×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうりつとっとりかんきょう

公立鳥取環境大学

公立大学 鳥取県

先輩の志望理由

プロフィール

人・社会・自然が共存する持続可能な社会をめざす学び

滝井朝陽

環境学部 環境学科 4年(2020年11月時点)

きっかけ

多様な考え方を学べる大学で環境問題に取り組む

環境問題は深刻だと思いながら、その本質を理解しておらず、漠然とした将来に不安がありました。そこで、多様な側面から環境学を学び、将来世代の利益を踏まえながら物事を大きく考えたいと思い、公立鳥取環境大学を志望しました。

閉じる

キラリと光る大学の魅力

資源利用の研究を通して地域や社会に貢献したい

カリキュラムが豊富で多様な考え方を学べる公立鳥取環境大学で、私は「旧廃止鉱山の抗廃水にかかる水処理の諸問題」を研究しています。日本には公害を引き起こす有害物質を規制する法律が多くあり、鉱害の原因物質も適切な処理が必要です。
資源小国の日本では、そのための水処理事業について「持続可能性」や「循環資源」の観点からの考察が大切です。私は一地域のみならず、負の遺産を抱える全世界の人々に貢献できる研究をしたいと考えています。

閉じる

社会との関わり

複雑・多様化する社会を生き抜くために必要な考え方と行動を実感

どんな問題も、社会・経済・歴史・法律など、視点を変えると解釈が異なります。だからこそ議論を重ね、他者と協働し、多面的・多角的な考えが必要だと学びを通して実感しています。

閉じる

環境問題に関する知識を備えた理科教員(中・高)もめざせる。

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ