はちのへこうぎょう

八戸工業大学

私立大学 青森県

先輩の学生生活体験記

プロフィール

社会を支える仕事に就き安定した生活を提供したい

プロフィール写真
  • 八戸工業大学
  • 工学部 工学科 電気電子通信工学コース 4年生
  • 柳杭田 昴大さん
  • 久慈東高等学校
  • 2018年度卒業

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は、人文自然系列人文学科に入学をし大学進学のために勉強に力を入れてました。
得意教科である英語の勉強に特に力を入れていて、学科内で1位を獲ることができました。そこで、次の目標を英検取得に定め、空き時間に先生とマンツーマンで勉強を見てもらい、且つ自習も行うことで一発で合格することができました。大学進学のため、各教科の先生の空き時間に勉強を見てもらい、大学進学を目指しました。課外活動ではボランティア活動を行っており、1年生の時には台風10号による地域の土砂の清掃活動を行いました。3年生では障害児の生活支援を行っている施設に行き、障害児支援の活動を学び、交流をすることで理解を深めました。とても、充実した高校生活でした。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

私は、現在4年生です。2年生から専門科目が増え電気電子工学の基礎から応用の勉強をします。後期からは必修である実習、実験が多く始まるので楽しくなってきます。
実験では、講義でインプットした知識を活用した内容となっており、アウトプットをすることで定着していきます。実験レポートに追われることがありますが、先生からの指導を受け、4年生になる頃にはかなり上手にレポートを作成することが出来るようになります。今後は、コースの先生の研究室に配属になり研究を行います。私は、バイオプラスチックについて研究をします。プラスチックは原料が枯渇資源であるため、バイオプラスチックに置き換えることが出来ればSDGsに貢献することができます。そのために、バイオプラスチックを加工しやすくする研究をします。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

高校では文系でした。入学後に理系科目についていけるか不安でしたが、1年次にリメディアル科目(物理、数学)があり、高校での履修時間が少なかった科目、苦手だった科目を履修することができます。また、大学には学習支援室という場所があり、先輩たちが学習から生活までサポートする学生ラウンジがあり、色んな事が学べます。そのため不安だった科目も基礎から学び直すことができ、文系出身でも努力次第でトップを狙えます。

閉じる

後輩へのアドバイス

大学は、将来携わりたい分野や興味がある分野を明確にしてから進学することをお勧めします。工学部は2年次から専門分野が増えてきます。興味がないと頭が痛くなるような講義もあります。高校生のうちにボランティアや課外活動など色々なことに挑戦し、社会を知る経験をしておくと良いと思います。そうすることで視野も広げられ、将来やりたいことが見えてくると思います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ