×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

えひめ

愛媛大学

国立大学 愛媛県
●2020年4月、教育学部を改組

社会共創学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

産業マネジメント学科〔産業マネジメントコース、事業創造コース〕(70名)
産業イノベーション学科〔海洋生産科学コース、紙産業コース、ものづくりコース〕(25名)
環境デザイン学科〔環境サステナビリティコース、地域デザイン・防災コース〕(35名)
地域資源マネジメント学科/農山漁村マネジメントコース(地域資源マネジメント学科全体で50名)
地域資源マネジメント学科/文化資源マネジメントコース(地域資源マネジメント学科全体で50名)
地域資源マネジメント学科/スポーツ健康マネジメントコース(地域資源マネジメント学科全体で50名)

所在地

1~4年:愛媛

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学びたいことはすべてここにある!文理融合の多彩な教育の展開
●キャンパスは地域社会!「実践」プログラムでチカラを育む
●地域を導く即戦力に!学部独自の徹底的なキャリア教育

多様化する地域の課題解決には、文系的な思考方法、理系的な思考方法の両方が必要になります。社会共創学部では、 文系理系のさまざまな専門分野を学び、フィールドワークやインターンシップなど、地域の人々との協働を通して、課題解決思考力・サーバントリーダーシップを発揮する人材を育成します。

【キャンパス】城北キャンパス
※産業イノベーション学科海洋生産科学コースは3年次から愛媛大学南予水産研究センター(愛南町)、同学科紙産業コースは3年次から愛媛大学紙産業イノベーションセンター(四国中央市)がキャンパスになります。
【学生数】772名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】55名(2020年5月1日現在)
【大学院】■人文社会学研究科〔修士課程〕産業システム創成専攻(経済・経営コース/環境・資源マネジメントコース)

産業マネジメント学科〔産業マネジメントコース、事業創造コース〕

講義・学問分野

<各コースの主な専門力育成科目> ※2年次にコース分属
●産業マネジメントコース:ミクロ経済学I・II、数理的思考、地域産業論、情報処理論、情報産業論、産業立地論、プログラミング、数理経済学、情報経済論 など
●事業創造コース:組織デザイン論、生産管理論、地域・中小企業家論、会計学原理I・II、ビジネスファイナンス、意思決定会計、ビジネスプランニング など

閉じる

産業イノベーション学科〔海洋生産科学コース、紙産業コース、ものづくりコース〕

講義・学問分野

<各コースの主な専門力育成科目> ※2年次にコース分属
●海洋生産科学コース/水族生理学、水産社会学、水産経済論、水産生物学、養殖学、養殖環境保全学、水産生物環境学、海洋生産科学 I・II、海洋生産科学セミナー I・II、次世代水産イノベーション論 など
●紙産業コース/製紙技術論、紙加工技術論、分析化学 I・II、有機化学、製紙化学工学、科学英語 I・II・III・IV、木質高分子化学、紙産業セミナー I・II、紙産業基礎演習 など
●ものづくりコース/微積分、線形代数、基礎電磁気学、工業力学、材料力学、CAD製図、材料と加工、ものづくり設計、ものづくり実習、制御工学、CAE基礎および演習 など

閉じる

環境デザイン学科〔環境サステナビリティコース、地域デザイン・防災コース〕

講義・学問分野

<各コースの主な専門力育成科目> ※2年次にコース分属
●環境サステナビリティコース/環境ガバナンス論、環境修復学、生物多様性保全学、環境統計学、地理情報システム学、環境マネジメント論、環境経済学、水域環境保全、応用地球科学、自然社会環境学 など
●地域デザイン・防災コース/国土形成史、景観デザイン、公共ガバナンス論、防災情報社会学、社会資本の整備と運用、防災マネジメント学、地域防災実践学、住民参加と合意形成、自然災害学 など

閉じる

地域資源マネジメント学科/農山漁村マネジメントコース

講義・学問分野

<主な専門力育成科目>
農山漁村概論・基礎編、地域連携実習 I・II、農山漁村概論・展開編、農山漁村調査演習、農山漁村実習 I・II・III、農山漁村課題研究、地元学、農山漁村社会学、水産社会学、農林漁業団体論、農業構造論、森林・林業概論、水産経済論、農山漁村と世界の未来、農山漁村の国際比較 など

閉じる

地域資源マネジメント学科/文化資源マネジメントコース

講義・学問分野

<主な専門力育成科目>
文化資源マネジメント論、地域構想論演習 I・II、文化資源活用論演習 I・II、都市景観論演習 I・II、観光文化論演習 I・II、文化遺産論演習 I・II、地域分析論、都市景観論、文化遺産論 I・II、観光文化論、文化資源活用論、地域構想論、環境文化論、観光コミュニケーション論、歴史文化論 など

閉じる

地域資源マネジメント学科/スポーツ健康マネジメントコース

講義・学問分野

<主な専門力育成科目>
スポーツ健康マネジメント概論 I・II、救急処置、スポーツ健康生理学、スポーツ指導演習、健康医学論、スポーツ健康情報処理演習、身体活動疫学、地域スポーツ演習 I・II、身体情報学、スポーツと社会、スポーツと健康、身体活動と公衆衛生、運動器障害の予防と対処法、スポーツ資源とサスティナブル・プロジェクト、スポーツ健康医学演習 I・II など

閉じる

学部の特色

学びたいことはすべてここにある!文理融合の多彩な教育の展開

社会共創学部では、高等学校までの文系・理系に分かれた学びではなく、学部内のさまざまな学科・コースが展開するカリキュラムを通じて、文系・理系の両方から社会共創の基礎となる知識や理論を学びます。このため、さまざまな研究のバックグラウンドを持つ50名を超える教員スタッフが、多様な授業を展開していきます。
各学科の履修コースは、「産業マネジメント学科」「産業イノベーション学科」「環境デザイン学科」においては、原則として1年次終了時に履修コースの希望調査を行い、履修コースを決定します。「地域資源マネジメント学科」においては、履修コースごとに有する専門性の特徴から、入学直後に履修コースを決定します。

閉じる

実践によって社会で求められる能力「社会共創力」を養う

キャンパスは地域社会!「実践」プログラムでチカラを育む

キャンパス内で学んだ知識や理論を、フィールドワーク、インターンシップなどの授業で、地域を舞台に実践します。フィールドワークでは、学科や学年の垣根を越えた仲間たちと、地域の人々と協働するチームラーニングを実践します。インターンシップでは、愛媛県内のさまざまな企業・団体・自治体等と連携し、就労現場を体感します。このようにして、「課題解決思考力」、「サーバントリーダーシップ」など、社会で求められる能力(社会共創力)を身に付けます。
また、地域社会との共同活動を通して、実践的な知識・技能を身に付けることができる正課外で行われる各種活動もあります。このような活動への参加は自由意志によるものですが、多くの学生が参加し、地域と共に課題解決に向けて精力的に活動しています。

閉じる

地域を導く即戦力に!学部独自の徹底的なキャリア教育

社会共創学部のカリキュラムには、地域の人々と協働し、社会共創の基礎的知識と就業力を段階的に学ぶ環境が整えられています。社会で働くための視点や素養が日常的に磨かれ、地域社会が求める人材となれることが社会共創学部最大の強みです。
キャリア形成の正規の授業科目として、2年次には必修科目の「インターンシップ入門」を開講しています。就労現場を体感し、働く意味や意義を考えることを目的とします。授業は、事前指導などを行ったあとに、企業、団体などにおける実習(夏季休業中の2日間)をグループ単位で行います。また、実習後の事後指導で、これからの学びやキャリアを考えます。
3年次以降には、選択科目の「インターンシップ実践」「インターンシップ応用」が開講されます。自分の希望進路を踏まえた就労現場で、より実践的な就労体験をすることができます。これらの授業科目を通して自分自身のキャリア意識が形成されます。

閉じる

学べること

初年次プロジェクト演習でのグループワーク

産業マネジメント学科〔産業マネジメントコース、事業創造コース〕

企業や地域を盛り上げる人材を育成

地域経済を構成する企業・住民・自治体などの要素と、企業を構成するヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源について学ぶと同時に、これらを実社会で適切にマネジメントする能力を養うために、地域産業や地域企業と連携して各種プロジェクトの実践を行います。これらの教育を通じて、企業・組織を共に盛り上げ、事業を共に革新する人材を育成します。

●産業マネジメントコース
地域産業および経済・情報に関する科目を中心に履修し、そこで身に付けた知識・能力を活かして実践フィールドに赴き、地域産業の課題解決を実践するマネジメント力を身に付けます。
●事業創造コース
マネジメントおよび会計・財務に関する科目を中心に履修し、さらに実践的な能力を育成するために地域のステークホルダーと協働することにより、新事業の構想・創出に関わる知識と実践力を身に付けます。

【授業・講義】
初年次プロジェクト演習

「初年次プロジェクト演習」は産業マネジメント学科1年次の必修科目で、入学後最初に受講する実践力育成科目です。
この授業は、地域のステークホルダーである企業や自治体などから実際に直面している課題を提示してもらい、それに対して解決策を提案するというプロジェクトを実行する科目です。6名程度ずつのグループを編成し、グループワークを通じてまとめたチームとしての提案を地域のステークホルダーに向けてプレゼンテーションします。
この授業を通じて、社会で働くために必要な力と自分の力とのギャップを認識することになるでしょう。

閉じる

特色ある各コースの学び

産業イノベーション学科〔海洋生産科学コース、紙産業コース、ものづくりコース〕

「現場密着型教育」で実践力を養う

農学系・工学系の学問領域を踏まえた新たな教育体系をベースとし、愛媛県の特色でもある水産業・紙産業・ものづくり産業を中心とした教育を通じ、日本の産業社会において、技術・技能、経営に関して改善提案できる、未来の産業を切り拓く人材を育成します。

●海洋生産科学コース
水産に関わる「生命科学・環境科学・社会科学」の専門領域を踏まえ、それらを超えた、幅広く高度な海洋生産科学の理論と実践を学びます。特に、愛媛県南予地域でのフィールドワークやインターンシップ、および実験・実習を系統的に行い、地域水産業の諸課題を解決に導く実践的な能力を身に付けます。
●紙産業コース
製紙技術論等の「技術」に関する科目と、マネジメントやマーケティング等の「技術経営」に関する専門的科目を学ぶとともに、紙や紙産業の現場を理解するために企業見学や実習を多く取り入れ、自らの「五感」を使った学習を通じて紙製品の製造や経営に関する実践力を身に付けます。
●ものづくりコース
設計、加工、メカトロニクスなどの専門科目と、それに対応した実験・実習・演習を学びます。それに加えて地域産業の技術課題の解決を試みる課題解決型学習を行うことで、設計・製造からマーケティングまでを一貫して考える実践的な技能を身に付けます。

《写真》
A:南予水産研究センター(海洋生産科学コース)
B:紙産業イノベーションセンター(紙産業コース)
C:ステークホルダー訪問による課題の聞き取り(ものづくりコース)
D:基礎化学分析実験の様子(紙産業コース)

【授業・講義】
プロジェクト基礎演習

プロジェクト演習は、地域のステークホルダーと協働して問題解決に取り組む科目です。2年生後学期から「プロジェクト基礎演習」として始まり、3年生前後学期にそれぞれ「プロジェクト実践演習」、「プロジェクト応用演習」と1年半という長期間で個人またはグループで課題に取り組みます。

●ものづくりコース
プロジェクト基礎演習は、さまざまなステークホルダーと交流し、課題を見つけ、その解決方法について企画書作成までを実施しています。何より難しいことは、課題を設定することです。2年次ではまだ深い専門知識は身に付いていません。そのため、学生自身が「課題を解決できるのだろうか」と心配して前に踏み出す勇気がなく、課題が設定できない状況でした。そこで、課題が簡単に解決できないから問題となっていることに気付かせ、考えること、行動すること、失敗して経験を積むこと、高い成果を追求しないこと、解決の方策を生み出す一連の流れを経験することをしっかり伝え、そのことが理解できたとき、学生らは殻を少しずつ破り始め、目が輝き、活発な行動へと転身していきました。

●紙産業コース
紙産業コースのプロジェクト系科目では、新しい紙製品の提案・製造を目標とし、抄紙や分析に関する基礎技術の習得から始まり、既存紙製品の調査、紙製品の設計へとステップアップしていきます。

最初の科目となる「プロジェクト基礎演習」では、製品作りの基礎となる紙抄きと化学分析に挑戦しました。紙抄きや化学分析では、原料の測り方から仕込み方、紙の抄き方または分析方法に至るまで、同じように作業を行わないと結果がばらついてしまうため、常に、作業の意味を考えながら行動することが必要です。この実習を通じて、安定して製品を作ることや分析することの難しさを体感することで、実際の製造現場での取り組みの意味や重要さをより理解することができます。

3年次には活動拠点を四国中央市に移し、製紙や紙加工の現場で紙製品の製造技術や新製品へのニーズを学びつつ、求められる紙製品を生み出すための技術や思考力を更に高めていきます。

●海洋水産科学コース
海洋生産科学コースのプロジェクト系科目では、水産養殖が盛んである愛媛県南予地域を中心に、水産業が果たす役割と問題点について考え、実習で体験した実学知識をもとに改善策を自ら考案することを目標としています。

本コースのプロジェクト基礎演習は、愛南町南予水産研究センターでの集中講義として実施しています。水産の基礎となる、魚類を用いた実習では、生魚から血液等の採取や血液成分の測定などを行い、魚類の生理学特性について学んでいきます。また、魚類を実際に自ら解剖し、外観、内臓および骨格を体感しながら詳細にスケッチを行うことで、魚類の生物学的な知識を深めていきます。さらに、愛南町を中心に活動しているステークホルダーと、講演会などを通じて交流することにより、水産業の役割や問題について学びつつ、地域水産業の諸課題解決に導く実践的な能力を身に付けていきます。

閉じる

環境デザイン論の授業で行う地質調査

環境デザイン学科〔環境サステナビリティコース、地域デザイン・防災コース〕

自然環境と社会環境の総合的デザインを実践的に学ぶ

自然科学と社会科学の両方を含んだ文理融合教育の下、自然環境や社会環境の総合的デザインに関わる実践的な知識や技術に基づいて、地域社会が抱える危機を捉え、人と自然が共生する持続可能な地域社会を共に築き上げる人材を育成します。

●環境サステナビリティコース
自然環境に関わる各種専門分野の知識・技能の横断的・実践的な学修を通じて、さまざまな観点から自然環境と社会との関係性を考察できる多面的な探求力、多様な関係性の中から重要な課題を発見できる課題発見力、その解決に向けた道筋をデザインできる構想力、そして、その道筋を地域社会の文脈に即して活かすことのできる実践力を身に付けます。
●地域デザイン・防災コース
まちづくりや地域防災の現場実務に学生自らが参画し、そこでの活動を通じて実践的な知と技能を養う実践的教育を推進します。それとともに、関連する社会科学諸分野の専門教育を通じて、地域が抱える諸問題の総合的な解決に資するデザイン能力と政策マネジメント能力を身に付けます。

【授業・講義】
環境デザイン論

私たちの暮らしは、自然環境と社会基盤という大きく分けて2つの環境に向き合い、支えられています。「自然環境」とは、空気・水・土壌を基盤要素とする森林・草地・河川・湖沼・河口域を含む流域生態系と沿岸生態系のことです。「社会基盤」とは、歴史や文化から経済、電気・ガス・水道や土木施設などに至るまで、人々が生活を営むうえで必要な社会の基盤として機能し得るものを指します。
本授業では、都市地域、農村地域、災害地域、環境汚染地域、公害地域といった多様な地域における環境デザインの事例や、公共施設や社会基盤施設の整備、環境デザインの事例について学びます。地域課題の複雑性、問題解決までの困難さを理解したうえで、対立構造にある環境デザイン事例についてディベートを行い、環境デザインの理解を深めるとともにコミュニケーション能力を養います。

閉じる

地域資源マネジメント学科/農山漁村マネジメントコース

将来の農山漁村の振興を担う即戦力を育成

農山漁村地域は、人口減少と高齢化、第一次産業の衰退、およびそれらに伴う集落や地域社会の弱体化が進行しています。そうした地域では新たな地域社会を構築する柔軟な人材の登場が望まれています。
本コースでは、農山漁村地域を中心に自然資源や農林水産資源の活用、暮らしや生活に根ざす技術と知恵の掘り起こし、および「地域社会の再評価」、「都市と農山漁村の交流」、「地域資源を活用した起業」などについて学びます。特に、長期の現場実習やフィールドワークを通して現場実践力を養い、将来の農山漁村を担う人材を育成します。

【授業・講義】
プロジェクト基礎演習

農山漁村において実践型プロジェクトを企画・運営し、その成果をもとにPDCAサイクルを行います。この体験を通して、学生は地域社会での企画力、実践力、コミュニケーション力を身に付け、自身のキャリアアップにつなげることができます。

農山漁村マネジメントコースでは、4人の教員が分担してプロジェクトを企画しています。学生はいずれかを選択し、「プロジェクト基礎演習」(2年次第3Q)、「プロジェクト実践演習」(3年次第2Q)、「プロジェクト応用演習」(3年次第3Q)を通して一貫性のある展開に携わります。


●実践例:「地域運営協議会」の設立に関わる

「久万高原町面河地区における『地域運営協議会』設立のための調査・検討」を紹介します。

面河地区は、愛媛県内でも過疎・高齢化が最も進んでいる地区です。さらに、平成の大合併によって、2004年に面河村から久万高原町の一部となり、行政サービスの低下や予算の削減が懸念されてきました。このような状況に対応するため、住民が自分たちの暮らしを自主的に考え、活動を企画し、実践していくための組織「地域運営協議会」の設立が模索されています。2017年度はそのための準備会を住民有志14名で設立し、設立の検討を行っているところです。

本科目では、「面河地区地域運営協議会設立準備会」(以下「準備会」)とともに活動し、その中で実施していく調査・検討に関わることとしました。今回は準備会全体との関わりも持ちながら、主に交通部会で実施した交通空白地帯の調査を担いました。

面河地区では、バスなどの公共交通機関のない場所があり、そこにも独居者や高齢者のみの世帯があります。中には自家用車を所有していない方もおり、買い物や通院をどのように行っているのかの生活実態と、交通を支援する取り組みがあれば利用するかどうかの意向を調べることとしました。

地区の状況を準備会の際に伺ったうえで、準備会の下部組織である交通部会に参加し、具体的な調査内容について詰めました。それをもとに、学生が具体的な調査票を作成しました。この調査票に基づき、交通部会に属する住民の方々と手分けをして聞き取り調査を行いました。

合計で38件の高齢者世帯が交通空白地帯にあり、そのうち河の子集落を本コースの学生が調査しました。

閉じる

観光まちづくりの先進地で理論と実践を学ぶ「観光文化論演習」

地域資源マネジメント学科/文化資源マネジメントコース

地域の文化資源を発見・探究し、活用できる人材を育成

都市や農村で生じる課題に対して、地域のさまざまな文化資源を掘り起こし、文化を活かしたまちづくりに注目が集まっており、これからの地域社会では、地域文化の保存・継承・活用と連動した地域振興や観光振興の取り組みが求められています。
本コースでは、歴史的な文化遺産の発掘や保存に関わる「文化遺産領域」、都市や農村の文化を観光に活かす「観光文化領域」、地域文化をまちづくりに活用する「まちづくり領域」の3領域から学びます。各領域では、大学外でのフィールドワークなどの実習に参加し、実践的な技術を身に付けます。

【授業・講義】
観光文化論演習

文化を活かした観光とまちづくりの関係性について学ぶ講義です。街並み観光、産業観光、スポーツツーリズム、国際観光、グリーンツーリズムなど、観光者や観光地の立場からディスカッションします。講義のまとめでは、実際に文化観光の先進地に赴いて学びます。

閉じる

多様なフィールドでの実践活動を重視

地域資源マネジメント学科/スポーツ健康マネジメントコース

スポーツの活性化と健康保持増進を担う人材を育成

愛媛県では、人口減少および少子高齢化が進み、住民の体力向上・健康づくりのための機会の減少が生じるなど、多くの地域課題を抱えています。そのため、スポーツは地域社会再生の糸口として期待されています。
本コースでは、地域の子どもから高齢者、障がい者を対象とした講義、実技科目に加え、自治体等が行うスポーツプロジェクトへの参加など、多彩な活動を展開します。また、この活動を通して、課題を発見・解決する実践的能力([1]スポーツの実践的指導力、[2]人々の健康な暮らしを創るマネジメント力、[3]サーバントリーダーシップ)を身に付けます。

【授業・講義】
地域スポーツ演習 I

スポーツを地域に根付かせていくためには、単発的なスポーツイベントの開催だけではなく、継続的な地域スポーツ活動、いわゆるスポーツ少年団や総合型地域スポーツクラブ等の地域スポーツ団体の活動の充実が必要不可欠です。日本各地や愛媛県内の市町村においても、各種スポーツ教室、スポーツ支援団体、総合型地域スポーツクラブが創設され、活性化に向けて地域と連携しながら活動しています。しかし、地域と連携し効果を上げるような成功事例がある一方で、継続的な取組が定着しないという失敗事例も少なくありません。また、各種団体を創設したものの、地域に密着し継続的にマネジメントしていく難しさに直面している例も少なくなく、「運営の継続」が課題として挙げられています。

そこで本授業では、地域スポーツ(スポーツ団体、シニア愛好家チーム、総合型地域スポーツクラブなど)の活動を取り上げ、成功事例・失敗事例から学び、運営方法や活動内容の概略を理解するとともに、大学生として必要な論理的思考能力や表現能力(文書、口頭)を身に付けて行くことを目的としています。

具体的には、愛媛大学総合型地域スポーツクラブでの活動を軸として、各種教室の運営、教室活動での実際の指導、さらには総合型地域スポーツクラブ自体のマネジメントや経営方法を体感します。現場での貴重な経験から、「少子高齢化」、「過疎化」、「市町村合併によって希薄化したコミュニティ」などの地域の課題を解決に導く糸口を考え、スポーツ科学的観点からの研究の進め方等を身に付けていきます。

閉じる

アドミッションポリシー

社会共創学部のアドミッションポリシー

社会共創学部では、次のような資質や能力を持った学生を求めます。
[知識・実技]
1. 高等学校で履修する範囲の基礎学力又は専門的な知識ないし実技力を有している。
[思考・判断]
2. 目標を達成するために、多面的視点から論理的に考察し、自己の考えをまとめることができる。
[興味・関心・意欲・協働]
3. 地域社会の持続可能な発展に関心を持ち、積極的に関わろうとする意欲を有している。
4. 様々な人々とグループワークしながら、主体的に問題の発見とその解決に取り組む姿勢を有している。
[技能・表現]
5. 他者の意見を理解し、自己の考えを口頭又は文書で表現できる。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛媛県松山市文京町3/TEL.(089)927-9019
 【URL】https://www.cri.ehime-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ