こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

就職・資格

先輩の職業体験記

病院内で「潤滑油」の役割を担う薬剤師をめざす薬学部

薬学部 薬学科
2012年卒業
佐野厚生総合病院 薬剤部 勤務
谷中啓紀さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

バスケットボールのサークルに所属していたので、他学部の友人がたくさんできました。一人暮らしをしている友人たちのアパートをお互いに行き来して、一緒にご飯を食べたりしたことが楽しい思い出です。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

出身県内に薬剤師の資格が取れる大学がなかったので、近県で調べてみたところ、国際医療福祉大学を見つけました。ほかにもいくつか候補がありましたが、附属病院が充実していることや「チーム医療・チームケア」を実践的に学べることなどにひかれて選びました。入学後は薬剤師の資格取得をめざして勉強に励みました。特に5年次の実務実習は非常に貴重な経験でした。附属病院と調剤薬局でそれぞれ長期間にわたり実習をしたのですが、病院では薬剤師の仕事の範囲が広く覚えることも多かったので、現場の業務に支障をきたさないようにと緊張して臨みました。一方、調剤薬局では患者様の数によって空く時間もあり、そんなときには薬局長に仕事の心得などを数多く教えていただきました。卒業後は病院の薬剤師になりましたが、そのときの教えは今も生きています。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

医師の処方箋を薬剤師の視点で確認したうえで薬剤をそろえる

私はこんな仕事をしています

総合病院の薬剤部に勤務しています。仕事内容は幅広く、私の病院ではいくつかの業務を複数の薬剤師が1か月交替のローテーションで行っています。まず、外来の患者様の調剤では、オーダリングシステムといって、医師が電子カルテに入力した処方箋(しょほうせん)を薬剤部でプリントし、量や医薬品の相互作用などを改めて確認したうえで薬剤をそろえていきます。たくさんの薬を服用している患者様には、飲み忘れのないよう1回分ずつにまとめたり、錠剤が飲みにくい方には粉薬に変更したりするなど、患者様に合わせて配慮する場合もあります。また、注射薬の調剤も、医師の処方に基づいて内容が適切かどうか確認したうえで行います。
入院患者様への服薬指導も薬剤師の重要な役割です。薬は患者様に決まった量を正しく服用していただいて、初めて効果が表れるものです。ですから、これは何のための薬なのか、どのぐらい続けるものなのかを理解していただけるよう、患者様に合わせてわかりやすくお話しするように努めています。

閉じる

患者様によって、錠剤を割ったり、散剤の分量を調整して提供する

大学の学びで仕事に活かされているもの

附属病院が充実し、臨床に力を入れた薬剤師教育を受けることができたので、病院の薬剤師として仕事をするうえで、その学びはさまざまな場面で生かされています。特に「チーム医療・チームケア」については、他学部と連携して行う授業があり、他職種とのつながりを知る機会が持てました。そのときの経験を活かし、今もチーム内での自分の役割を常に意識しながら行動しています。
また、卒業研究のために研究室に配属される前の春休みに、実験のサポートを任されたことが非常に勉強になりました。研究室では実験の準備や資料の整理など、複数の仕事を同時並行して進めなければなりません。どこから手をつければ効率よくできるか、どのくらいのスピードで行えば正確かつ時間内に終えられるかなど、自分で考えて進めるようになりました。おかげで今も限られた時間を有効に活用する習慣がついています。

閉じる

抗がん剤の調製は、10人の目を通して読み合わせ確認を行う

これからの夢・目標

私は病院内で「潤滑油」の役割を果たす薬剤師になりたいと思っています。今後、総合病院の薬剤師は、各病棟に常駐するようになる可能性もあります。そうなれば今以上に、臨床現場で医師や看護師を薬剤師の立場からサポートすることが可能だと考えています。チームの一員として状況を判断し、配慮ある行動ができるようになることが目標です。
また、学生時代から「生薬」に関心を持っています。長い歴史の中で重用されてきた自然界の“くすり”は、今、改めて注目されています。今後も勉強を重ねて「生薬」に詳しい薬剤師となり、医師の相談に乗ったり、患者様によりよい説明ができたらと考えています。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

1日のスケジュール

外来での調剤に加え、担当の患者様の退院に伴って自宅での薬の服用を指導した日のスケジュール。終業後は最新の知識と情報を得るために、病院内の勉強会にも参加します。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ