はちのへこうぎょう

八戸工業大学

私立大学 青森県

先輩の学生生活体験記

プロフィール

地域を自分の手でデザインできる

プロフィール写真
  • 八戸工業大学
  • 感性デザイン学部 感性デザイン学科 4年生
  • 高橋 咲耶さん
  • 大館国際情報学院高等学校
  • 2018年度卒業

学校生活の写真

先輩の学生生活体験記

高校時代の様子

高校時代は、勉強に力を入れていました。特に授業中分からなかったところを人に聞くということを徹底していました。先生でも友達でも自分が理解できるまで聞き、応用問題にも対応できるようにしていました。放課後、遅くまで学校に残ったり、朝早く学校に来たりして勉強をしていました。進路を決めるのが遅く、高校の課題研究でロゴマークについて調査し、オリジナルロゴマークを制作したことをきっかけに、デザインのことを学べる大学に行きたいと思うようになりました。

閉じる

大学で頑張っている「学び」

1年生では、デザインの在り方、考え方、ツールの使い方など基礎的なことを学びます。グラフィックだけではなく、空間や地域のデザインも学ぶため、多くの知識と経験を得ることができます。2年生以降は、企業との関わりが増え、より専門的・実践的な授業となります。自分のデザインについてプレゼンテーションする機会が多くなります。そのデザインのコンセプトやターゲットをしっかり決めていくことが大事になっていきます。実習、演習の授業が多いので楽しみながら学んでいます。

閉じる

この大学に入学して「良かった」と思えること

実践的な活動が多いことが特徴です。授業の中で、自分が作ったデザインを企業のコンペティションに応募したり、企業から学生へのデザイン依頼があったり、場合によっては実際に使用してもらうこともあります。1年生から「クライアントとデザイナー」の立場で課題をこなしていきます。クライアントから何が求めらているのか、それをどう表現したらいいのかなど、表現技法などが鍛えられます。私は、大学からデザインの勉強を始めましたが、2年生の時には企業のコンペティションに応募して優勝することができました。それは、早い段階からデザイナーとしての経験をすることができたからだと思います。自分の成長が目に見える、実感できることが良いことだと思います。

閉じる

後輩へのアドバイス

私は、高校3年生になっても自分のやりたいことが見つかりませんでした。皆さんの中にも将来の夢がなくて困っている人がいるかもしれません。そんな時は、「おもしろそう」という感情、感覚に目を向けてみてください。将来を決める大事な時期だと思いますが、何事も楽しくなければ続きません。進路も勉強も生活も、自分が楽しめることが大切です。迷うことがあったら、自分の「おもしろそうレーダー」を信じてください。大丈夫です。人生何とかなります。現在、この時を楽しんでください。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ