ながおかぎじゅつかがく

長岡技術科学大学

国立大学 新潟県

長岡技術科学大学/工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

工学課程〈機械工学分野、電気電子情報工学分野、情報・経営システム工学分野、物質生物工学分野、環境社会基盤工学分野〉(80名)
※2022年4月改組

所在地

1~4年:新潟

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経済情勢に左右されない高い水準を保つ就職率
●さまざまな制度・サポートで、スペシャリストを養成
●在学中の国際経験で、国際感覚やコミュニケーション能力を身に付ける

5つの工学分野(機械、電気電子情報、情報・経営システム、物質生物、環境社会基盤)を設置し、幅広い研究が可能です。学生それぞれの興味や将来の目標に合った専攻を選ぶことができます。

【学生数】1115名(2021年5月1日現在)
【専任教員数】192名(2021年4月1日現在)
【大学院】【大学院工学研究科】
■修士課程/工学専攻、システム安全工学専攻
■博士課程(5年一貫制)/技術科学イノベーション専攻
■博士後期課程/先端工学専攻

工学課程〈機械工学分野、電気電子情報工学分野、情報・経営システム工学分野、物質生物工学分野、環境社会基盤工学分野〉※2022年4月改組

講義・学問分野

閉じる

学部の特色

経済情勢に左右されない高い水準を保つ就職率

本学の卒業生は、産業界から指導的技術者として高く評価されています。企業と直接面接できる「合同企業研究会」には約500社の企業が参加するなど、本学に対する企業の関心は高く、就職率も高い水準を維持しています。

閉じる

さまざまな制度・サポートで、スペシャリストを養成

第一線で活躍する技術者となるため、専門分野の知識を深める「単位互換制度」や「連携大学院制度」「研究指導の委託制度」が利用できます。他大学の講義受講や学外の研究機関で研究指導が受けられます。

閉じる

在学中の国際経験で、国際感覚やコミュニケーション能力を身に付ける

技術者には、技術知識だけでなくコミュニケーション能力も必要です。本学は交換留学制度により学生の派遣や受け入れを行っています。全学生の約14%が留学生というキャンパスは、国際感覚が磨ける環境です。

閉じる

学べること

工学課程〈機械工学分野、電気電子情報工学分野、情報・経営システム工学分野、物質生物工学分野、環境社会基盤工学分野〉

複雑化・高度化する課題に対応し、新たな産業分野を創出・けん引できる技術者を育成

【機械工学分野】
●世界に冠たる「日本の技術力」の根幹
機械工学は、日本が世界に誇る「ものづくり」のベースであり、科学技術立国を掲げる我が国において、これからも重要となる学問領域です。科学技術の発展につれ機械工学が担う役割は多様化し、機械技術者には幅広い知識と柔軟な対応能力が求められています。機械工学分野では、社会的要請が強い5分野(情報・制御、設計・生産、熱・流体、材料、融合テクノロジー)の基礎と応用を、主体的、実践的に学べます。

【電気電子情報工学分野】
●産業と技術革新の基盤づくりに貢献する
電気電子情報工学分野は、電気エネルギー・制御工学、電子デバイス・光波制御工学、情報通信制御工学の3コースがあります。IoT時代を支える電子機器は先端電子デバイスで構成され、そこに電力が供給され、そして高度な制御プログラムで動かされています。その全てを学ぶことができるのが電気電子情報工学分野の特長です。基礎的な科目から高度な専門科目までを系統的に学ぶことができるカリキュラムを編成し、実践的技術者教育を行います。

【情報・経営システム工学分野】
●世界を紡ぐ「情報・経営」を学ぼう
新型コロナウイルスの世界的大流行は、我々の住む「グローバル社会」の脆弱性を露呈させました。その一方で、今ほどビッグデータの統計分析や数理モデル・AIによる疫学的予測の重要性が示されたことは過去にはありませんでした。さらに、テレワークの普及を含む“新しい生活様式”は、情報技術に下支えされた数多くの新たなビジネスを生み出しました。サイバー空間に国境はありません。情報・経営システム工学分野では、今まさに大きな変革期を迎えた世界を紡ぐ実践的な技術と知識を学びます。

【物質生物工学分野】
●物質生物工学で未来社会の課題解決に挑戦
物質生物工学分野では、限られた種類の原子や化合物を元にして人工的に新たな材料を創り出すアプローチと、複雑系で多様・多階層なシステムである生物の機能を工学的に活用するアプローチの両者を融合・実践することで、未来社会の課題解決をめざします。本分野では、資源活用工学講座、生体環境工学講座、材料創成工学講座の3つの講座を設け、社会から要請されるさまざまな課題の解決に挑戦します。

【環境社会基盤工学分野】
●レジリエントかつサステナブルな社会の発展を担う工学分野
地球環境の保全や自然との共生を図り、自然災害などから国民の生命と財産を守って、幸せな社会を持続的に発展させることを目的とします。人類の健全な社会・文化・経済活動を支える種々の社会基盤施設を、環境との調和を図りつつ適切に計画・設計・建設・維持し、総合的およびグローバルな視点からサステナブルな社会をめざし、なおかつ巨大災害に対応するための工学分野です。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】新潟県長岡市上富岡町1603-1
入試課
TEL.(0258)47-9271・9273
 【URL】https://www.nagaokaut.ac.jp/toiawase/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ