×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

さんようおのだしりつやまぐちとうきょうりか

山陽小野田市立山口東京理科大学

公立大学 山口県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械工学科(60名)
電気工学科(60名)
応用化学科(80名)

所在地

1~4年:山口

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●機械・電気・化学の3分野で地域産業界のキーパーソンを育成
●工学の礎となる数学・物理学・化学の基礎学力を重視した体系的な4年間の教育プログラム
●技術者教育の質を保証。「JABEE」認定基準に対応した技術者教育プログラム

工学の中で、特に産業界からの人材需要の多い「機械」「電気」「化学」の3分野に特化した学科を設置しています。基礎学力、高度な専門知識、応用技術を修得する体系的な教育プログラムを導入し、地域産業界で活躍する人材を育成します。

【キャンパス】山口県山陽小野田市
【学生数】849名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】36名(2020年5月1日現在)
【大学院】工学研究科 工学専攻 ※修士課程:機械・制御工学分野、電気・電子工学分野、情報科学分野、物質科学分野、有機・生物化学分野 ※博士課程:機械・電気情報分野、物質材料分野

機械工学科

講義・学問分野

メカトロニクス、機械材料工学、自動車工学、設計製図、CAD演習など

閉じる

電気工学科

講義・学問分野

プログラミング実習、画像工学、電気電子回路演習、電子物性工学、発変電工学、電力系統工学など

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

有機工業化学、分子生物学、物理化学、物性工学、無機合成化学、エネルギー化学など

閉じる

学部の特色

機械・電気・化学の3分野で地域産業界のキーパーソンを育成

工学部には機械工学科、電気工学科、応用化学科の3つの学科があります。いずれも「工学」と「理学」の融合をめざした独創的かつ先進的な取り組みで社会に役立つ工学の高い専門知識と柔軟な応用力をもった人材を育成します。
また、先進技術や実験技術の学びを通して人間や自然・環境に係わる問題解決能力を身に付け、自己表現力や情報解析能力を高めながら、地域産業界のキーパーソンを輩出していきます。

閉じる

社会で活躍するための力を修得

工学の礎となる数学・物理学・化学の基礎学力を重視した体系的な4年間の教育プログラム

産業界では、科学技術・工学の変化に対応できる確かな基礎学力を持つ人材が求められています。本学部では、工学の礎となる数学・物理学・化学を十分に理解したうえで、高度な専門知識と応用技術を修得する4年間の教育プログラムを導入しています。

閉じる

技術者教育の質を保証。「JABEE」認定基準に対応した技術者教育プログラム

全ての学科が、大学等の教育プログラムが国際的な水準を満たしているかどうかを審査する機関であるJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けています。JABEE認定教育プログラムを修了すると国家試験である技術士資格第一次試験が免除され、技術士補と修習技術者の資格が与えられます。

閉じる

学べること

機械工学科

機械制御システムを開発する技術者を育てる

機械工学科は、自動車や航空機、ロボットやコンピュータなど、あらゆる工業製品や設備の開発・設計・製造
について研究する学問です。機械工学科では機械工学の基盤分野に関する知識や技術を体系的に学び、問題解決
に応用できる能力を身に付けます。

【授業・講義】
メカトロニクス(ロボット・メカトロ系)

コンピュータに記憶させたプログラム通りに機械を動かすメカトロニクスを理解し、外界からのセンサ情報を計測し、コンピュータで処理して機械を制御する過程を学びます。

閉じる

電気工学科

ハイテク産業を支える電気・電子・情報の技術者を育てる

電気工学は、家電製品や電力発電、半導体やコンピュータなど電気や磁気現象を動力・熱・光などのエネルギー源として利用することを研究する学問です。電気工学科では電気工学、電子工学、情報科学の幅広い知識を身に付け、それらを組み合わせて課題を探求し解決する能力を養います。

【授業・講義】
電気電子回路演習(材料・エレクトロニクス系)

電気回路、電子回路の重要な定理・法則、基本回路の動作原理と取り扱い方など、回路問題の基本事項について例題を取り上げ、わかりやすく解説します。

閉じる

応用化学科

化学の力で人と地球に優しい物質を開発する

応用化学は、原子や分子レベルでさまざまな現象を理解することから始まり、産業や生活に役立つ物質を研究・開発する学問です。応用化学科では化学を基盤に物質の構造や性質、合成に関する知識を幅広く学び、新しい物質を誕生させる素養と技術を身に付けます。

【授業・講義】
有機工業化学(有機化学・生物系)

有機化学を私たちの生活に役立てるため、産業として大規模に有機物を合成するには、安定して手に入る原料を選び、合成効率のみならず廃棄物の処理コストまで考慮する必要があります。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】山口県山陽小野田市大学通1-1-1 広報課広報入試係 TEL.(0836)88-4505
 【URL】http://www.socu.ac.jp/departments/faculty.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ