学校パンフ取り寄せで図書カードGET

やまなし

山梨大学

国立大学 山梨県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科(55名)
電気電子工学科(55名)
コンピュータ理工学科(55名)
情報メカトロニクス工学科(55名)
土木環境工学科(55名)
応用化学科(55名)
先端材料理工学科(35名)

所在地

1~4年:甲府キャンパス

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●地球の未来を考えるエンジニアの育成
●基礎学力を身に付ける手助けをする「共創学習支援室(フィロス)」
●優れた教育・研究環境

専門技術を身に付けるために必要な数学・物理などの工学基礎科目を学び、コミュニケーション能力・専門英語能力養成科目とエンジニアリングデザイン能力を養い、産業界の期待に応えることのできる実践的能力を身に付けた優れたエンジニアを育成します。

【キャンパス】甲府キャンパス
【学生数】1674名(2017年5月1日現在)
【大学院】大学院医工農学総合教育部(工学専攻)/修士、大学院医工農学総合教育部(工学専攻)/博士

機械工学科

講義・学問分野

材料力学、機械力学、熱力学、流体工学、振動工学、制御工学、要素設計・機構学など

閉じる

電気電子工学科

講義・学問分野

電磁気学、電気回路、電子回路、量子力学、マテリアルサイエンス、電子デバイス、情報通信、電気エネルギー、計測センシング工学、システム制御、プログラミングなど

閉じる

コンピュータ理工学科

講義・学問分野

プログラミング、アルゴリズムとデータ構造、計算機アーキテクチャ、OS、コンピュータネットワーク、データベース、CG、ソフトウェア工学、感性情報工学、組込みシステム、AIなど

閉じる

情報メカトロニクス工学科

講義・学問分野

材料と力学、機械要素、科学の作法、工学実習、信号とシステム、プログラミング入門、運動の力学、アナログ回路、組み込み設計、工学実験、デジタル回路、工学演習、機械加工学、コンピュータ制御など

閉じる

土木環境工学科

講義・学問分野

土木材料・力学一般、構造工学、地震工学、地盤工学、水工水理学、交通工学、国土計画、土木環境システム

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

有機化学、無機化学、分析化学、物理化学、高分子化学、固体物性、化学工学、機器分析、応用化学実験など

閉じる

先端材料理工学科

講義・学問分野

固体物理学、基礎材料化学、半導体デバイス工学、無機材料工学、有機材料工学、電磁気学、量子力学、量子光学、表面科学、結晶科学、化学反応論、物理学実験、化学実験など

閉じる

学部の特色

2012年より7学科体制へ

地球の未来を考えるエンジニアの育成

現代は地球の有限性を考え、持続可能な社会を実現する技術の創出が求められる時代です。本学部は、「未来世代を思いやるエンジニアリング教育」をキャッチフレーズとして掲げ、広い教養と深い専門性を身に付け、豊かな想像力とすぐれた判断力を備えた将来を担う工学系技術者を育成します。

「思いやり」が独りよがりに陥ってしまっては、他の迷惑になることは言うまでもありません。人類の歴史や社会の構造に対する理解と、透徹した思考と、他者との継続的なコミュニケーションによって初めて、意味のある「思いやり」となります。そのために、本学部では、工学の専門科目だけではなく、工学を社会に生かすための学問、教養教育の科目群も積極的に学びます。

閉じる

フィロスでの学習風景

基礎学力を身に付ける手助けをする「共創学習支援室(フィロス)」

充実した基礎学力を身に付けるための手助けをするのが、学生たちが集まる学びの場である「共創学習支援室(フィロス)」。
数学、物理学など基礎科学を専門とする教員が日常的に学びをサポート。また、早くからより進んだ工学研究に触れる場としての「キャリアハウス」や、反転授業などのアクティブラーニング手法、PBL(Project Based Learning)ものづくり実習などの意欲的な教育実践を展開しています。これらを通じて、新しい発見をする喜びや創る楽しみを体験し、自ら学びとる学習スタイルを身に付けます。

閉じる

燃料電池ナノ材料研究センター

優れた教育・研究環境

本学は、工学系の関連研究施設としてクリーンエネルギー研究センター、クリスタル科学研究センター、燃料電池ナノ材料研究センター、国際流域環境研究センター、地域防災・マネジメント研究センター、ものづくり教育実践センターを設置しています。各センターでは、各学科の研究室とともに最先端の研究が展開されています。

本学部生の多くは大学院へ進学します。国が推進する博士課程教育リーディングプログラムに選定されたグリーンエネルギー変換工学特別教育プログラムなど、高度な研究をめざす意欲ある学生たちにとって、申し分のない優れた教育・研究環境を提供します。

閉じる

学べること

機械工学科

ものづくり技術から最先端技術と、多様な学問を学び、未来のエネルギー産業を担う

自動車、鉄道、航空機、船舶等の輸送機械、医療・福祉機器、太陽、地熱、水力、風力等の自然エネルギーや原子力・火力等のエネルギー産業を支える機械技術を学ぶことができます。

閉じる

電気電子工学科

人と環境との調和を支える、電気電子技術の次世代を担う

電気・電子回路、電磁気などの基礎と半導体デバイスや電気電子工学実験を学び、巨大な電力ネットワークシステムや高速情報通信、産業機械や交通機関の動力源ならびにこれらを制御している機器・電子・光デバイスを開発するエンジニアになる技術と知識を身に付けます。

閉じる

コンピュータ理工学科

情報システムの仕組みを学び、高度情報化社会を担う

現代社会の中枢を支える情報科学と基盤技術が学べます。Society5.0を実現するサービスの設計開発や先端マルチメディアコンテンツの制作、情報ネットワークシステムの構築・運用などができるようになります。また、感性情報や組込みシステムなど次世代の高度情報化社会を支える科学と技術を学ぶことができます。

閉じる

情報メカトロニクス工学科

複数の学問領域(機械・電気・情報)を学び、ロボットや機械を動かす知識・技術を身に付ける

家電製品や自動車を制御する製品を、多くの技術者と協働して設計開発するために必要な、機械、電気、コンピュータの統合的な知識と技術、協働開発に必要なスキル、開発工程全体を見渡す能力を身に付けます。

閉じる

土木環境工学科

土木と環境工学を学び、環境に優しく災害に強い快適な社会を支える

土木工学と環境工学に関する広い基礎知識・技術を併せ持ち,環境と調和した社会基盤の整備・管理,災害に強い安全な国・地域づくり,快適で環境に配慮したまちづくり,生活環境の充実,自然環境の保全など持続可能な社会基盤の構築に貢献するエンジニアを養成します。

閉じる

応用化学科

次世代の新素材・高機能物質やクリーンエネルギー開発、環境問題に取り組む専門技術を学ぶ

物理化学、有機化学、無機化学などの一般的な化学系科目に加え、量子化学や電気化学といった専門性の高い講義や演習・実験により、化学的手法に基づく新素材・高機能物質とクリーンエネルギー開発の基礎知識と実験技術や、材料物性の解析法、環境分析に関する技術を身に付けることができます。

閉じる

先端材料理工学科

人類が未だ手にしたことのない物質を設計し新たな機能を創り出せる人材をめざす

原子・分子レベルの操作によって新たな物質を設計し、これまでにない新機能を創り出すことを目的とした、物理学と化学の融合領域を学びます。そして、エレクトロニクス、新エネルギー、環境、医療、情報などにおける最先端機器に欠かせない先駆的材料開発を行える能力を習得します。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部の求める資質・能力・人物像

工学部では、「未来世代を思いやるエンジニアリング教育」をキャッチフレーズとして掲げ「広い教養と深い専門性をもち豊かな想像力と優れた判断力を備えた将来を担う工学系技術者を養成する」ため、工学技術者となって社会に貢献しようとする意志を持ち、積極的な学習意欲、基礎的学力、論理的思考力・表現力などを有する人を求めています。

閉じる

入学前に学習しておくことが期待される内容

高等学校で学ぶ数学、理科、英語、国語、社会の内容を十分に理解していることが必要です。希望する学科の専門に関連する内容を理解するだけでなく、自分の言葉で他者とコミュニケーションする素養を持つことを期待しています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ