×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

おおさかふりつ

大阪府立大学

公立大学 大阪府

生命環境科学域の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

獣医学類(40名)
応用生命科学類(生命機能化学課程、植物バイオサイエンス課程)(100名)
緑地環境科学類(50名)
理学類(数理科学課程、物理科学課程、分子科学課程、生物科学課程)(149名)

所在地

獣医学類
  1~6年:大阪
応用生命科学類 緑地環境科学類 理学類
  1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●独自のカリキュラムや少人数制、学生アドバイザー制により、高度な学修内容を体系的に修得
●高度な研究施設を活用して最新の研究成果を反映した実践的な生命環境科学を学ぶ
●キャンパス全体が生命環境研究のビオトープ。豊かな学習環境で学べる

生物の多様な生命現象や生命機能の解明とその利用をめざしたバイオサイエンス・バイオテクノロジー、持続可能な環境の保全と創成、自然科学の専門的知識や技術を融合させて修得。産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる人材を育成します。

【キャンパス】中百舌鳥キャンパス(応用生命科学類・緑地環境科学類・理学類)/りんくうキャンパス(獣医学類)
【学生数】1,456人(2019年5月1日現在)

獣医学類

講義・学問分野

獣医解剖学、獣医生理学、獣医病理学、獣医薬理学、獣医国際防疫学、人獣共通感染症学、獣医細菌学、大動物臨床 など

閉じる

応用生命科学類(生命機能化学課程、植物バイオサイエンス課程)

講義・学問分野

生物有機化学実験、機能分子生物学、応用微生物学、食品衛生学、植物細胞生物学、植物バイオサイエンスフィールド実習、バイオテクノロジー基礎実験、HACCPシステム論 など

閉じる

緑地環境科学類

講義・学問分野

気象環境学、緑地水文学、環境生態学、都市環境デザイン、緑地保全学、環境動物昆虫学、植物環境生理学、里地里山管理学実習、生産環境システム学 など

閉じる

理学類(数理科学課程、物理科学課程、分子科学課程、生物科学課程)

講義・学問分野

代数学、幾何学、解析学、確率統計、電磁気学、計算物理科学、量子力学、宇宙物理学、物理化学、有機化学、分子科学実験、無機化学、微生物学、遺伝学、細胞生物学、植物生理学 など

閉じる

学部の特色

独自のカリキュラムや少人数制、学生アドバイザー制により、高度な学修内容を体系的に修得

1年次に少人数制ゼミナールと専門基礎科目によって大学生としての学修方法を理解し、多岐にわたる学域の学修への基盤を築きます。
各学類では自分の志向や進路に応じて科目を選択できる多様な履修モデルを設定。学生の履修状況を把握した学生アドバイザーが一人ひとりの相談に応じるため、自分にとって最適な科目を選択することができます。
こうしたサポート体制の下、講義と実験・演習を有機的に組み合わせたカリキュラムで学び、広範な学修の中から自分の専門分野を深めます。

閉じる

高度な研究施設を活用して最新の研究成果を反映した実践的な生命環境科学を学ぶ

本学域の各学類はそれぞれ専攻の大学院と連携して、最先端の研究を反映した教育を展開しています。本学域の主要拠点「先端バイオ棟」「サイエンス棟」には生命環境特別実験室、食の安全特別研究室、レーザー光学実験室などを設置。獣医学類のあるりんくうキャンパスには最新機器により動物の診断と治療を行う「獣医臨床センター」や実験動物の飼育・実験方法を実践的に学ぶ「動物科学教育研究センター」を併設。これらの研究環境を活用して先端領域を学びます。

閉じる

キャンパス全体が生命環境研究のビオトープ。豊かな学習環境で学べる

1960年代まで周囲の水田に水を供給する狭山池水系の一部だった「園池(府大池)」を中心に、中百舌鳥キャンパスは豊かな自然に恵まれています。甲子園球場約12個分の広大な敷地の中には200種以上の樹木、約40種の野鳥、40種以上のチョウなど昆虫、魚類のほか数多くの微生物が生息。こうした豊かな環境を生かして動植物の働きや生態系、人との関係を学ぶさまざまなフィールド実習を行います。さらに現在、近隣の水系・古墳群との連携も視野に入れたビオトープネットワーク構想も進行中です。

閉じる

学べること

獣医学類

人と動物の調和、食の安全、バイオメディカル研究、生態系改善などで社会に貢献する

動物科学の基礎・応用・臨床分野において優れた学識、見識、技術を備えた国際的に活躍できる獣医師・技術者・研究者を養成。動物の構造を学修する「動物構造機能学」、生命環境や感染症などについて学修する「獣医環境科学」、動物のさまざまな疾病の診断・治療技術を学び、あらたな獣医療を探究する「獣医臨床科学」の3分野を設置しています。
「りんくうキャンパス」には獣医臨床センター、動物科学教育研究センターを併設。充実した教育研究環境を生かして、先進的で高度な専門教育を行っています。

閉じる

応用生命科学類(生命機能化学課程、植物バイオサイエンス課程)

動物・植物・微生物に関わるバイオサイエンス・バイオテクノロジーで 食料問題や医療、環境問題の改善・革新をめざす

あらゆる生命体を対象に多様な生命現象の解明とその応用に関する教育・研究を行い、広範なバイオサイエンス・バイオテクノロジー領域で活躍できる技術者・研究者を育成します。

●生命機能化学課程
バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関する知識と技術を国際的視野に立って応用できる人材を育成します。
●植物バイオサイエンス課程
植物の持つ潜在能力を理解し、それを活用することで地球規模での持続可能な社会構築へ貢献できる人材を育成します。

閉じる

緑地環境科学類

健全な緑地環境や都市圏を守り創造する技術や能力で循環型社会の構築に貢献

1年次には自然科学・人文社会科学に関する幅広い教養を学び、視野を広げます。2年次には専門科目を効率的に理解するための入門的・基礎的な専門科目を学修。3年次でのより専門的な学修と4年次での卒業研究を経て、緑地環境を総合的に捉える視点と自らの専門分野を確立します。
生態気象学・生物環境調節学・土環境学・水環境学・生産環境学・緑地計画学・緑地保全学・地域生態学・環境動物昆虫学という9つの主研究分野の連携によって、持続可能な地域の将来を創造するプロジェクトに取り組む総合力を養います。

閉じる

理学類(数理科学課程、物理科学課程、分子科学課程、生物科学課程)

サイエンスの中核を成す数学、物理学、化学、生物学を深く学ぶ

サイエンスの中核を成す数学、物理学、化学、生物学を深く学び、幅広い知識と主体的な探究心を科学技術の創造に役立てる力を育成。豊富な演習や実験、ディスカッションにより論理的思考力、コミュニケーション能力を磨きながら各自の専門性を確立していきます。

●数理科学課程
進歩し続ける数理科学の最前線へ独創的思考で現象の解明や応用に挑戦します。
●物理科学課程
宇宙・地球から、ナノサイズの世界までを対象に、多様な自然現象の発見と解明をめざします。
●分子科学課程
「化学」をキーワードに、新しい分子の設計・合成と性質の解明、新しい化学反応の開拓に取り組みます。
●生物科学課程
ミクロな生体分子からマクロな個体・生態系までを研究し、生命の普遍性と多様性を追究します。

閉じる

アドミッションポリシー

獣医学類

獣医学類は、動物に対する先端医療、人間と動物の共生に係わるさまざまな課題に関する専門的知識や技術とともに、豊かな教養と問題解決能力、高い生命倫理観と創造力を身につけ、産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる獣医師・技術者・研究者を育成します。

したがって、獣医学類では次のような学生を求めています。

1. 動物に対する先端医療、人間と動物の共生について学ぶことに対する明確な目的意識をもち、社会の持続的発展に貢献する意欲を持っている人
2. 幅広い興味をもち、自ら進んで学ぶ探求心を持っている人

閉じる

応用生命科学類

応用生命科学類は、生命機能化学課程と植物バイオサイエンス課程の2つの課程が協力して、生命現象の解明と生物資源の利用に関する幅広い教育を行います。
このような教育を通して、広範なバイオサイエンス・バイオテクノロジーに関する専門的な知識や技術を修得するとともに、豊かな教養と問題解決能力、高い倫理観や創造力を身につけた、産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる専門技術者・研究者の育成をめざします。

したがって、応用生命科学類では次のような学生を求めています。

1. バイオサイエンス・バイオテクノロジーについて学ぶことに対する明確な目的意識をもち、社会の持続的発展に貢献する意欲を持っている人
2. 幅広い興味をもち、自ら進んで学ぶ探求心を持っている人

閉じる

緑地環境科学類/理学類

緑地環境科学類
緑地環境科学類は、持続可能な生命環境の保全と創成についての専門的知識や技術とともに、豊かな教養と問題解決能力、高い倫理観と創造力を身につけ、産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる技術者・研究者の育成をめざしています。

したがって、緑地環境科学類では次のような学生を求めています。

1. 持続可能な生命環境の保全と創成について学ぶことに対する明確な目的意識をもち、社会の持続的発展に貢献する意欲を持っている人
2. 幅広い興味をもち、自ら進んで学ぶ探求心を持っている人


理学類
数理科学、物理科学、分子科学、生物科学とその関連領域における研究者や技術者をめざすためには、柔軟な発想と論理的思考にもとづく課題発見能力と問題解決能力が必要です。
したがって、理学類では次のような学生を求めています。

1. 自然現象に対する強い関心と理解があり、勉学意欲に溢れる人
2. 論理的な思考力、自ら学ぶ探究心および問題解決に向けての実行力を備えている人
3. 国際的視野をもちつつ、地域社会への貢献をめざそうとする人
4. コミュニケーション能力を身に付ける努力を惜しまない人
5. 健全な倫理観に基づく判断力を備えている人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〈りんくうキャンパス〉大阪府泉佐野市りんくう往来北1-58 TEL.(072)463-5056 ※獣医学類のみ
〈中百舌鳥キャンパス〉大阪府堺市中区学園町1-1 TEL.(072)254-9117 ※応用生命科学類、緑地環境科学類、理学類
 【URL】https://www.osakafu-u.ac.jp/academics/college/cleas/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ