ちとせかがくぎじゅつ

千歳科学技術大学

私立大学 北海道

理工学部の詳細情報

学部単位の募集人員 240名※2年次進級時に学科選択

学科・定員・所在地

学科・定員

応用化学生物学科
電子光工学科
情報システム工学科

所在地

1~4年:北海道

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学生たちの学ぶ意欲に応える
●学科選択は2年次進級時。学びたいことを見つけるための科目を設定
●入学後、スムーズに学べるようにバックアップ

理学と工学を横断的に融合した実践的な学びが大きな特徴の一つ。エンジニアから技術に強いビジネスリーダーまで、社会が求める幅広い人材を育成します。

【学生数】720名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】42名(2017年5月1日現在)
【大学院】光科学研究科/光科学専攻(博士前期・後期)

応用化学生物学科

講義・学問分野

高分子科学、光生物学、環境化学、バイオフォトニクス、光サイエンス実験、フォトニクスポリマー、医用レーザ工学

閉じる

電子光工学科

講義・学問分野

ユビキタスネットワーク概論、半導体基礎、エレクトロニクスデザイン、半導体デバイス工学、ロボティクス、システム制御論

閉じる

情報システム工学科

講義・学問分野

ユーザビリティ工学、Cプログラミング、Javaプログラミング、システムデザインプロジェクト、センサネットワーク、アルゴリズムとプログラミング、企業リテラシ、ソフトウェアデザイン

閉じる

学部の特色

科学の学びの楽しさを体験

学生たちの学ぶ意欲に応える

少人数・体験型教育の重視
科学を学ぶ一番の楽しさは、「理論を実験で確かめていく」過程にあります。さまざまな困難に立ち向かいながら、自ら問題を発見し、解決していく……そうした経験を通じて、大きな成長を遂げることができます。
本学では、科学の学びの楽しさを実感でき、学生たちの可能性を伸ばす少人数・実験演習中心の授業を重視しています。

閉じる

幅広い選択肢から進むべき道を選ぶ

学科選択は2年次進級時。学びたいことを見つけるための科目を設定

学科配属プレ教育
1年次は、数学、物理、化学、生物、電気・電子など科学の基礎を幅広く学び、2年次進級時に学科を選択します。
自分に合った、より興味のある分野を見つける手助けとなるプレ教育期間を設けることにより、学科選択でのミスマッチを起こりにくくします。

閉じる

学びのサポートは多彩

入学後、スムーズに学べるようにバックアップ

理工系スタートアップ初年次教育
高校の理系科目の学習内容を復習しながら、高校とは異なる「大学での学び方」へ導いていく独自の教育プログラム。
特に重要となる数学は、個々の能力に合わせて、習熟度別クラスや高校の内容を徹底的に復習する基礎クラスを開講し、レベルアップを図ります。1年次に基礎を固めることによって、大学で科学を学ぶ準備を無理なく進めることができます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

光サイエンス実験

応用化学生物学科

化学・生物学を基軸に、融合的に理工学を学ぶ

化学・生物学を軸とした理工学の基礎のもと、素材関連や医療分野だけでなく、食品・環境・エネルギーなどの幅広い分野に役立つ能力を養います。広範なテーマ設定の実験・実習や卒業研究を通して、どのような分野にも対応できる幅広い知識と柔軟な思考性、コミュニケーション能力を身に付けます。

【授業・講義】
基礎知識の習得に始まり、さまざまな科学技術分野に対応できる科目を設置

■光サイエンス実験A・B <2年次>
物理、電子工学、化学、生物の分野の実験を通して、応用生物化学の基礎を理解します。中心となるのは光学計測や光学機器の基礎、有機系や高分子の基礎を学ぶための実験など。実験技術の修得とともに、レポートを書くことにより科学技術者の重要なスキルである報告書の作成能力を身に付けることも大きな目標です。
■マテリアルフォトニクス実験A・B <3年次>
物理学系から「オプトデバイス」「光干渉計」、化学系から「アゾ色素」「感光性樹脂」の4つのテーマについて実験を行いながらバランスよく学習。工夫する能力や論理を組み立てる能力、コミュニケーション能力も養います。
■医用無機材料 <3年次>
医用材料(バイオマテリアル)とは、医療現場で治療や検査用の材料として使用されている金属材料、セラミックス材料、高分子材料などのこと。それらの特性について学ぶほか、人体のしくみや機能を理解したうえで人工骨や人工血管などの生体適合性についても学習します。

閉じる

電子光工学科

光サイエンスと電子工学の高度な知識を学び、社会のニーズに応える実践力を養う

電子工学の基本から光テクノロジーの高度専門知識までを学ぶことにより、電気電子・情報通信、そしてロボット技術など、産業の発展や人の支援が可能な新しい「ものづくり」「システムづくり」を創造できる能力を養います。多岐にわたる実験とコンピュータ実習を通じて、実践的な開発スキルを身に付けます。

【授業・講義】
電気電子工学の基礎から光テクノロジーまでを学び、実践的な開発能力を習得

■電子工学実験 <3年次>
光システム技術に必要な電子回路、電子デバイス、光デバイスおよび通信に関する基本的なシステムを、実験・実習を通して身に付けます。表計算ソフトを使ったデータ処理を経て、3‐D CADによる3次元の製図、電子回路の製作や光関連の観測・測定、光デバイスの製作などに関する実験にも取り組みます。
■光ファイバシステム <3年次>
光ファイバ通信のしくみを具体的に理解し、基本設計を行うスキルの習得が目標。光通信に関わる技術者に必須の基礎技術、実践的応用技術を身に付けます。
■マイクロコンピュータ実習 <3年次>
学生1人1台ずつのコンピュータを用いた実習形式の授業を通して、デジタル機器では至る所で利用されているマイクロコンピュータ機器開発の基本を習得。マイクロプロセッサが備えるアナログ信号の入出力を行うためのAD・DA機能、デジタル入出力、メモリの取り扱い、クロス開発環境などへの理解を深めます。

閉じる

情報システム工学科

ハード、ソフト、サービスについて横断的に学び、幅広い工学的知識を修得

誰もが暮らしやすい社会の実現に貢献するため、ICT(情報通信技術)を中心に、さらに人間工学やメディア工学などの関連する分野の知識・技術を幅広く身に付けることにより、人の立場に立ったシステムやサービスを創造できる人材を育成します。プロジェクト科目を通して、社会で通用するチームワーク、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を身に付けます。

【授業・講義】
「考える力」を育み、総合的な視野を持った技術系リーダーを育成

■情報通信システム概論 <2年次>
情報通信の基本概念や用語について学習します。通信システムの歴史を出発点に、情報理論において「情報」とは何を指すのか、さらに定量的評価手段として情報量の考え方と、その定義についても学びます。
■ソフトウェア工学概論 <3年次>
ソフトウェア設計に関わるマネジメント方略や設計技法、データベース技法、ネットワーク関連技法、データ活用技法について、それぞれの専門的な観点を取り入れながら、ソフトウェア工学の概要を学びます。
■サービス工学 <3年次>
発展著しいICTを多様なサービスと結びつける取り組みが進められる中、注目されているのがサービス工学という学問領域です。サービスの起源と社会、分析技術と設計技術などについて学びを深めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】北海道千歳市美々758-65
入試課
(0123)27-6011(直)
 【URL】https://www.chitose.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ