こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

就職・資格

先輩の職業体験記

社会の新しい支え合いのしくみを模索中医療福祉学部

医療福祉学部 医療福祉学科(現:医療福祉・マネジメント学科)
2004年卒業
栃木県社会福祉協議会 福祉部 地域福祉・ボランティア課 勤務
橋本和重さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

地元の那須YMCAで、リーダーとして子どもたちのキャンプや野外活動を行っていました。特に障がいのあるお子さんが自然の中で楽しみながら成長する姿に立ち会えたことは、今も深く心に残っています。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

子どもに接することが好きで児童福祉に関心を持っていたので、福祉系の大学を希望していました。国際医療福祉大学は、福祉を学ぶ場にふさわしい温かな雰囲気があり、専門資格の取得をめざしてしっかり勉強できる大学だと感じて選びました。入学後は児童福祉にとどまらず、高齢者や障害者に向けた福祉、地域福祉など、幅広い分野を学びました。また、福祉に関わる社会制度についても知識を深めることができました。社会福祉士の国家資格取得に向けた授業や実習、補講も充実していたので、受験までにしっかりと力をつけて臨み、合格することができました。特にゼミの先生のご厚意で行われた国家試験直前の合宿は、懐かしい思い出です。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

ボランティア活動への理解を深める研修の企画・実施も行っている

私はこんな仕事をしています

栃木県社会福祉協議会に勤務しています。県の“社協”は、各市町にある社協を研修や講座、相談などを通してバックアップし、県全体のボランティアや社会福祉活動の推進を図る役割を果たしています。また、全国の社協とのネットワークにより、情報の共有・還元も行っています。災害時には県と共に被災市・町・社協と協力してボランティア情報を収集・提供し、またはボランティアのマッチングを行う窓口を担うなど、人々が支え合って安心して暮らせる、明るく活力あふれる地域づくりをめざす事業に取り組んでいます。
いずれの事業においても、それぞれの地域で福祉を支えている “人”の思いや力に触れて刺激を受け、“人”から学ぶことが多いのがこの仕事の魅力です。また、変化する地域社会のニーズを見据えて、今後展開していくべき事業の構想を委ねられている創造的な仕事でもあります。

閉じる

各市町社協の方から相談を受け、地域福祉をバックアップしている

大学の学びで仕事に活かされているもの

最も活かされていると感じるのは“人のつながり”です。アットホームな環境で皆と触れ合って過ごした学生生活の中で、卒業後も続く絆が得られました。同じ福祉関連の仕事に就いている学科の友人はもちろん、異なる職種で活躍しているサークルの友人にも、仕事のヒントをもらうことがあります。また、仕事柄、県内の行政機関や福祉施設とやりとりをすることがよくありますが、さまざまなところで国際医療福祉大学の卒業生が働いています。同窓生というだけで親近感が湧くので連携が取りやすい気がします。
また、大学では1年次からゼミがあり、最初は学籍番号順に割り振られたので、まったく未知の分野だった「精神保健」のゼミに所属しました。自分の興味に関わらず、視野を広げることも、裾野が広い福祉の仕事に携わるうえでは必要なことだと今になって強く感じています。2年次後期からは希望していた児童福祉の研究に取り組みましたが、その際、子どもと高齢者の統合ケアをテーマにしました。このようにさまざまな領域に接したことが、現在、幅広い福祉の事業を展開するうえで自分の財産になっていると感じます。

閉じる

これからの夢・目標

2025年には高齢者人口がピークになると言われています。そうした時代を目の前にして、地域では老老介護や夫婦共に認知症になるケース、孤立死など、さまざまな問題が深刻化し始めています。公的サービスにも限界がある中、地域の人々による福祉のしくみづくりが必要です。いわば社協の底力が問われるのはこれからだと考えています。
ボランティア活動をより推進すると同時に、ボランティアを単に労力のひとつとすることなく、共に考え、あるときは悩み、またあるときは楽しみながら、多くの人が地域福祉に参加するためには、どんなしくみを構築したらよいか探っているところです。人の力が生き生きと輝くようなしくみをつくりたいと思います。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

1週間のスケジュール

1週間の仕事は変化に富んでいます。それら一つひとつの経験や人との出会いを大切にして、創意工夫をしながら常に新たな気持ちで仕事に取り組んでいきたいと思っています。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ