開発であることは、疑う余地もありません。本課程では、高専教育と連携した教育研究システムにより、産業の主役となる分野の材料、特にエレクトロニクス、情報通信、エネルギー変換、クリーン環境、生体、安全などの最重要分野において、最先端材料を開発できる能力を持つ技術者・研究者の育成を主眼としています。このため、原子・分子に基づく物質・材料の設計や創製の基本概念、さらに物質・材料解析法、デバイス材料、材料シミュレーションなどについて学びます。
1.先取り教育システム
2.早期研究室配属
3.実務訓練
という特徴ある3つのプログラムにより、物質・材料と機能の本質を理解できる学力と新しい物質・材料開発へと展開できる高度な応用力、さらに社会ニーズを掘り起こす 工学上の先見性を養うことができます。本課程の修了者は、物質・材料開発分野で技術革新の担い手として、活力(Vitality)、独創力(Originality)、社会奉仕(Services)のVOSマインドを持った、指導的技術者・研究者となることができます。

【授業・講義】
高分子材料工学

高分子材料は無機材料、金属材料と並ぶ代表的な有機材料の一つで、天然高分子であるセルロースや絹、汎用合成高分子であるポリエチレンやポリスチレン、エンジニアリングプラスチックとして使われる液晶ポリエステルなどその構造と種類は多岐にわたっています。この講義では高分子合成の基礎となる代表的な重合反応の概略と、生成ポリマー類を使用するにあたって重要な成形加工について学びます。

閉じる

環境社会基盤工学課程

環境に調和した社会基盤を支える技術者を養成する

本課程では、社会構造や経済活動の変化、および急速なグローバル化が進む今日において、人類の健全な社会・文化・経済活動を支える社会基盤施設を環境と調和しながら適切に計画・設計・建設・維持するための、専門学術の基礎と総合的視野を有し、グローバルな視点から、サステイナブルな社会への貢献、巨大災害への対応ができる実践的・創造的能力を備えた指導的技術者・研究者を養成しています。

【授業・講義】
地球環境学I

本講義は現在深刻化しているさまざまな地球環境問題群の全体像と相互関係を理解することを目的としています。まず生態システム、気候システムなどを含む地球システムにおける大気大循環、水循環、エネルギー循環、炭素および窒素循環のメカニズムを解説します。そのうえで人口爆発、産業活動の増大などに起因する地球温暖化、生物的多様性の喪失、水問題などの諸問題の現状と、その計測とモニタリングについて学びます。

閉じる

生物機能工学課程

社会に貢献するバイオエンジニアを養成

バイオエンジニアリング(生物工学)は、生物学と工学の融合から生まれる分野です。生物や生物由来分子の持つ構造や機能の利用は、抗生物質から面ファスナーまで我々の生活に大きく貢献しています。また、最近の生物学関連技術の発展や知識の増大は、バイオエンジニアにさらなる貢献の可能性を提供しています。
本課程は、生物や生物由来分子に関する基礎知識を与え、最新の研究に取り組む機会を設けることにより、急務とされる環境・エネルギー・医療問題の解決に貢献するバイオエンジニアを養成しています。

【授業・講義】
生物機能工学概論

本課程には15の研究室があり、所属する教員の専門分野は、生化学、生物物理、酵素工学、微生物工学、生物材料、糖鎖工学、植物工学、iPS細胞、生理工学、脳神経、動物生態など多岐にわたります。本講義では、各教員が自分の専門分野に関する研究や技術などについてオムニバス形式で講義し、生物に関するさまざまな研究分野の概要を学びます。今後より専門的に学んでみたい研究分野や研究室選びの参考にするための講義です。

閉じる

情報・経営システム工学課程

情報技術と経営知識を身に付けた技術者を養成

本課程は、学部、大学院という一貫した期間を通じて、現場の要求に合った内容を学びます。経営に関する基盤知識、高度な情報技術を活用した経営システムの開発などについて学べるようカリキュラムが工夫されています。
重要課題を「ヒューマンウエア:人と情報システムとのインタラクションを支えるしくみ」とし、人間・産業・社会の観点から、情報科学と経営学の融合領域研究を分類する3つの大講座を編成しています。人間情報に関するシステム要素を研究する「ヒューマン情報学」、産業経営に関するシステムを研究する「経営システム学」、社会情報に関するシステムを研究する「ソーシャル情報システム学」により、情報社会で情報技術を駆使したマネージメントの実践と経営システム、それを支える情報システムの改革を継続して担うことのできる技術者を養成します。

【授業・講義】
ヒューマンインタフェース工学

一般に、インタフェースとは何かと何かの間のことです。よってヒューマンインタフェース(HI)とは人間と「何か」の間を指します。私たちは常に周囲の環境と情報のやりとりをしています。人間の情報処理をよく知ったうえで、工学的にHIを設計することは、人間と「何か」の自然な関係性を実現するために有効な手段です。本講義では、人間の認知的特徴に注目しつつ現在のHI技術を理解し、将来展望を持つことをめざします。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟県長岡市上富岡町1603-1
入試課
TEL.(0258)47-9271・9273
 【URL】http://www.nagaokaut.ac.jp/j/gakubu/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ