大学入試センター試験の最新情報をお届け!

さっぽろがくいん

札幌学院大学

私立大学 北海道

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

会計ファイナンス学科(50名)
経営学科(120名)

所在地

1~4年:北海道

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●税理士や会計士をめざす。銀行や証券会社で活躍を~会計ファイナンス学科
●ビジネスシーンで求められる能力や視野を身に付ける~経営学科
●徹底した少人数教育で社会が求める専門的な人材を育成

「会計」と「ファイナンス(金融)」の両領域にまたがる知識を学び、金融知識を持った企業人を育成する会計ファイナンス学科、「フィールド実践科目」を中核として、地域再生に貢献できる人材を育成する経営学科で構成。

【学生数】492名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】18名(2017年5月1日現在)

会計ファイナンス学科

講義・学問分野

ファイナンス入門、会計学入門、ファイナンシャルプラン、財務会計応用論、監査論、国際金融論、インターンシップ、フィールド実践

閉じる

経営学科

講義・学問分野

メディア論、マーケティング論、スポーツと健康、地域マネジメント論、労務管理論、市場調査論、交通論、キャリアマーケティング論、フィールド実践

閉じる

学部の特色

税理士や会計士をめざす。銀行や証券会社で活躍を~会計ファイナンス学科

会計ファイナンス学科
公認会計士、税理士などの職業会計人を学士教育課程で養成する学科として、2009年に北海道・東北エリアで初めて開設。徹底した少人数制により、会計とファイナンスの2つの領域にまたがる幅広い知識を持った人材を育成します。

閉じる

ビジネスシーンで求められる能力や視野を身に付ける~経営学科

経営学科
基本は「現場で学ぶ、現場から学ぶ」。企業や自治体などと連携したフィールド実践を中心とするカリキュラムで、社会人としての生命力の基礎を養います。常に問題意識を持ち、マネジメント能力を身に付けた、ビジネス創造ができる人材を育成します。

閉じる

徹底した少人数教育で社会が求める専門的な人材を育成

1年次の「基礎ゼミナール」から始まり、2年次の「専門ゼミナール」、3・4年次の「応用ゼミナール」および「卒業論文」まで、全学年にゼミナールを配置。この一貫した少人数ゼミナール体制の実現により、将来の職業や取得したい資格に沿って学習を深め、高度な資格取得に立ち向かうことが可能です。また、担当教員の専門性に沿って、学生がテーマを持ち学習を深めることができます。

閉じる

学べること

会計ファイナンス学科

簿記教育をベースに、会計と金融の2つの領域を専門的に学ぶ

本学科の狙いは、簿記教育をベースに、会計と金融の2つの領域を専門的に学ぶことです。21世紀の世界は経済の金融化が進み、金融の知識を持たなければ実体経済が理解できない状況になっています。世界的な視野も必要ですが、自分の毎日の生活や地域経済の活性化を考えても、お金の問題は重要になります。初めて簿記・会計を学ぶ学生も、高校ですでに学び素地がある学生も、違いはスタート地点だけで、あとは自分次第です。個々のレベルに合わせた教育、資格対応型のカリキュラムにより、ダブルスクールをしなくても簿記やFPの資格取得が可能です。取得した事実が「コツコツ努力する信頼できる人物」という企業からの評価にもつながります。

【授業・講義】
『製造業会計基礎』簿記検定2級合格をめざし、原価計算や会計処理を学ぶ

大きな目標の一つが、日商簿記検定2級合格です。そのためには、個人企業会計基礎や株式会社会計基礎で学ぶことに加え、ものづくりの会計=製造業会計の知識が必要です。ものをつくるための費用=原価の概念・その計算および会計処理に関する知識、技術の修得をめざします。

閉じる

経営学科

「現場で学ぶ、現場から学ぶ」フィールド実践

20年以上の商学調査実習の蓄積をもとに、フィールド実践としてさらに多くの学びができるように、カリキュラムを編成。フィールド実践がめざすのは、教室から飛び出して、現場で問題を発見し、共有し、そして解決策を自分たちなりに研究して実践することです。例えば、「江別市の特産品を使用した商品の開発プロジェクト」「北海道新幹線開業の事前調査」といったテーマに取り組み、経営学のおもしろさを現場から実感することができます。

混迷の時代に最も求められているマネジメント能力を身に付けるため、2専攻を設置しています。
○キャリア・マーケティング専攻/人や組織・社会に貢献するマーケティングの手法を活用した教育プログラムを展開。
○経営管理専攻/伝統のフィールド実践に加え、プロジェクト実践による企画力、実行力、コミュニケーション力を養成。

【授業・講義】
『経営学入門』自分たちでカフェを運営し、生きた経営学を体験

大学近隣の商店街に期間限定でカフェを開店し、自分たちでメニューの開発から販売までを手掛け、生きた経営学を学びます。さらに、お客様との会話を通して、コミュニケーション能力を鍛えることもできます。
現場体験は、マネジメント能力や問題意識を高める絶好の機会であり、新しいビジネスモデルの創造や起業を後押ししてくれます。

閉じる

アドミッションポリシー

会計ファイナンス学科

○経営学部会計ファイナンス学科の求める学生像
ダイナミックに変化する会計とファイナンスにおける社会的ニーズをサポートすることで、ビジネスや地域の発展に貢献しようとする意欲を持つ、以下のような学生を求めます。
(1)将来、公認会計士、税理士、国税専門官などの職業会計人や、銀行、証券会社など金融のプロを目指し、会計やファイナンスの資格取得に挑戦する人。
(2)将来、企業や公組織(役所など)、地域で活躍できる力を身につけるために、会計ファイナンス学科で行なう経営実践の学修に取り組む意欲のある人。
(3)将来、企業の経営者や経営管理者として活躍する基礎をつくるために、会計学やファイナンスを深く学ぼうとする人。
(4)将来、経営学部で教職「商業」の免許を取得して、高等学校の教諭を目指す人。
○高等学校段階で習得すべき内容・水準
現代社会、政治経済の基礎学力を備え、簿記・会計、ビジネス情報などの学習を通じ、ビジネス実践に深い関心を持っていることを期待します。

閉じる

経営学科

○経営学部経営学科の求める学生像
企業経営や人間の経営行動、消費行動について深い関心を持ち、ビジネスや地域の発展に貢献しようとする意欲を持つ、以下のような学生を求めます。
(1)将来、企業や公組織(役所など)、地域で活躍できる力を身につけるために、経営学科で行なうフィールド実践に率先して参加し、経営実践の学修に取り組む意欲のある人。
(2)将来、企業の経営者や経営管理者として活躍する基礎をつくるために、経営学を深く学ぼうとする人。
(3)将来、自分で会社を創るという目標を持ち、あるいは家業(会社、商店、農業、酪農業、漁業、林業など)を継承する予定で、意欲的にビジネス感覚を身につけようとする人。
(4)将来、経営学部で教職「商業」の免許を取得して、高等学校の教諭を目指す人。
○高等学校段階で習得すべき内容・水準
現代社会、政治経済の基礎学力を備え、マーケティング、流通経済、ビジネス情報などに関心を持っていることを期待します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】北海道江別市文京台11
広報入試課
【入試フリーダイヤル】0120-816-555
 【URL】http://www.sgu.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ