しまねけんりつ

島根県立大学

公立大学 島根県
2018年4月に学部・学科の改組を行い、出雲キャンパスに看護栄養学部〔健康栄養学科〕、松江キャンパスに人間文化学部〔保育教育学科、地域文化学科〕を開設しました。

看護栄養学部の詳細情報新設

◎2018年4月、看護栄養学部は、現在の「看護学科」に加え、短期大学部の健康栄養学科を4年制化した「健康栄養学科」の2学科制に改組

学科・定員・所在地

学科・定員

看護学科(80名)
健康栄養学科(40名)新設

所在地

1~4年:島根

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●高度な知識と実践力を身に付ける、独自のカリキュラム
●看護学科:在宅看護論や公衆衛生看護学を通して、地域の特性と健康課題を探求する看護師を養成
●健康栄養学科:山陰地方初の管理栄養士養成学科。 地域に貢献できる、健康づくりを視野に入れた「食」の専門家を養成

地域から高い評価を受ける卒業生を多く輩出している看護学科と、山陰地区初の管理栄養士養成課程を擁する健康栄養学科(2018年度新学科)との連携科目によって、高い専門性と連携力を兼ね備えた看護師や管理栄養士を養成します。

【キャンパス】出雲キャンパス
【大学院】看護学研究科:(修士課程)看護学専攻
【専攻科】【別科】 助産学専攻

看護学科

講義・学問分野

外国語、自然と情報科学、社会と生活、地域と共生、異文化理解、専門職意識の育成、人間の理解、健康と疾病の理解、基礎看護、臨床看護、公衆衛生看護、看護の統合

閉じる

健康栄養学科新設

講義・学問分野

外国語、自然と情報科学、社会と生活、地域と共生、異文化理解、専門職意識の育成、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、総合演習、臨地実習

閉じる

学部の特色

2018年4月に開設した「看護栄養学部」

高度な知識と実践力を身に付ける、独自のカリキュラム

看護師・保健師・管理栄養士など、関連職種との連携を重視したカリキュラムを通じて、実践に必要な基本的技術・知識を身に付け、深い人間理解と高い倫理観をもって行動できる人材の育成をめざします。地域に焦点を当てた教育を実践し、地域の特性や地域における保健・医療・福祉の実情、課題を理解、探求する力を身に付けます。

閉じる

講義や実習、ボランティアなどを通じて地域に密着した学修環境

看護学科:在宅看護論や公衆衛生看護学を通して、地域の特性と健康課題を探求する看護師を養成

看護学科は、地域医療に焦点を当てたカリキュラムが特色のひとつです。たとえば、1年次の「基礎看護学」では、学生が2人1組で地域の家庭を訪問し、健康状態や健康に対する考え方、地域との関わり等を学修します。また、地域の健康づくりに対応する「公衆衛生看護学」の科目を2年次に必修化しています。
臨地実習は、島根県の基幹病院である島根県立中央病院を中心に、県内の病院や保健所などで行います。学内でシミュレータ学習の機会を豊富に設けているため、安心して臨むことができます。

閉じる

看護師や保健師など関連職種との連携を重視したカリキュラム

健康栄養学科:山陰地方初の管理栄養士養成学科。 地域に貢献できる、健康づくりを視野に入れた「食」の専門家を養成

2018年4月に出雲キャンパスに設置した新学科です。山陰地区で初の管理栄養士の養成学科となる本学科では、「食」を通じて、ライフステージに応じた健康増進から生活習慣病などの疾病の予防と改善、高齢者の在宅栄養ケアまで、幅広く地域住民のQOL(quality of life・生活の質)の向上に寄与する管理栄養士を養成します。
また、本学が位置する島根県は自然に恵まれ、海の幸、山の幸が豊富で食文化豊かな地です。本学科は教員・学生全員で地域の食育に取り組み、地域食材を活用した商品開発や、小学校や高校での食育授業、地域イベントの参加などの活動を行っています。豊かな食文化に触れ、地域を知り、さまざまな体験を通して、幅広い知識と実践力も身に付きます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

しまねの地域医療

看護学科

地域に焦点を当てた教育を実践

本学科は、看護実践に必要な基本的技術・知識を身に付け、深い人間理解と高い倫理観をもって行動できる人材の育成をめざしています。地域に焦点を当てた教育を実践し、地域の特性や地域における保健・医療・福祉の実情、課題を理解、探求する力を養います。

【授業・講義】
しまねの地域医療

島根県内の島嶼地域、中山間地域、海岸地域における保健医療福祉の実践活動に触れ、地域医療への理解と関心を深めるため、各地域への滞在型による体験学習を行います。3~4日間地域に滞在し、地区踏査や保健医療福祉への見学、参加を通して、地域医療を肌で感じてもらいます。また、地域の医療スタッフや地域の方々の暖かい繋がりに触れられることも魅力のひとつです。

閉じる

地域密着型の管理栄養士を養成

健康栄養学科

健康を支える食と栄養のスペシャリストをめざす

看護師、保健師など関係職種との連携を重視したカリキュラムを通じ、現場での“実践能力”を育成します。併せて、高齢化社会において必要とされる在宅栄養ケアの専門的な実践能力を養います。

〈目標とする資格〉
●栄養士
●栄養教諭一種免許状
●食品衛生管理者
●食品衛生監視員
〈受験資格が得られるもの〉
●管理栄養士

【授業・講義】
食事サービス実習

集団を対象とした給食の実際を実地に修練するとともに、給与栄養量の算出、大量調理法、食材料管理、衛生管理など、給食を運営する能力を養います。実習は1班5〜6名とし、学生や教職員100人分の食事を提供します。献立検討、実習準備次週準備、栄養管理、調理、食器洗浄、試食室設営、分析・評価を各係に分かれ、各班交替で担当します。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ