学校パンフ取り寄せで図書カードGET

こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

就職・資格

先輩の職業体験記

「この人と一緒にがんばろう」と思われる言語聴覚士に保健医療学部

保健医療学部 言語聴覚学科
2012年卒業
国際医療福祉大学三田病院 リハビリテーション科 勤務
板倉天子さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

ボランティア活動に積極的に参加し、大学では出会えない幅広い年代や立場の人と接することができました。その経験が今、言語聴覚士というさまざまな患者さんに寄り添う仕事に生かされていると思います。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

この大学を選んだ理由は主に2つあります。1つめは医療福祉の総合大学であるということ。医療福祉専門職を養成する幅広い学科があることが魅力でした。実際に学科横断で行う授業や実習があり、各学科の学生たちを“未来の同僚”だとイメージしながら、「チーム医療・チームケア」について学ぶことができました。2つめは、言語聴覚学分野の第一人者の先生方がそろっていることです。各領域で最先端の研究や臨床に関わる先生方に教えていただくことができました。在学中、「日本言語聴覚学会」が宇都宮で開かれた際には、先生の呼びかけで私たち学生もスタッフとして参加しました。現在、忙しい毎日の中でも新しい知識を吸収する意欲を持ち続けていられるのは、学生時代に言語聴覚学の最前線をいつも身近に感じながら学んできたからだと思います。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

勤務先の病院では、総合的なリハビリテーションを提供している

私はこんな仕事をしています

言語聴覚士の仕事は、「話す」「聞く」といったコミュニケーションと、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)といった「食べる」ことに障がいのある方の支援です。患者さんは、生まれつき言葉や聞こえに障がいのあるお子さんや、脳卒中や交通事故などで突然に言葉を失ってしまった方、加齢によって噛んだり飲み込んだりする力が衰えてしまったご高齢の方など、その原因も年代もさまざまです。
また、私が勤務するリハビリテーションセンターには、言語以外の身体機能にも問題を抱えた方が多く通われています。そのため理学療法士や作業療法士など各専門職との連携が欠かせません。どうしたら患者様が、「その人らしい生活を送れるか」、その方の生活をまるごと見つめ、スタッフが共通の目標を持って各専門領域からアプローチを行います。同じ患者様を担当するスタッフとは、休憩時間にも患者様の様子や変化について、よく話し込んでしまいます。

閉じる

日頃から各専門職スタッフとの横のつながりを大切にしている

大学の学びで仕事に活かされているもの

他学科の学生と共に取り組んだ「関連職種連携実習」は、「チーム医療・チームケア」を実践的に学ぶことができた貴重な体験でした。附属病院で実際の患者様の症例をもとに皆でリハビリテーションのプログラムを立案しましたが、他学科の学生の意見は新鮮で勉強になりましたし、チームの中で言語聴覚士として自分がどんな役割を担うべきか考える機会になりました。現在の職場でスタッフ同士のコミュニケーションを特に大切にしているのも、このときの経験があったからだと感じます。
また、身だしなみや言葉遣いに気を遣うよう日頃から指導されていたので、今も当たり前の心得として身に付いています。先生方が知識や技術の面だけでなく、医療従事者としての基本的な姿勢を育んでくださったことに感謝しています。

閉じる

一日の臨床業務を終え、パソコンに向かい電子カルテを入力する

今の仕事との出会い

高校時代、特別支援学校でボランティアをしたり、地域の手話サークルで活動していました。誰かのために少しでも何かできることがうれしかったのですが、次第に、もっと医学の専門知識を持って人の役に立ちたいと思うようになったのです。将来の仕事として漠然と医療分野や相談を受ける立場のイメージが浮かびました。ちょうど進路を考える時期だったので、インターネットでいろいろ調べてみたところ、言語聴覚士という資格と仕事があることを知りました。
思うように意思や感情を伝えられない方に、専門的な立場から力になれることに魅力を感じ、めざしてみたいと思いました。

閉じる

これからの夢・目標

言語聴覚士となって3年目になりますが、患者様の多くは人生の先輩です。一人ひとりの人生の重みや思いを汲み取るにはまだまだ経験不足ですが、「この人と一緒にがんばろう」と思っていただけるよう、自分を磨く努力をして人間的に魅力ある言語聴覚士になりたいと思っています。
また、3年間でさまざまな患者様に出会い、さらに知識を深めたいという思いが強まりました。患者様に最善の医療を提供できるよう、2015年4月から国際医療福祉大学の大学院で2年間、働きながら学んでいます。大学院は東京・青山にあり、駅からも近いので通いやすい場所です。臨床技術の向上につながる知識をしっかり身に付けたいと思います。さらに先のことですが、欧米諸国の最先端の技術を学び、教育の分野に関わりたいという夢もあります。日本では1997年に言語聴覚士が国家資格に認定されてからやっと20年で、今後の発展に何かしら貢献できたらいいですね。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

1日のスケジュール

朝はカンファレンスから始まり、医師とスタッフで患者様の情報共有を行います。勤務後は、病院の内外で開かれる勉強会に参加することもあります。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ