大学入試センター試験の最新情報をお届け!

さっぽろがくいん

札幌学院大学

私立大学 北海道

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(150名)

所在地

1~4年:北海道

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経済学的思考力と就業力を養う
●国際経済・地域経済・CUP(キャリアアッププログラム)の3コースで学ぶ
●生きた経済を実感するフィールドワーク

基礎的な経済学の思考方法、分析能力を身に付けたうえで、ダイナミックに動く現代経済の諸問題に取り組み、国際的視野と地域視点を持って、社会で活躍する人材を育成。産業調査演習、経済学特別講義など、実践力を養う機会も豊富です。

【学生数】416名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】20名(2017年5月1日現在)
【大学院】地域社会マネジメント研究科(修士課程)

経済学科

講義・学問分野

ビジネス演習、統計学、金融論、財政学、国際経済論、日本経済論、地域経済論、北海道経済論

閉じる

学部の特色

経済学的思考力と就業力を養う

基礎的な経済学の思考方法、分析能力を身に付けたうえで、ダイナミックに動く現代経済の諸問題に取り組み、国際的視野と地域視点を持って社会で活躍する人材の育成が経済学部の目的です。
*2014年度より、3年次からの専門教育コースが生まれ変わりました。経済学部と法学部の協同教育課程「CUP(Career Up Program)コース」を設置し、経済学部の専門教育課程「国際経済コース」「地域経済コース」がリニューアルしました。

閉じる

国際経済・地域経済・CUP(キャリアアッププログラム)の3コースで学ぶ

国際経済コース
日本経済やアジア経済・西欧諸国などの実態を理解するとともに、海外研修を通じて企業と海外(異文化)への理解を深める実践的教育により国際的視野で行動する能力を養います。
○国際経済論、国際金融論、産業組織論、海外フィールドワーク、英語と海外文化など
地域経済コース
講義を通じて地域経済ならびに地域社会の実態を理解するとともに、産業調査演習などを通じて地域視点で地域経済や地域社会を分析する能力を養います。
○地域経済論、北海道経済論、地方財政論、産業調査演習など
CUP(Career Up Program)コース
経済学部、法学部、および社会情報学部の教育資源を融合し、「公共政策(公務員養成)」「金融(FP)」「社会調査」「情報(IT)」の4つのプログラムで構成。職業を意識した教育課程に加え、経済学的な思考能力と就業力の向上を図ります。

閉じる

生きた経済を実感するフィールドワーク

経済学を学ぶうえでは、刻々と変化する経済の実態を知ることが不可欠です。産業調査演習や一部のゼミナールでは、地域に出かけてフィールドワークを実施。市町村の行政機関や各種団体、企業、商店街などでの聞き取り調査をはじめとするさまざまな活動を展開しています。こうした活動を通して、実際の経済動向を見渡す理論を組み立てたり、解決策を考えたりする学習を重ね、実社会で生かすための実践的能力を身に付けます。

閉じる

学べること

経済学科

充実したゼミナール教育で、地域・国際社会に貢献できる人材を育成

1年次から4年次まで各学年にゼミナールを設置して、充実した教育を展開しています。1年次クラスを兼ねたプロ・ゼミナールでは、現代社会研究の基本を学び、レポートを作成。2年次の専門ゼミナールIでは関心分野を選択、3・4年次の専門ゼミナールII・IIIでは討議を通して分析手法や論理展開、自己表現能力を磨いていきます。また、年間一貫した課題を追究することも可能です。また、現代社会の経済構造の変化に応えるために「地域・国際科目群」「企業・政府科目群」を配置し、専門性の向上を図っています。国際、地域、企業・産業、金融、政府・政策分野の知識と実践的能力、さらには豊かな教養を身に付け、自らの課題をもって地域社会および国際社会で活躍できる人材の育成を目的としています。

【授業・講義】
『産業組織論』ビジネス戦略や公的規制など身近なテーマで産業について考える

消費者や生産者がどのように行動しているか、また望ましい規制や競争政策はどのようなものかを考えます。例えば、カラオケや映画館で学割が設定されている理由は?、電力会社は地域に1社がいいのか?、他社との差別化はどうやって行う?、卸売業者と小売店の関係は?など、現実的なテーマについて経済学の観点で考察。
さまざまな産業における企業のビジネス戦略や公的規制などを、経済学の視点で考える力を身に付けることをめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

経済学科

○経済学部経済学科の求める学生像
大学において経済学および社会科学分野の専門知識と分析能力を深め、社会の発展に貢献しようとする意欲を持つ、以下のような学生を求めます。
(1)さまざまな業種にわたって、ひろく産業社会で活躍することを目指す人。
(2)幅広い教養と専門知識を求め、教養豊かな社会人を目指す人。
(3)国際的な視野を持って、国際社会で活躍したいと考えている人。
(4)地域的な視点を持って、地域社会で活躍したいと考えている人。
(5)北海道の産業並びに福祉・文化の向上に貢献したいと考えている人。
○高等学校段階で習得すべき内容・水準
公民科、地理歴史科などの学習を通し、経済学および社会科学分野を学ぶために必要な基礎学力を持つとともに、経済および社会に関心を持っていることを期待します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】北海道江別市文京台11
広報入試課
【入試フリーダイヤル】0120-816-555
 【URL】http://www.sgu.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ