大学入試センター試験の最新情報をお届け!

のーすあじあ

ノースアジア大学

私立大学 秋田県

法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法律学科(100名)
観光学科(60名)

所在地

1~4年:秋田

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●より良い地域社会・企業・組織を創造し、社会生活を豊かにしていく人材を育成
●[法律学科]法的知識を兼ね備え、公務員として市民生活を支え、企業で迅速に問題発見に対応できる人材を育成
●[観光学科]フィールドワークやインターンシップなどの実務・実践授業を通じて地域の発展に貢献する人材を育成

法律学科では物事を公平な視点で捉え、多面的に理解することで社会の諸問題を発見・解決し、より良い地域や組織を創造できる法的思考力・判断力を身に付けます。
観光学科では、専門知識とホスピタリティ精神、高い語学能力・対人能力を兼ね備え、地域・日本・国家の発展に貢献できる観光プロモーション能力を身に付けます。

【学生数】284名(2017年5月現在)
【専任教員数】21名(2017年5月現在)

法律学科

講義・学問分野

地域政策実習、刑事政策、公共政策論、景観行政論、安全政策論、人権、物権法、刑法総論、行政法各論、公務員セミナー、模擬裁判、メディア論、報道現場論、ジャーナリズム論 など

閉じる

観光学科

講義・学問分野

観光論入門I・II、海外語学研修、TOEIC I・II、英検I・II、日本の観光地理、ツアーコンダクター入門、観光企業のマネジメント論、エアラインビジネス論、ホスピタリティ入門・展開、ホテルビジネス論、観光福祉論、国内・総合旅行業管理者の受験入門 など

閉じる

学部の特色

より良い地域社会・企業・組織を創造し、社会生活を豊かにしていく人材を育成

現代社会が複雑化し、価値観も多様化するなかでは、具体的な諸問題を法律問題としてとらえ、正義にかなった妥当な価値判断や意思決定を行う力量が求められています。また、日本は観光立国として、外国人観光客の誘致に一層力を入れています。
本学部は、「法律学科」「観光学科」の2つの学科によって、幅広い業種・業界に精通する知識や考え方を身に付けながら、より良い社会を創造できる人材を育成しています。

閉じる

模擬裁判では法律の本質を理解し、視野を広げる

[法律学科]法的知識を兼ね備え、公務員として市民生活を支え、企業で迅速に問題発見に対応できる人材を育成

法律学は社会のあり方への関心と深く結びついています。法律学科は、学生が興味・関心を持つ分野、得意な分野にフォーカスし、研究を深める教育に注力し、そこから法律学を考えていきます。模擬裁判や裁判劇は、法学的知識をより深く理解し、物事を多面的に視る能力を育成します。“法”と“社会”との関わりを理解し、社会に貢献できる人材を育成するため、ボランティア活動や奉仕活動にも取り組んでいます。

閉じる

海外ホテルでのインターンシップでは語学能力向上も期待できる

[観光学科]フィールドワークやインターンシップなどの実務・実践授業を通じて地域の発展に貢献する人材を育成

観光学科では、観光地や観光施設の視察・調査研究(フィールドワーク)など、実務・実践的な授業科目を展開し、観光によるまちづくり行政の手法や景観整備などを学ぶほか、観光連携市町村において地域の魅力アップのための実践的な調査研究を行います。
また、航空会社やホテル出身者によるマナーとおもてなしの授業、海外語学研修や海外インターンシップ制度により、国際感覚を磨く実践的な学びは、社会が求める人材を育成し、観光関連業界のみならず多様な企業や行政機関への就職につながっています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

法律学科

法的知識を兼ね備えた、問題発見と解決に携わる人材を育成

「行政」「企業」「法律」の3コースがあり、社会の諸問題を法律問題として捉え、公平な視点で多面的に理解することで解決へと導く法的知識を習得します。「行政コース」では国家公務員総合職・一般職、県庁や市役所職員といった地方公務員、警察官、消防士などを育成します。「企業コース」では法律学を生かし民間企業で活躍するビジネスパーソンを育成します。「法律コース」では弁護士、検察官、裁判官、司法書士、行政書士などの試験合格をめざし『法律の専門家』を育成します。

【授業・講義】
刑法総論/秋山栄一 准教授

「ウソをつく」、それは人を不快な気持ちにさせると同時に、ウソをついた本人も決して良い気持ちではないと思います。それではウソを全て犯罪とすべきでしょうか?これは犯罪と刑罰を規定した刑法の本質を検討することで明らかになります。どのような行為が犯罪となり、それにはどのような刑罰がふさわしいのかを追求していきます。

閉じる

観光学科

専門知識と語学・対人能力を兼ね備えた人材を育成

海外で活躍できる人材や、航空会社社員などの育成をめざす「国際コース」、県・市町村職員、警察官、消防官、観光関連団体・地域づくりのリーダーを育成する「行政コース」、旅行会社・ホテルや、多様な地元企業で働く人材の育成をめざす「ビジネスコース」の3コースを設置。模擬旅行会社ノースアジアツーリスト(NAT)の社員として働く実習や、海外へのインターンシップなど実務につながる実践授業を展開しています。専門知識と語学・コミュニケーション能力を向上させるカリキュラムも充実し、ホスピタリティ精神と観光プロモーション(観光の宣伝と販売)能力を兼ね備えた人材を育成します。

【授業・講義】
観光論 (井上 寛 准教授)

いま、国・各都道府県・地域社会において観光業に力を入れています。それは単なる経済効果だけではなく、さまざまな交流を通じて観光振興による国づくり・まちづくりが実現できるからです。フィールドワークを交えて学ぶことで、地域振興・政治・経済・文化・歴史などをトータルに実習します。

閉じる

アドミッションポリシー

法律学科 入学者受入方針

法律学科では、今日の多様化・複雑化する社会のなかで活躍することのできる法的知識と教養知識を兼ね備えた有為な人材の育成を教育目標としています。この目標を実現するために学生の将来の志望に応じた3つのコース(行政コース、企業コース、法律コース)を設けるとともに、基礎的な分野の学習から高度な内容へと段階的に進むきめ細やかな教育を行っています。
このような教育目標をもとに、法律学科は次のような学生の入学を望んでいます。

1. 専門的知識と教養的知識を身に付けながら、真理を探究したいと考えている人
2. 人間的バランス感覚を磨き、人と社会の調和に貢献したいと考えている人
3. 自立心を持ち、自ら学ぶ意欲のある人
4. 地域社会の安心と安全に関心があり、住みよい社会の創造に興味を持つ人
5 世界中の人間の幸福と未来社会の創造に強く興味を持つ人。そして、何よりも夢に向かってひたむきに取り組み、困難に直面してもあきらめず、意欲的に成長しようとする強い意志をもつ人の入学を希望します。

閉じる

観光学科 入学者受入方針

観光学科では、実社会に必要とされる法的素養を身に付け、観光事業における専門的職業人や観光行政の担い手のみならず、幅広い職業で活躍できる能力を持った人材の育成を教育目標としています。この目標を実現するために、学生の将来の志望に応じた3つのコース(国際コース、行政コース、ビジネスコース)を設け、基礎的な分野の学習から高度な内容へと段階的に進むきめ細やかな教育を行っています。
このような教育目標をもとに、観光学科は次のような学生の入学を望んでいます。

1. 人へのおもてなしの心を持ち、その真理を極めたいと考えている人
2. 異文化交流について関心と理解を持ち、調和のとれた感覚を磨きたいと考えている人
3 自立心を持ち、自ら学ぶ意欲のある人
4. 観光に強い関心を持ち、その将来に大きな夢を抱いている人
5. まちづくりに関心を持ち、観光行政の担い手として地域の創生に取り組みたいと考えている人
6. フィールドワークを通して、新しい文化の創造に取り組みたいと考えている人

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】
 秋田市下北手桜守沢46-1
(018)836-1335
 【URL】http://www.nau.ac.jp/law/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ