九州大学/トピックス|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きゅうしゅう

九州大学

国立大学 福岡県

注目情報

九州大学の注目情報

「共創学部」始動!!

本学は、2018年4月に共創学部を設置しました。共創学部のベースにあるのは、2001年度に発足した、学生が自分の興味や関心に応じて文系・理系を問わずオーダーメイドでカリキュラムを作ることができる「21世紀プログラム」です。また、2014年度には「ものの見方・考え方・学び方」を学ぶ、全学部共通の「基幹教育」がスタートしました。この2つの教育システムを発展させることで、文理の枠を超えた「共創学部」を新設し、100年以上の歴史を有する総合大学である本学が総力を結集して、未来に向けた新たなイノベーションの創出を担う人材の育成に取り組みます。
国内外から集まった110名の第1期生(うち6名は10月入学予定)は、現在、基幹教育で幅広い知識の修得と語学力の向上に励んでいます。

閉じる

人類の抱える課題に挑戦し続ける人材を育成

急激に進む科学技術の進歩やグローバル化の進展は、人工知能やIoTの活用など、人類に新しい可能性を拓く一方で、大規模地球変動や宗教・民族対立、貧困・格差、生命倫理など、さまざまな問題を引き起こしています。これらの問題の多くは、種々の要因が複雑に絡まりあって生じているために、今までの学問体系のどれか一つだけを使って解決することは困難です。
共創学部では、これまで人類が積み上げてきたさまざまな学知を適切に組み合わせ、言語や文化、価値観、歴史、専門知識等が異なる人々と共に力を合わせて課題を解決し、未来を切り開くことができる新たな高度人材を育成します。
〈コンセプト〉
自ら課題を設定して解決に至るアプローチを「構想」し、異なる専門や知識をもつ多様な人々と「協働」し、構想と協働の学びや海外留学を通じて得られる「経験」を基に新たな知や価値を生み出す【共創】をめざします。

  • 共創学部コンセプト図

閉じる

英語運用力や幅広い知識・技能を修得するカリキュラム

人類規模の課題を解決するために必要となる英語でのコミュニケーション力をはじめ、文系・理系の考え方や幅広い知識・技能を身につけるためのカリキュラムを用意しています。
【1~3年次】「何をしたいから何を学ぶ」
学問を課題解決に生かすアクティブな態度と思考法の獲得を目指します。また、主に1年次に徹底した語学教育を行い、実践的な英語能力を修得します。
【4年次】「課題解決に取り組む」
3年次までに学んだ複数の学問分野の高度な知識や技能を組み合わせて、問題の解決方法等をまとめます(ディグリー・プロジェクト)。

  • アクティブ・ラーナーを育成する基幹教育科目

閉じる

共創学部1期生の声

共創学部の1期生の先輩に、受験のきっかけやクラスの雰囲気、これからの展望など「共創学部」について語ってもらいました。

私はもともと経済学や経営学に興味があったのですが、折角ならばいろいろな分野を学びたいという思いから、文理融合の共創学部を受験することにしました。
共創学部を選んだもう一つの理由は、多様な人との出会いです。高校時代に留学したアメリカで体験したような、さまざまなバックグラウンドをもつ人たちとの交流の期待がありました。毎日、多様な個性を持つ共創学部のクラスメイトたちからたくさん刺激を受けていますし、色々な「知」が集まっている今の環境は、みんなの力を集めれば何か新しいことができそうな気がして、とても可能性を感じています。また、共創学部では英語や留学にも力を入れているので、もう一度海外留学にも行きたいと思っています。
県外からの受験でしたが、父が昔住んでいた福岡には親近感がありましたし、これからの生活が楽しみです。

  • 森野 直登先輩(一般入試受験)

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ