こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

就職・資格

先輩の職業体験記

患者様と一緒に達成感を味わえる喜び保健医療学部

保健医療学部 理学療法学科
2012年卒業
国際医療福祉大学塩谷病院 リハビリテーション科 勤務
中澤環さん

どんな大学生活を送っていましたか?

授業のほかに取り組んでいたこと

サークルには入っていませんでしたが、理学療法学科には1~4年生を縦割りにした班があり、先輩や後輩とのつながりが持てました。普段から先輩や後輩と交流する中で、社会性や礼儀を自然に学べたのがよかったと思います。

この大学を選んだ理由/実際に学んだこと

自宅から近い大学で学びたいという条件に合っていただけでなく、理学療法士国家試験の合格率が全国トップクラスという実績が志望の決め手となりました。また、学科を縦割りにした班は、学年ごとに10人のグループになっていて、各グループの担当の先生にきめ細かなサポートを受けられることも魅力でした。理学療法士は、患者様と信頼関係を築きながらリハビリテーションを進めていく仕事です。学生時代に先生や先輩・後輩と近い距離で接し、密なコミュニケーションを経験できたことによって、人と人との関わりの難しさも、喜びも知ることができ、患者様に心から寄り添う理学療法士の心構えができました。

閉じる

先輩はこんな仕事に就いています

患者様やご家族の希望をじっくり伺い、リハビリ計画を立てる

私はこんな仕事をしています

私が勤務する病院のある地域は、高齢者人口が多いので、日頃は主に高齢者のリハビリテーションに対応しています。例えば、骨折により一時はまったく動けなくなった方が、起き、座り、立ち、歩くといった、生活に必要な動きを再獲得するまでをお手伝いするのが仕事です。骨折といっても、ご高齢の場合、原因の背景には心筋梗塞や脳卒中など、さまざまな疾患があることが多いので、アプローチの方法もさまざまです。まだまだ対応に迷う場面があり、日々未熟さを痛感していますが、理学療法士はもちろん、作業療法士や言語聴覚士など、リハビリテーション室の先輩方にその都度教えていただきながら、知識と経験を蓄えているところです。
仕事の中で喜びを感じるのは、患者様と一緒に達成感を味わえることです。小さな変化でも、患者様が「できた!」という自信が持てるようになって、笑顔になったり、前向きになったりされる姿を見ると、私もうれしさがこみ上げてきます。

閉じる

患者様のペースを大切に、適切な声掛けをしながら動きを見守る

大学の学びで仕事に活かされているもの

大学ではいつも、理学療法士が患者様を指導するのではなく、常に患者様を中心に考えたリハビリテーションを通してできることを増やしていくよう教えられていました。現在勤務している病院は国際医療福祉大学の附属病院なので、大学時代に2度にわたり実習に訪れています。その際、スタッフの皆さんの和気あいあいとした雰囲気と、皆で連携して患者様中心のリハビリテーションを行っていることを肌で感じ、この病院を志望しました。周囲の人たちと良好なコミュニケーションを取りながら、患者様のために力を尽くせる職場を選べたのは、附属病院が充実している大学ならではだと思います。
また、卒業後に大学で実施された卒後研修では、1年目に担当した患者様の症例をひとつ挙げて、経過や問題点を振り返り、発表しました。この経験は、医療が日々進歩し、新たな技術を使った手術が行われたり、医師の考え方も変化したりしていく中で、常に学ぶ姿勢を持って新しい知識や技術を身に付けていこうと誓う機会となりました。

閉じる

患者様のリハビリテーションの経過を電子カルテに入力

今の仕事との出会い

祖母が骨折して入院したことがありました。高齢だったので治るかどうか家族は心配しましたが、リハビリテーションによって順調に回復し、以前と変わりなく歩けるようになりました。最初は気持ちの面でも落ち込んでいた祖母が、少しずつ元気になっていく姿を見て、リハビリテーションに関わる仕事って素敵だなぁと思ったのが、理学療法士をめざすきっかけになりました。
また、高校時代はゲートボール部に所属していました。ご存じのように競技人口の多くは高齢者というスポーツです。他校にはほとんどない部活だったので、高齢者のサークルの方に指導を受けたり、試合の相手になっていただいたりと、何かと交流がありました。活動的で前向きな高齢者の方を見ていて、もしもけがや疾患に見舞われても、諦めずに元気を取り戻してほしい、自分にそのお手伝いができたらと思うようになったのです。
希望どおり、ご高齢の方のリハビリテーションに携わる現在は、たいへんやりがいがあります。また、人生の大先輩から学ぶことは多いと感じる毎日です。

閉じる

先輩が学んだ学部もチェックしてみよう!

閉じる

1週間のスケジュール

現在は主に回復期病棟に入院されている患者様のリハビリテーションを担当しています。毎日リハビリテーションの訓練にあたりますが、その都度、さまざまな変化に立ち会うことができます。

他の先輩体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

先輩体験記をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ