でんどうもびりてぃしすてむ

電動モビリティシステム専門職大学

私立大学新設山形県

※2023年4月開設

電動モビリティシステム専門職大学/注目情報

TOPICSトピックス

電動モビリティシステム専門職大学の新設情報

世界初「電気自動車と自動運転に特化した専門職大学」開学!

2023年4月開設の電動モビリティシステム専門職大学では、機械・電気電子・ 制御回路・ リチウムイオン電池などの知識に加え、 自動車関連の意匠デザインやモビリティの機能設計などについての技術を修得。少人数制の手厚い教育により、電気自動車と自動運転のパイオニアとして研究者、開発者、設計者としての実践力を身に付けます。

電気自動車と自動運転に特化した高等教育機関で学ぶ



本学は電気自動車、自動運転の教育・研究に特化した、世界初となる専門職大学です。電気自動車システムの専門4分野「電池」「モーター・インバータ」「車体」「自動運転」を基軸に、関連する知識・技術・スキルを体系的に学び、卒業時には大学の学位である「学士(専門職)」を取得することができます。
本学では、次代を担う人材『Pioneer in e-Mobility system(電動モビリティシステム開拓者)』を養成し、第一線で活躍する電気自動車、自動運転の研究者、開発者、設計者を、日本のみならず世界の自動車関連産業に輩出します。

世界の電気自動車と自動運転を牽引するリーダーへ!

専門職大学は、講義の内容を実験や実習、企業や研究機関などでの臨地実務実習(インターンシップ)により身に付けることが大きな特長です。 また、一般の大学に設置されている国語、社会などの教養科目が設定されておらず、1年次から専門科目を学んでいきます。
これに加えて、本学ならではの特長として、1年次から研究室に所属し、研究活動を始めることを通じて発想力や創造力を磨き、技術の本質や研究とは何かを学び、研究課題の設定法や研究計画の立案方法を身に付けます。
3年次後半からは卒業研究に本格的に取り組み、研究論文を纏めることで、電気自動車と自動運転のパイオニアとして研究者、開発者、設計者としての実践的かつ応用的な能力を磨いていきます。

今、世界の自動車関連産業は、「CASE(Connected, Autonomous, Shared/Service, Electric)」「MaaS(Mobility-as-a-Service)」をキーワードとした「100年に一度の大変革期」に直面しています。
本学はカーボンニュートラルと親和性の高い電気自動車の普及や自動運電技術の発展へ貢献するとともに、本分野での人材育成を通じて、世界で喫緊の課題である地球環境問題、事故や渋滞のない人に優しい新しい電動モビリティシステムの早期実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献していきます。

学びを体感できる!オープンキャンパスを開催

本学では、大学の学びをはじめ、さまざまな魅力を実際に体感できるオープンキャンパスを開催します。興味を持った方はぜひ、ご参加ください!

日時:2023年8月4日(金)、26日(土)
[内容]大学説明会、入試説明会(総合型選抜のエントリーを含む)、キャンパスツアー、模擬授業、電気自動車の試乗体験、工作体験など

当日出店のキッチンカーの 食事券プレゼント!
赤湯駅から無料シャトルバス運行
8月4日、5日は「いいでEVフェスティバル」も同時開催します!

電動モビリティシステム専門職大学のオープンキャンパス情報はこちら

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ